スーパーマリオオデッセイについて、改めて期待と不安をまとめる


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 スーパーマリオオデッセイ。
 それは今年の冬に発売をされている3Dマリオシリーズの最新作です。

 特徴的なのは3Dマリオというだけでなく、マリオサンシャイン以来の箱庭マリオだということです。
 箱庭マリオというのは、スタート地点から始めてゴールを目指すコースクリア型と違い、まず1つのステージがあり、そこにいくつかの遊びが盛り込まれているタイプのゲームを指している……と言えばいいのでしょうか。
 マリオ64を例にすると、1つのステージでは6つくらいのパワースターが手に入り、そのスターの入手方法は「特定の場所に出るボスを倒す」だったり「ノコノコと競争して決められた場所にたどり着く」だったり「赤コインを6枚集める」だったり色々です。

 私も箱庭型マリオについてはかなり愛着があるので、マリオオデッセイは結構期待してしまっている部分もあります。
 そんなスーパーマリオオデッセイについて、私の感じている期待と、そして不安を書き連ねていこうかと思います。


スポンサードリンク

期待

箱庭

 
 箱庭マリオではコースクリア型とは一風違った遊びを盛り込むことが可能です。

 近頃マリオは、長年続いてきたシリーズ故にマンネリとの戦いに悩まされています。スマホのマリオがある程度人気だったことを考えると、一概にマリオが世間に飽きられつつあるというのは間違いかもしれませんが、やはりそれはスマホユーザーという新たな客層に向けて発表されたものであることも理由の一つでしょうからね。

 従来のゲームに触れてきたユーザーに、いかにしてマリオの魅力を見せつけるか。
 誰もが簡単に理解できるコースクリア型ではなく箱庭マリオの制作を始めた理由の中には、マンネリ回避という意味合いも含まれているのではないか。と、私は考えています。
 まあ個人的には、それだったらより飽きられてる2Dマリオの方で箱庭っぽい遊びとか盛り込んでも面白いのになぁ、くらいは思ってしまいますが……。いや、だって3Dマリオはそこまで飽きられているわけでもありませんからね。3Dワールドは無難すぎたのか注目度は低かったですけど。

 
 私が箱庭マリオに期待しているのは、コースクリア型ではできない様々な遊び方です。
 1度クリアしたら終わりのコースクリア型と違って、同じステージで何度も遊ぶことになる箱庭タイプでは広いステージをみっちり作り上げるため、探せば探すほど面白い仕組みが見つかっていきそうですし、そういうのを考えただけでワクワクしてきます。
 絶対ワープゾーンとか、隠し部屋とかあるでしょ!

 ただまあ、箱庭マリオだから面白い。なんていうことはありませんから、注意が必要でしょう。
 マリオは宮本さんもよく言っている気がしますが、マリオを動かしているだけで面白いゲームです。それはコースクリア型でも箱庭型でも変わりません。

 箱庭型が優れている点としては一直線でない様々な遊び方などがあります。
 一方でコースクリア型も多数のステージを遊ぶことができます。
 
 コースクリア型の方が、ステージ的には色々な景色を見ることができるのかもしれませんね。コースクリア型にだって、小ネタはたくさん盛り込まれていますし。
 だから箱庭マリオだからといって、それだけでコースクリア型よりも多彩で面白いとは限りません。
 箱庭世界の多数の遊び方は絶対面白いって思ってますが、コースクリアのためにステージを突っ走るのも面白いです。

 なんていうか、子供時代に遊んだマリオ64とかサンシャインの楽しい記憶から、無条件に箱庭マリオに期待しまくるのは止めた方がいいよね。っていうのを個人的には言いたいわけ何ですよね。いろいろ遠回りしてしまった感はありますが。
 楽しみなのは楽しみなんですけどね。

現代っぽい世界

 
 人がいて、高層ビルが建っていて……という現実世界の光景ですが、そこにマリオが入り込むというのはなかなかに面白い試みだと思います。
 別に人がいることがそんなに楽しみなわけでもないですが、ビルとビルとの間を壁ジャンプで走って行くというのはロマンがありますよね。
 
 ただ、こういう現実世界を舞台にヒーローを操作する系のゲームは他にもありますから、マリオオデッセイだけの特別な楽しみ方ではないかもしれません。
 それでもマリオシリーズのアクションを生かして巨大な街を走り回るというのは非常にワクワクしますね。

巨大ボス

 
 PVには巨大なボスの姿が映っていましたね。
 ああいうの好きです。大好きです。

 巨大な敵が出てくるだけで興奮してしまう勢の私としては、もうそれだけで楽しみ。

DLC

 
 ダウンロードコンテンツ。
 つい先日、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドにもDLC開発決定の発表がありましたね。マリオシリーズでも私の覚えているところではコインラッシュのNEWマリ2で追加コンテンツを配信していましたから、前例はあります。
 
 私は箱庭マリオとDLCの相性はかなりいいと思っています。
 というのも、新たなステージを追加コンテンツとして発売するのは、新たな3Dマリオのゲームを発売しているのとほぼ同等だと考えられるからです。
 マリオの遊びは箱庭の中に詰まっていますから、ステージが違うと遊びもまったく異なるものになるでしょうしね。

 
 NEWマリ2のコインラッシュモードでは「もうお腹いっぱい」とDLCまでは食いつかなかったんですが、3Dマリオはまったく未知の世界を冒険できるということで楽しみにしてしまいますね。
 発売前からDLCを楽しみにしているっていうのも変な話ですけど。
 もし可能なら、冬の発売後もオデッセイのチームにはDLCの開発を頑張ってもらいたいものです。

不安

マリオの動き

 PVを見る限り、今回のマリオは結構機敏な動きをします。
 ブロスのハンマーを避けるシーンや雨の中走り回るシーンではかなり急角度で曲がっても慣性が働いている姿は見えませんでした。

 64だとこういう急な方向転換には、溜めのモーションが入りました。そこでジャンプボタンなどを押すことで反転ジャンプに持っていくこともできたのですが、今回のマリオは溜めのモーションなしに反転ジャンプを行っているように見えます。
 まあ、溜めモーションがPVに出てきていないだけの可能性はありますけどね。

 
 上の方でマリオを動かしているだけで楽しい、と言いましたが、今回のマリオの動きは従来のものと多少異なっていて、少しだけ不安になります。
 今回のマリオを効果音で表すとこんな感じ。
 ピョンッ、クルッ、スタッ。(ジャンプ、前転、着地)

 で、昔のイメージではこんな感じ。
 ズ、ズゾゾゾゾゾゾォ……にょい~ん。(走りからのしゃがみ地滑り、そして幅跳び)
 
 さあ、どうでしょう。
 かつてのダイナミックな動きを楽しんだ身からすると、今回の動きはあっさりし過ぎなんじゃないか……という不安がわいてしまうところです。
 ……まあ、動かしていて面白くないマリオなんて宮本さんもストップするでしょうから、そこまで不安に思っている訳ではないんですけどね。
 変更点の一つとして抑えていただければ。

 

楽しみなのは変わらない

 
 しかしゼルダ発売前のこの段階でなぜ私はマリオについて考えていたのでしょう。
 謎です。

 ニンテンドースイッチ発売の3月3日まであと8日。
 本格的に近づいてきました。
 私は発売日に購入を決定しているので、ゼルダもスプラもゼノブレもマリオも遊び尽くしますよ! 
 
 マリオの情報はまだまだ出てこないでしょうけど、冬までにもっと面白いゲームになることを期待しています。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA