ジバコイル・レアコイル構築でレートを200溶かした日「サンムーンレート日記」


スポンサードリンク

 えー、この前カビゴンとともにレート1700を突破してイケイケだった私ですが、今日、さすがに調子に乗りすぎた構築をしてレートを大量に溶かしてしまいました。

 その振れ幅、約200。
 1700前半から1500前半まで落としてしまいました。

 その新たなパーティでやりたかったのはジバコイルとレアコイルを並べるということ。
 いやー、最初は楽しかったんですけど、負け続けるとやっぱり嫌になってくるものですね……。そんなわけでパーティを戻してちょっと改良して、現在は1600弱です。
 1800を目指すつもりだったんだけどなぁ……。


スポンサードリンク

使ったパーティ

 ジバコイルとレアコイルを並べたいという思いだけで作りましたから、まずはこの2体は確定です。
 その後、すでに育てられていたポケモンの中から使ってみたかった高速移動ペリッパーと、悪巧みキュウコン。あとは適当にいじっぱりガブリアスとハチマキカプブルルを選んでレート開始です。

 ……いや、ホントになめてましたね。
 ジバコイルとレアコイルは元々技の選択肢がほぼめざパ必須になるくらいに少ないです。そのためガラガラから始まる、その他多くの電気を受けられるポケモンに苦戦を強いられました。
 パーティの残りのポケモンを、ジバコイルたちが苦手なポケモンに上からじしんを撃てるメンバーにしておけば良かったのでしょうけど、そこも甘かったと言わざるを得ないでしょう。

 
 ジバコイルは磁力、光の粉、影分身で使っていました。だーれも出てこなかったけど、はがね。
 レアコイルは丁度カプコケコたち130族を抜けるすばやさのため、最速でスカーフにしていました。でも、火力が足りないこと、耐久がないことが非常に苦しかったです。

 今回の反省点は、ジバレアの二人を並べたかったというのに、その他のメンバーも適当に決めてしまったことでしょう。
 例えばギャラドスを入れるだけで、ガラガラに後出しできるポケモンの選択肢が増えます。ペリッパーだと、シャドーボーンで大ダメージを食らってしまうわけですし。……いや、パーティでゴーストを一貫させたのがそもそも悪いんですけど。

 あと、ジバレアでカプコケコ相手には余裕だと思っていましたが、カプコケコはコケコでジバコイルには簡単に逃げられ、レアコイルの1撃くらいは耐えられる耐久もあり、結構苦しかったです。
 カプコケコって誰の相手が苦手なんでしょう?
 電気無効の地面タイプやガラガラがいれば、選出はしづらくなると思いますけどね。電気タイプを後出ししても、相手の攻撃力のすさまじさと、ボルトチェンジで逃げられることが影響して全く対処できてないんですよね……。

 課題だなぁ。


スポンサードリンク

そして今のパーティへ

 安定のカビゴン、ギャラドス、そしてエンニュートを戻し、いじっぱりタスキガブ、エアームド、こだわりメガネのジバコイルを採用しました。

 ジバコイルは、相手にガラガラ、ガブリアスなどがいると一気に動きづらくなります。
 しかしガブリアスにエアームドを、ガラガラにギャラドスをぶつけるられるため、今回はさっきのパーティよりも動きやすくなっていました。

 レート200差くらいあるマッチングで、1780あたりのどくどくやらテッカグヤのやどりぎやら、そんなじわじわ系の地雷パーティと当たってしまったのですが、カビゴンがテッカグヤ、ラッキー、ドヒドイデを打ち倒してくれた時にはもう手が震えましたね。
 やっぱりカビゴン強い!
 ……でも、70ターン以上かかったんですよね。

 これがあるから、カビゴンとエンニュートを使うのをためらい始めていたのに……。
 まあ、でも何とか倒せてよかったとは思いますけど。相手も70ターンかけて負けるのは嫌だったろうなぁ。でも、こっちの方が勝てる試合で長々付き合わされていたんですし、本当に早く降参してほしかったですねぇ。
 みんなカビゴン相手に降参しないですからねぇ……、はぁ。
 勝利の決め手はねむるの実質30PPでテッカグヤを悪あがきへ持ち込んだこと。疲れた……。

 
 ま、それ以外は勝ったり負けたり、でも少しずつ勝ち数を伸ばしていけたりと、悪くない試合が続いたんですけどね。
 ポケモンはバシッと相手を倒していける方が気持ちいいですし、そういう試合を多くこなしたいものです。ギャラドスの竜の舞とか、カビゴンの普通の3タテとか。

 ……とか言いながら、まとわりつくミミッキュの育成を進めている自分がわからない。私は何がしたいのか。
 エンニュートと一緒で、まとわりつくミミッキュも十分レート1700以上で勝っていける能力のあるポケモンに育つと思います(たぶん)。でも、正直使いたくないなぁ、とも思っているんですけどね。
 それでも起用するのは、つい思いついてしまったから。「このポケモンは強い! 他の誰も使わないだろうけど強い!」と思ってしまったら、もう一緒に戦うしかないじゃないですか。
 けど、まとわりつくは交換が発生しない分無駄にターンがかさむことがなさそうなのは救いでしょう。

 
 今回レートをごっそり落としてしまったけれど、これからはもっともっと、前よりも勝ち続けていきたいです。
 頑張るぞ、おー。

個人的育成論まとめへ>>


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA