年末年始はブログ更新意欲が沸かない(+ステラの魔法の感想)

 というわけで、もしかしたらこれが今年最後の投稿になってしまうかもしれないという報告を兼ねた雑記です。

 師走って言うほど私は忙しくないんですが、でもちょっとだけ、7,8月辺りにもあったような中だるみの時期が来ているのかもしれません。
 ただし、現在は代わりにゲームブック制作を進行中です。……完成するかは分かりませんが。

 というのもそう、丁度アニメが終わったステラの魔法を4巻まで読んで、私も面白いことをしたいなあ……って思ったんですよね。


スポンサードリンク

「ステラの魔法」のアニメ後の世界

 アニメ、ステラの魔法では主人公のたまちゃんがSNS部の一員として、絵描きとして成長していく物語でした。

 しかしアニメ後もたまちゃんの成長は続きます。
 昔からたまちゃんはゲームを考えるのが好きで、SNS部に入ったきっかけも、自分で新しいゲームを作りたいと思ったからでした。
 3巻では、そんなたまちゃんがついに自分自身でゲーム制作の企画をすることになります。

 そのゲーム内容も結構面白そうでした。
 ただ、そこに当然のように入ってくるおじさま要素……。ゲームの企画を考えている時のたまちゃんは、なんだかゆみね以上に危ない人になっていました。
 本の中では、たまちゃんのお父さんの本音もちらほら聞けるのですが、こりゃ心配するよなって具合です。

 
 4巻ではスケジュール管理も勉強し始めますが、なんかたまちゃん、テル先輩並みにガツガツいろんなことに挑戦してますね。
 絵も上手くなって、ゲーム制作のノウハウも覚えて、なんかこれ将来にかなり影響してそうです。大人になっても同人ゲーム制作を続けている姿が目に浮かびますね。
 部長さんは将来像を「あの頃は若かったのよ」的な姿で想像していましたが、現実はもっと明るくなりそうで良かったです。っていうかあの姿、今考えると完全にお母さんに自分の姿を重ねてるんですよね。プログラマーの業は深い。

 しかしアニメ後半で活躍したはーちゃんは、3巻から徐々にフェードアウトしていく感じがちょっと寂しかったです。ゆみねはちゃんと仲間っぽく頻繁に絡みが描かれますが、中等部の後輩が入ってきた後、はーちゃんと後輩が初対面した時はつい「あ、そういえば、はーちゃん久しぶりだ」って思っちゃいましたもん。
 海に行く時もたまちゃんから「はーちゃん部員じゃないから」の一言を食らって結局仲間に入れませんでしたからね。不憫です、すごく可哀想です。
 たまちゃんのあのセリフは完全に「お前の席ねぇから!」みたいなニュアンスで伝わっていて、実際に受けたらダメージ半端じゃないでしょうからね。いちげきひっさつレベルだと思います。

 
 まあ、そんなはーちゃん絡みの悲しい展開は置いておくとして、マンガはマンガでとても面白かったです。
 作者のコラムや過去編なんかも興味深かったですね。
 
 作者は同人ゲーム制作に関する色々な知識を持っていますし(実際に身につけているのか、聞ける仲間がいるのかはよく知らないが)、たまに挟まる「なぜなに しいなちゃん」のコーナーは結構楽しみでした。
 音楽関連の知識もちょっと知ることができて、普通に感心してしまいましたから。

 過去編では部長(現)と藤川さんの約束とか、尖っていた藤川さんがSNS部に入るきっかけとか、現状を知っていると面白かったです。
 ……しかし部長にあんな過去があったとは。
 アニメを面白いと思った方は、必見です。

ステラのまほう (3) (まんがタイムKRコミックス)

くろば・U 芳文社 2016-01-27
売り上げランキング : 15172

by ヨメレバ

ステラのまほう (4) (まんがタイムKRコミックス)

くろば・U 芳文社 2016-10-27
売り上げランキング : 30916

by ヨメレバ

私もなんか面白いもの作りたいなぁ、って

 私にはゲームを作れるプログラミングのスキルとかはありません。
 もしかしたらこれから勉強しようと思い立つ機会があるかもしれませんが、今はないです。

 でもそんな私でも、たまちゃんが同人アナログゲームの発表会で見かけたようなカードゲームの内容を考えたりはできます。
 そう、あり合わせの知識でも作れるゲームはある!

 
 ということでゲームブックを思いつきました。
 まあ、結局シンプルなものに落ち着きましたね。

 ……作り方はまずサブドメインを取得してブログを立ち上げます。
 その後、トップページにゲームスタートのリンク、ルール説明のリンクなんかを張っていきます。
 あとは「物語1と選択肢A、Bのページ」から選択肢A、Bそれぞれに異なる展開の物語を作り、それぞれにリンクを繋げていけば完成です。

 おー、できてるできてる。リンク切れだけは起こさないように気をつけなければいけませんね。
 ……でも、実はノベルゲー程度だったら現在はフリーソフトを使って簡単に作り上げることができるんですよね。
 たぶんGoogle Playとかで「ノベルゲー 制作」とか検索するだけでも出てくるんじゃないでしょうか。
 せっかく閃いたのに、他のやり方でも簡単に作れるとなるとちょっと残念です。

 ただ、ブログにはまだまだ使い道がありそうですから、諦めずに新しい使い方を考えていきたいですね。
 今はこっちのブログ記事制作を中断し、ゲーム制作に取り組もうと思います。
 まずは簡単なものから……にしましょうかね。5分もあれば終わるような。

 それでは。

 
 そういえば、今日はステラの魔法5巻の発売日だったんですね……。
 読み切りが大量に加わっているので、2~4巻の過去編と合わせて楽しみたいです。

ステラのまほう (5) (まんがタイムKRコミックス)

くろば・U 芳文社 2016-12-27
売り上げランキング : 2713

by ヨメレバ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です