「リンドウにさよならを」の感想


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

「リンドウにさよならを」はえんため大賞にて優秀賞を取った作品です。
 内容は語り部の幽霊と、いじめの対象となっていた少女とが出会い、影響を及ぼし合っていくというもの。作品内に組み込まれたギミックが1巻で見事にまとめられていて、まさに優秀な作品でした。

 


スポンサードリンク

いじめと、幽霊。二つの要素が上手くまとまっている

 この物語は、大きな二つの要素から成り立っています。
 一つはヒロインの穂積美咲を取り巻く環境の改善
 もう一つは語り部である神田幸久にまつわる謎です。

 
 主人公とヒロインの二人が出会い、影響を及ぼし合って美咲を取り巻く状況を変えていくだけでも一つの物語として成立していましたが、その裏で密接に主人公の過去が絡んでくるのは見事だと感じました。
 神田幸久は物語の中で何度も過去の記憶を思い返すのですが、そこから明らかになる事実と、現在の物語が徐々にリンクしていく様にワクワクしてページをめくる手が止まらす、一気に最後まで読み終えてしまったほどです。
 幸久が、あくまで過去を大事にしているというスタンスも個人的には好きな点でした。

 ただし一つだけ気になるところがあるとしたら、いじめ問題の方の最後でしょうか。
 1巻で上手くまとまっているとは言え、登場人物の心変わりが多少速いように感じてしまったのも事実で……。心を入れ替える下地があったとはいえ、少し引っかかる部分もありました。

 一方で主人公の過去に関する決着は良かったと思います。
 最後の最後に主人公が取った行動も、過去に縛られたこの物語の決着にはふさわしいものだったと思います。

続編が(おそらく)ないのは残念

 
 いきなり見出しと違うことを言い出しますが、別に1巻完結っていうのは残念なことではありません。
 ただまあ、やはり1巻完結特有のもの寂しさっていうのはありますからね。
 そういう意味で、残念、と。三田先生の次回作がどんな作品になるかも、次回作があるのかもわかりませんから、そう思っちゃうのも仕方ないかなぁと、客観的に判断します。

 1巻完結で面白い(笑えるとかじゃなくて)作品を読みたい人にはオススメです。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA