やったぁ! マリオカート8デラックスのバトルルールにドッカンボム兵、いただきシャインなどが復活!


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 今日、マリオカート8デラックスの最新情報が詰まった動画が公開されました。
 今作はバトルモードが充実しているというのが事前に分かっていました。
 しかしこれまでの話では、それはバトルモードが微妙だった(それでも楽しいけど)8と比べての話でした。

 今回アップされた動画では、しかしその充実っぷりがものすごいことが明らかになりましたね。
 まず5つのバトルルールです。
「ふうせんバトル」
「パックンVSスパイ」
「ドッカン! ボムへい」
「あつめてコイン」
「いただきシャイン」

 8では「ふうせんバトル」だけが収録されていましたが、復活したルールも楽しそうですね。
 
 そして8つのバトル専用コース。
 この中には他のゲームで見たことのあるようなコースがありますね。そう、スプラトゥーン。
 音楽も残り1分からスプラトゥーンのものになるみたいで、楽しみです。
 8では普通のコースを流用していたためゲームバランスが良かったとは言えませんでしたが、今作は良い具合に知らない人とも盛り上がって対戦できそうです。


スポンサードリンク

私はダブルダッシュ勢

 私が人と一番多く対戦したのは、ゲームキューブのダブルダッシュでした。
 そこで遊べるバトルルールは「ふうせんバトル」と「ドッカン! ボムへい」「いただきシャイン」でした。
 友達と遊んでいた時期だからというのもありますが、特にドッカンボム兵というルールは爽快感たっぷりで楽しいルールでした。

 その時のドッカンボム兵はアイテムを取る度にドンドン手持ちのボムが増えていくシステムだったのですが、今作は1度に10個までストックすることができるようです!
 昔と比べて一度に戦える人数も増えているため、お祭り騒ぎのような戦いを楽しめそうですね。
 
 
 レートを上げるにはどうしたら良いでしょうね。
 相手からポイントを取ったあとに取り返されては意味がないので、頻繁に方向転換を入れていくのが大事そうです。

新ルールも楽しそう

 新ルールの「パックンVSスパイ」はマリオカートでは珍しい、非対称ルールです。
 逃げるチームとパックンで追いかけるチームに分かれて戦うようです。
 
 詳しい内容についてはケイドロ(ドロケー、などなど)に似ているようです。
 パックンチームは制限時間内に相手全員を倒したら勝ち。逃げるチームは1人でも最後まで逃げ切れば勝ち。
 捕まった仲間を解放するスイッチも存在していて、マリカー世界のケードロですね、本当に。

 
 おそらくどちらのチームに入れるかはランダムなのではないでしょうか。
 両方の戦い方を極めなければ、安定して勝つのは他のルールよりも難しそうですね。

 私はそこまでチーム戦が得意ではないので、発売直後のお祭りに乗ったあとは他のモードに移るでしょうが、世界中の皆とやるケードロを一度経験してみたいと思います。
 

発売まであと1ヶ月半

 こんな風にゲームの詳細が発表されはしましたが、発売はまだ先ですね。
 私は半年前くらいに8を買ったのですが、バトルモードなどのワクワク感を見ると8デラックスも欲しくなってしまいました。
 スイッチで遊ぶマリオカートということで、少しでも興味のある人となら一緒に外で遊ぶこともできるのが楽しみです。……実際に対戦してくれる人がいるかどうかはまだ分かりませんけど。
 
 というか、今作は本当にバトルモードが楽しみです。
 バトルモードのためだけに買うといっても過言ではないくらい。
 別ゲーですね、バトルモードに限って言えば。
 
 

 発売は4月28日。
 値段は税抜きで6千円くらい。マリオカート8のダウンロードコンテンツも込みでの値段ですから、移植作であり廉価版っぽくもなってますね。
 
 8を買っていなかったという人はもちろん、8のダウンロードコンテンツを買っていなかったという人にもとりあえずオススメできる作品ですね。
 もちろんマリオカート8を買った人でも、専用コースで遊ぶバトルモードはレースとはまた違った面白さがあるため、買って損することはないと思います。
 
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA