何だかんだお気に入りの武器はゼルプスト・ラーダー1906狙撃「BF1日記」


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 ゼルプスト・ラーダー1906(狙撃)を解放してから早3週間くらい経ちました。
 ヘルリーゲル防衛なんかも前評判では強そう強そうという話で持ちきりでしたが、実際にヘルリーゲル防衛に倒されることはほとんどないくらいのマイナー武器に落ち着いている感じがします。
 逆に私なんかはアンロックのために初めてヘルリーゲルを使い始めてその強さに気が付いたり、とか。

 ゼルプスト・ラーダー1906やヒュオット、ヘンリーの新仕様なんかも、あまり見かける武器ではありませんよね。
 
 しかし何だかんだ、私の看護兵メイン武器はオートローディング拡張かゼルプスト・ラーダー1906狙撃の2択になってきたので、オススメはできない武器ですがちょこっと紹介してみたいと思います。


スポンサードリンク

基本の情報について

 
 ゼルプスト・ラーダー1906狙撃は、全距離3発で倒せる看護兵武器の中で1番発射レートが早いという特徴を持っています。また反動などもかなりマイルドで、これだけ聞いたらめちゃくちゃ強武器のように聞こえる数値データを誇っています。
 が、最大の欠点として装弾数が5発しかないということが挙げられ、そこが全てを引っ張ってものすごく低い使用率を誇っている武器です。
 
 命中率30%くらいの人が全距離3発武器で敵を倒そうとしたら、だいたい9発くらいの弾が平均して必要になってきます。モンドラゴンの装弾数が10発なので、それでも結構ギリギリですね。
 けど実際の所、牽制射撃や敵を倒し切れたか分からないままに撃った弾なども多いでしょうし、ゲーム内のデータで精度30%と表示されていたら、実態に撃ち合った時はもうちょっと当たると思いますけどね。そうなるとなれてきたプレイヤーがモンドラゴンで1人もキルできないっていう状況はかなり起きにくいかと……。

 しかしゼルプスト・ラーダー1906は違います。命中率50%の人でも平均したら弾6発は必要になり、ほぼ5発以内に安定して1人の敵を倒すことは難しいと言えるでしょう。
 そんなわけで初心者には絶対にオススメできないどころか、どんなプレイヤー相手にもお勧めしにくい武器となっています。
 
 
 が、パイポッドを使ってしっかり弾を当てさえすれば中距離遠距離でもかなり強力な武器であると言えるでしょう。……実際当たらないんですけど。

 ただ言いたいのは、パイポッドを使って最速の三連射を敵にぶち当てたときの快感は他の武器よりもすばらしいという点です。好みの問題じゃねえか。

 もうちょい実利的な面を言うとしたら、レートが速いのでそこそこ近距離でも戦えるとかそういうところでしょうか。

使う場面、合わせるサブ

 
 とりあえず広いステージで使いたい武器。
 ジャイアントシャドウとか、エンパイアズエッジとか。

 しかし何だかんだ言って試しにアミアンで使ってみても普通に30キルくらいは出せたので、別に近距離が苦手というわけでもないです。が、やはりパイポッドの気持ちよさを体感するなら開けたステージの方がいいですね。
 
 
 合わせるサブは、正直リボルバーを持ちたいと思ってはいたものの、装弾数の少なさからMleを使うことに。持ち替え速度が最速なので、2人目の敵や、メインで倒し損ねた敵を倒すのに向いています。
 近距離でもレート高めなので撃ち勝てることも多く、別にこれでよかったのかもしれません。
 ガジェットは普通に回復と蘇生がいいかと。

戦い方、特に注意する点

 戦い方はやはり他の看護武器と同じように、周りの回復や蘇生を行いながら進んでいくのが基本かと。
 少なくとも継戦能力が皆無に等しいため、相手の集団に対して横や裏を取って射撃を仕掛けていくことはあまりありませんね。そういうのは同じゼルプスト・ラーダーでも1916の方が向いているでしょう。

 装弾数が少ない、レートが速いということで、基本はヒットアンドアウェイを意識して戦うのが他の武器よりも大事だと思います。
 一気に5発撃って、倒せても倒せなくても物陰でリロードすることを意識していきましょう。相手が近ければリロードではなくサブに持ち替えて戦うか隠れるかします。
 
 移動中に2人以上の敵に出会うこともあると思います。
 他の装弾数が多めな武器であれば1人相手に無傷で勝利することができたら2人目も慌てずに倒していける可能性はありますが、この武器では2人を続けざまに倒して行くことは難しいでしょう。他の武器よりも、より隠れる場所を意識して進んでいくことが大事です。

 
 リロードに関しては4発撃った状態からリロードを始めるとものすごくリロード時間が長くなるので、そういうことにならないように4発撃つなら5発目も一緒に打ち出してしまうことを意識しましょう。
 モンドラゴンと違って4発撃った後に「あと一人倒したらリロードしよー」とかやってられませんから、残り1発状態にはしないように気をつけてください。
 5発リロードはめちゃくちゃ速いので、きちんと意識すれば激しい戦いの中でもちゃんと撃つ弾は確保できます。
 ダメージを食らっている状況では、5発撃った直後に回復をするか、リロードしてから回復するかの選択になります。私は基本的にリロードを優先しますかね。中途半端なタイミングで回復パックを使うとせっかくの速いリロードが台無しなので、しっかり弾を込めてから回復した方がミスが減って楽。

 気をつけることはこれくらいですかね。
 早めのレートで中距離遠距離の敵をスパスパ倒せていけたら、後はとっても気持ちいいだけの武器です。もうモンドラゴン狙撃には戻れない。
 近距離戦も元々の武器と性能はほとんど変わらず反動がマイルドなので、連射して当てていくことも難しくないはず(?)。結構突っ込んだりします。おいおい、狙撃仕様が先頭を走るってどういうことだよ、やれやれ。
 
 ま、オススメはしないんですけどね。
 好きな人は好きになれる武器ですから、初期仕様だけしか使わずに弱武器だと思っている人は一度頑張って狙撃仕様をアンロックしたら世界が変わるかもしれません。(変わらないかもしれません)

 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA