スプラトゥーン2にて登場のスプラマニューバーのテクニックについて妄想


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

追記
 実際に体験してのテクニックについてはこちらの記事を参照ください。追記終わり

 あああああ、頭が沸騰しそうなほどに興奮するぅうううう!
 
 はい、ニンテンドースイッチのソフトが色々と明らかになって2日経ちますが、未だに興奮が冷めません。というか、スプラトゥーン2については、今日が一番興奮して語りたい気分になりました。
 昨日、一昨日はマリオとゼルダが楽しみすぎて奇声を上げてましたけどね、小声でね。

 しかしそう、スプラトゥーン2でもっとも気になるのは新ブキ種スプラマニューバーなんじゃないでしょうか。
 二丁拳銃で、かつダッシュ機能が付いているというのが既存の武器とまったく異なる点です。
 まあ、二丁拳銃なのは見た目だけの問題かもしれませんが(操作は今まで通り)、ダッシュはすごいですよね。スプラトゥーンの遊びを強引に変えてくれる新ブキの予感がします。


スポンサードリンク

冴え渡るスピード感

 スプラトゥーンの面白さ、それはどこにあるのでしょう。
 直感的な操作、そしてわかりやすいルール。ええ、もちろん魅力的です。

 しかし私は対戦におけるスピード感もかなり特徴的なものだったように感じます。

 私は最近になってFPSを始めました。バトルフィールド1ってやつです。そのゲームでは銃で遠くの敵と撃ち合ったりするわけですが、なんかこう、遠いし遅いんですよね。だからと言って簡単って言う訳じゃなくて、スティックで照準合わせるのはとても難しいんですが、スプラトゥーンのような、近接戦闘でイカになってステップ入れて……とか、そういうスピード感がFPSには足りないと思いました。
 そう、スピード感。つまりは爽快感です。

 スプラマニューバーは、スピード感とそれに伴う爽快感を増し増しにしてくれるブキだと思うんです!

 現状スプラマニューバーについて分かっているのは
・2回までダッシュが可能なこと
・ダッシュ後は膝立ちになり集団性が良くなること
 の2つです。

 スプラトゥーン公式トゥイッターでも、バトルの映像が公開されているのでぜひ見てみてください。遊びたくてたまらなくなりますよ……ふふふ。

スプラマニューバーの使い道について妄想

近距離で相手を翻弄

 まずはこれが一番安定したダッシュの使い道なんじゃないでしょうか。
 相手が狙っている方向から一気に2連ダッシュで背後まで移動し、そのまま一方的に撃ってやっつけます。
 遠距離だとダッシュしても相手のエイムのズレる角度はほどほどに収まってしまうため、近距離で使うことが重要そうです。……まあ、元々射程なさそうなブキですし、気にするほどの違いはない気がしますが。

<長所>
・発売初期は翻弄される相手が多そう
・不意打ちを食らったときに、逆に背後を取れる可能性がある

<短所>
・発売して皆が慣れてくると、反応できる人が増えそう
・単純に後ろに回り込むと、Yとスティック下入力で敵の正面に逆戻り
・調子に乗るとこっちのエイムまでズレそう

 
 スプラマニューバー解禁直後は「こんなの反応できるかよ!」とか言われつつも、相手がマニューバー持ちであることを警戒していたらきちんと反応できる人は多そうです。
 逆に相手がマニューバー持ちと確認せずに不意打ちをしたら、逆に回り込まれてる……なんて可能性も。

 気になるのはマニューバーでダッシュした本人の視点移動ですかね。自分が回り込んだ後に、どれだけ相手よりも早くエイムを合わせられるかが倒すのには重要になりますから。

敵を倒した後にダッシュで退散

 いわゆるヒットアンドアウェイってやつですね。
 敵が2人一緒にいる場合など、片方の敵を倒してそのままもう1人にやられるのではなくて、片方の敵を倒したらすぐにダッシュでその場を離脱し、勝ち逃げをする戦法です。

<長所>
・敵インクばかりでも逃げ切れる可能性がある
・逃げられる角があるところで有用

<短所>
・マニューバーのダッシュなしの単体性能が未知数
・正直逃げ切れない可能性も高い

 
 まあマニューバーは見た目、射程が長そうなブキでもありませんから、遠くから倒して自陣に引いて……っていうのは難しそうですよね。だからまずは近づいて倒すわけになりますが、その近づいた場所からダッシュでどこまで逃げ切れるのか、っていうのが問題になりそうです。
 しかし、敵インクばかりの所に突っ込んでも生き残れる可能性があるのは悪くない。まあ、そんな状況になるのが良いことだとはとうてい言えませんが。

背後から一気に近づいて不意打ち

 
 これまでだと、敵が背中を見せていても敵のインクを塗り返しながら追いかけないといけず、結局逃げられてしまうような展開もあったと思います。
 そこでダッシュを使い、敵に急接近しようという話です。
 塗り返して追いかけるとかなり大きな音がしてしまいますが、ダッシュの場合は音がしても、その頃にはすでに相手の背中を掴んでいる状況でしょう。そういう意味でも良い接近方法な気がします。

<長所>
・短射程ブキでも、隠れて不意打ちする以外に相手の背中を取る方法が生まれる
・ダッシュ音に相手が気づいた時にはもう接近完了している

<短所>
・ダッシュの距離が足りないと、敵インク中に放り出されるだけになる
・敵を倒した後、敵インクが多い場所に取り残されることになる

 
 敵を追いかけるんですから、倒した後の状況が悪くなっている可能性は十分考えられますね。ダッシュ後は膝立ちになり硬直時間がありそうなので、そこのケアもできる状況で使うテクニックだと思います。
 


スポンサードリンク

まあなんであれ使いたい

 正確には、使いこなしたい。
 そして最速でS+のマニューバー使いになりたい。

 ……って、思っています。楽しみですね、スプラマニューバー。
 もちろん「スプラ」マニューバー以外のマニューバーについても楽しみに待っています。

 個人的にはマニューバー+クイックボムが強いと思うんですよねぇ。相手を翻弄しつつ、さらに相手の動きも制限する。面白そうです。最初はなかったとしても、後々アップデートで追加されるのを期待したいですね。クイボのないブキ種って、今のところ存在しませんしね。

 
 ニンテンドースイッチは3月3日発売! そこからゼルダを遊んで季節は夏。
 スプラトゥーン2の発売は2017年夏! 思ったよりも早かったですよね。少なくともマリオより先に発売っていうのは、あまり予想できなかった展開です。
 まずは始まりのスイッチの3月3日を楽しみに待っています。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA