「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に期待大。初代、金銀のリメイクか?

映画公式サイト

 ポケモンサンムーンが発売され、アニメもサンムーンの世界に入っていったという噂がちらほら聞こえてきています。
 作画がどうのこうの言われていたようですが、まあ一部で騒がれていただけでポケモンらしさは失われていないんでしょうね。最近はそんな話は聞かなくなったことですし。

 残念ながら私はアニメを見なくなって長いこと経ち、夏の映画を見に行くことはそれ以上にご無沙汰しています。見るとしてもテレビでやっているのを、ながら見程度しかしていませんでした。
 ゲノセクト……は、見たかな? といったくらい。

 しかし来年の映画は20周年記念の作品ということで、いつもとはひと味違うようです。


スポンサードリンク

初代のテーマ

 記事トップの動画を見てもらえれば分かるように、この映画はマサラタウンらしき場所から始まる物語のようです。
 そして帽子をかぶっているのは、サトシ……のように見えます。髪型がそれっぽいだけで、初代主人公のレッドに当たる人物なのかもしれませんが、それは続報を待ちましょう。
 
 そして映画のタイトル「キミにきめた!」がいつものナレーションで発表されるとともに、あの懐かしのテーマが流れ始めます。
「テーテ テレレレレー」って、このイントロから始まるあの初代オープニングテーマが流れた瞬間思わず「おおっ」って唸ってしまいました。
 世代の問題ですよね。
 昔のアニメに親しんできた世代としてはワクワクが抑えきれません。

 そして公式サイトではホウオウを見つめるピカチュウと、サトシかレッドかわかりにくい主人公の姿が描かれています。
 あの! 皆に忘れ去られて久しいホウオウさんが!(最近のは見てなかったので、ここしばらく登場しているのかは知りませんが……)
 
 キミにきめた! がどんな物語展開になるのかはまだ分かりませんが、久々に見に行きたいと思わされる作品です。

ハイクオリティなマサラタウン

 動画の最初辺りは、テレビアニメでは見ることのできないほど、絵が鮮明に表現されています。
 映画ではこれくらいのハイクオリティな表現はたびたび使われていますが、サトシがカントージョウトを旅していた時はもちろんここまで綺麗な描写がされることはありませんでした。

 私は、絵以外の条件が同じものだったら、より絵が鮮明な方を好みます。
 だから今の技術による初代、金銀のリメイクだったら面白そうだなと、そう思わずにはいられません。

 いや、リメイクとも決まったわけじゃないですが、なんか今回の映画はひと味違う気合いを感じるので本当にワクワクします。
 速く続報を知りたいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です