サンムーンのポケモン使用率トップ10が発表+対策用メガプテラ育成論


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

 この記事で語っている内容は、シングルの話となります。
 
 ポケモングローバルリンク(PGL)の方でお知らせとして、ポケモン使用率ランキングに不備があって、正式にランキングが発表されるのはシーズン2からという情報が公開されました。
 ……あれ、不備だったんですね。
 始まったばかりで十分なデータになってないからだと思ってました。

 しかし、代わりに上位集団のポケモン使用率トップ10が公開されました。
 これは嬉しい。
 本来のランキングだと全部のレート帯を合わせた結果なので、今回の公表結果ではいつもよりも正確な、本当に強い層が使うポケモンランキングということになります。
 
 まずはランキングをPGLより引用したいと思います。

■シングル
1.ガブリアス 2.カプ・コケコ 3.ギャラドス 4.ポリゴン2 5.ギルガルド
6.カプ・テテフ 7.ミミッキュ 8.ガラガラ 9.ボーマンダ 10.テッカグヤ
PGL(URL:https://3ds.pokemon-gl.com/information/7ee2c8ee-0b45-40df-8cdb-11f40dd09aa5)より引用)

 1位は安定のガブリアス。
 色々な型が存在し、多くのポケモンを相手取ることができることから今回もレート界の頂点として君臨することになりました。もちろんシーズン1だからこそ、安定したポケモンを使いたいという皆の考えが一致したのかもしれませんが、これ以降のシーズンでも常に見かけることになるポケモンであることは間違いないでしょう。

 
 2位はカプ・コケコ。
 かなりのすばやさと、エレキメイカーによる火力アップが強力なポケモンです。

 最近は最速+スカーフ持ちのカプ・コケコも頻繁に見るくらいで、ガブリアス同様様々な型が存在していると見るべきでしょう。
 前時代的なプレイヤーからは、「130族がスカーフなんて巻いてんじゃねぇ!」ってちゃぶ台返されるくらいの反応をされるかもしれませんが、本当に多いです。レート2000を越えた人がブログで紹介していたのも要員……ですかね?

 
 ポリゴン2はダウンロード型をよく見かける気がします(レート1800付近では)。
 意外と火力があったり(Cは100越えでしたっけ)、トリックルームを使ってきたりするから、なめていると手痛い反撃を食らうことがあります。

 ボーマンダも火力が落ちたこと、ドラゴンの一貫性が落ちていることから、前作とは少し異なる型が増えている印象があります。
 特にはねやすめ持ちが多いのは、気のせいでしょうか。あと、げきりん持ちを見かけないです。

 ミミッキュはまあ、色々できるんでしょうが、剣舞型を一番多く見かけます。
 トリル、おにびなどしてくることもありますから、注意は必要です。

 テッカグヤは……宿り木型の印象が強いですが、どうなんでしょう。正直相手にしたくないんですが(面倒)、色々型があって読みにくい所は強みですね。

 
 新環境で加わったポケモンは、10匹中5匹、半分を占める結果となりました。
 現在は多くのポケモンが制限されているから、という理由もありますが、これからも火力が強く、旧作ポケ追加でフィールドシナジーを生みやすいカプ系はランキング上位に残ってくると思われます。また、安定して行動できるミミッキュ(命中はあんまり安定してないけど)も残るかもしれません。

 ただ、ミミッキュは旧作のサイクル戦に強いポケモンが出てきた時にどうなるか、と言ったところでしょうか。
 今はの環境では上から強力な一発をたたき込むことが試合における重要な要素だと思っています。過去作からバシャーモなどがやってきた時、またはナットレイやらの耐久ポケモンがやってきた時、これがどう変化していくか楽しみですね。

 
 はい、ではここからはシーズン1の上位に対抗するための案として、メガプテラの育成論を紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

メガプテラの役割対象

 メガプテラの種族値は
H 80
A 135
B 85
C 70
D 95
S 150

 となっています。
 フェローチェよりも1遅いですが十分高いすばやさと、岩・飛行という弱くはないタイプを持ち、様々な技を覚える点がメガプテラの魅力となります。

 特に素早さ方面では種族値ではランキングトップ10全員に勝っている他、ひかえめスカーフカプ・テテフの上をとれるという点で優れていると言えるでしょう。
 また、いじっぱりでも130族を抜くことができます。

 
 ではここから、ランキング上位のポケモンに対して、各技がどれだけの決定力を持つのか見ていきます。(A全振り)
 申し訳ありませんが、H4振りではなく無振りで計算してしまいましたので(たぶん)、乱数の場合は確率が小さくなることを考慮してください。

相手ポケモンようきいじっぱり
ガブリアス(無振り)氷の牙確1確1
カプコケコ(無振り)じしん乱1 56.3%確1
ギャラドス(無振り)雷の牙(ランク1低下)乱1 68.8%確1
メガギャラ(無振り)雷の牙(ランク低下)確3確3
メガギャラ(無振り)雷の牙(ランク普通)確2確2
ポリ2(補正なしH全振り)いわなだれ確4乱3 0.02%
ポリ2(補正ありHB全振り)いわなだれ乱5乱5
ギルガルド(シールドH全振り)じしん確2確2
カプ・テテフ(H無振り)アイアンヘッド確1確1
ミミッキュ(無振り)アイアンヘッド確1確1
ミミッキュ(H全振り)アイアンヘッド乱1 43.8%乱1 93.8%
ガラガラ(H全振り)じしん確2確2
メガボーマンダ(無振り)氷の牙(ランク1低下)確2確2
メガボーマンダ(無振り)氷の牙(ランク普通)乱1 68.8%確1
テッカグヤ(H全振り)雷の牙乱2 88.7%確2
テッカグヤ(補正ありHB全振り)雷の牙確3確3
うちのカビゴン(強い)いわなだれ確4乱3 26.7%

 うーん、心配だなぁ。
 何が心配かって? いや、このブログで表を使ったの初めてだから、スマホからどう見えてるだろうと思うと、心配なんですよ。あとで確認しましょうかね。……いや、直すの難しいからいいか。もしあれだったら、パソコンで見てみてください。

 ……とまあ、上の表のようにメガプテラはランキング上位のポケモンの多くに有効打を持つことができます。
 特に確1で倒せる可能性があるのはガブリアス、カプコケコ、カプテテフ、ミミッキュ、メガボーマンダの5体。ギャラドスは後出ししてくる可能性はほとんどないため、除外します。
 ランキング上位のメタカードとして見た場合、性格はようきかいじっぱりで技は氷の牙、じしん、アイアンヘッドそしてあと1枠を自由枠とするのが一番有用でしょう。
 
 通常のカプ・コケコ、重く見るならいじっぱり、スカーフカプ・テテフに無償突破を狙うなら(いじっぱりでは、ひかえめサイコキネシスが乱1の6.3%なので1発で落ちるすら可能性あり)ようきがいいでしょう。また、1舞ギャラドスを上から1発叩くのにもようきである必要があります。

 個人的にはようきがオススメです。
 テテフに完勝できるカードとなり得る他、メガボーマンダが舞ってない状態で、攻撃ランクを下げられることもないまま氷の牙をたたき込める状況というのは生まれにくいからです。
 ちなみにメガボーマンダがげきりんを持っていた場合は、舞っていない状態でも中乱数1発です。実は今のところげきりんを持っているボーマンダに出会っていないのですが(撃ちたくなかっただけかもしれない)、1舞捨て身タックルを1発耐えてからの反撃で倒すのが安定していますので、いじっぱりである必要は少なそうです。

 というわけで一つのテンプレとして、

メガプテラ
性格 ようき
努力値 HS全振り、余りH
持ち物 メガストーン
技 氷の牙、じしん、アイアンヘッド、雷の牙

 というものを用意しておこうと思います。


スポンサードリンク

 ただしここまでメタカードとして優秀と言ってきましたが、スカーフ持ち、タスキ持ちの場合は話が変わってきますから注意です。
 ガブリアスの場合はタスキで1発耐えられたらストーンエッジ、もしくは岩石封じ2発で落ちます。スカーフだと、補正ありエッジで半分近くの確率で1発で落とされます。スカーフの場合は、一応氷の牙で相打ちには持って行ける可能性はありますが……。

 カプコケコは更に大変です。最速スカーフだった場合、高乱数1発のボルトチェンジで落とされます。10万ボルト、ひかえめなら普通に確定1発です。
 タスキも、もちろん高い確率で落とされることになります。

 ミミッキュの場合、Zクリスタルであった時は、Z技と影うちでおちることになります。

 
 ガブリアスの場合はスカーフ、もしくはタスキがほとんどの型を占めていると思われるため、注意が必要でしょう。カプコケコは命の珠である可能性も十分ありますが、スカーフも多いです。
 しかし以上の優劣の逆転は、事前に味方ポケモンでの削りがあるとだいぶ抑えることができます。

 タスキの場合はもちろん、スカーフ持ちを特定することでメガプテラは動きやすくなることでしょう。よって、個人的にはプテラは先発要員としてよりも、最後の一掃役、死に出しからの対処役としての活躍が見込めるポケモンだと思っています。
 6世代で天下の焼き鳥とすら呼ばれたファイアローだって、対面で戦えば負けるポケモンは多かったはずです。プテラも、味方ポケモンと合わせて良い具合に上から攻撃をたたき込んで行くのが大切な役割となってきます。

 
 
 相性の良い味方は誰かと考えると、相手に1発はダメージを与えていけるタスキ持ちのポケモンや、ミミッキュなどが挙げられると思います。
 また、ギャラドス、ポリゴン2、ギルガルト、ガラガラ、テッカグヤという残りの面々を見ると、個人的にはカビゴンを押していきたくなってしまいます。ポリ2などを起点に積み技を使っていくなら、めいそうカプレヒレあたりも相性が良さそうです。

 ということで、今回の締めとさせていただきます。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA