「悲衛伝」の感想


スポンサードリンク

 西尾維新さんの<伝説>シリーズ第八巻となる悲衛伝を読みました。
 相変わらずページ数が多いですが、語りが軽妙なのもあって結構すんなり読み終えてしまいました。

 前作までの感想は書いていなかったので、最初にちょっとだけ触れてから今作の内容に入っていきたいと思います。


スポンサードリンク

前作までの感想

1巻

 コミカライズもされている第一巻。

 空々空の戦いの指針が示されるお話でした。特に剣藤さんと、直接の絡みがある物語はこの一巻だけなので、いろんな意味で特別なお話でした。
 地球との戦いがどうこう……というのが直接描かれるのはこの巻だけというのもまた。

 奇抜な設定でしたが、空々の行動や最後の決断などが良かったと思えたため、続きも読みたくなりました。

2~6巻

 四国編。
 魔法少女とかが現れる、いきなりの方向転換っぷりに驚くものの、何だかんだ楽しめた一連の物語でした。
 特に杵槻鋼矢の登場はかなり物語を面白くしたと思います。空々並みにしぶとい生命力、かつある程度は普通の感性も持っている少女ということで、かなり面白いキャラでした。
 いや、でした。っていっても、まだ生きていますけどね。しぶとい、格好いい。

 そして6巻が個人的には一番好きな物語でしたね。
 心のない少年であるはずの空々が、それでも剣藤さんだけは特別に思っていた(?)ということ、そしてその想い(?)がどんな形であれ少しだけ報われたことがなんとも言えない感動を生みました。
 報われたと言うより、それはどちらかというと、失ったものを思い返して懐かしんでいる様に近いのかも知れません。しかしそれでも、6巻のラストは長い四国編の末に空々空が手に入れたものとして、価値のある姿だったと思いました。

7巻

 ……えっと、読んだけどだいぶ忘れました。
 でも忘れたけど最後の展開さえ覚えておけば8巻を読むのに支障はありませんでした。

 えっと、結局どんな話だったんでしたっけね……。
 かんづめちゃんが苦労していたのは覚えていますが……。

悲衛伝の感想

 ネタバレにならない程度に内容を説明すると、前回宇宙に旅立った空挺部隊が宇宙空間で博士らの研究に付き合っている中で、空々の元に月が現れます。
 月、月の化身、バニーガール。

 そのバニーガールから、空々は他の惑星に協力を仰ぐ停戦案の交渉を依頼されます。

 第八巻にきて、戦争の決着以外の、戦争の終わらせ方が見えてきた感じです。……まあ、ここまでの7巻も実際は地球との戦争というより、人間相手に戦い続けてきたせいで、まるで地球との戦争が白熱しているようには思えなかったのですが。

 月(バニーガール)の導きにより空々は擬人化された数々の惑星達との話し合いに挑むことになるのですが、内容的にはこれまでのお話の中でもかなりカオスなものになっていました。
 基本的に宇宙船から外に出ることはないし、ほとんどは空々の部屋の中で物語が進みます。
 宇宙船の狭っ苦しい部屋の中に何人もの人が集まるという展開が連続することになり、思わず乾いた笑いが漏れます。

 そしてこの悲衛伝での注目どころは、チーム天才ズの一人が異様な活躍を見せるところ、でしょうか。
 このまま全然活躍しないまま(本人もやる気がそんなにある人物ではないし)物語の終わりを迎えるのかと思いましたが、ここに来て意外な事実が明らかになるとともに、彼女が活躍するとは驚きました。

 しかしまあ、彼女のせいで物語がとんでもない方向へと進みかけたのにはどきっとしましたけどね。どれだけ話が大きくなるのか、ドキドキしましたもの。

 なお、これ以上はネタバレ気味ですが、2章の終わりに「茶番の始まり」と表現されていたのが個人的に気になっていたのですが、実際に最後まで読んでみるとまさに茶番というにふさわしい内容になっていました。
 どれだけ話が大きくなっても、ね。

 次回、悲球伝。
 今年中に発売されるみたいですが、こちらもどんな所へ物語が動いていくのか楽しみです。
 ……さすがにこのシリーズは物語シリーズほどファンが厚くないでしょうし、十巻でちゃんと完結するのでしょうね。そろそろ終わりが見えてきましたが、この物語がどんなところへ着地するのか、楽しみに待とうと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA