ついに買ってしまった……合成音声ソフト、CeVIOを!


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 
 さてさて、実況動画などをよく見る人は知っていると思いますが、最近は指定の文章を声に出して読ませるソフトのクオリティが高くなってきていますよね。特に「結月ゆかり」や「東北きりたん」といったボイスロイドはものすごく自然な感じがします。まあ、自然と言ってもアニメ声ですけど。ある意味で自然じゃないですけど、それでも自然な感じに聞き取れます。
 商業用の最先端合成音声だともっと技術は進んでいるみたいですが、しかしアニメ声の合成音声というのはリアリティよりも私にとっては魅力的なものなので、ボイスロイド系の分野も、これからも発展していってほしいものですね。
 
 しかし商業用じゃないといっても実際にその値段を調べてみると、どれも1万円以上する結構お高いソフトです。しかも色々な実況動画で使われているとは言え、その動画を収益化しようとしたら別途ライセンス料として10万近くかかるみたいなので、超有名クリエイターでもなければ完全に趣味のものとして割り切って使わなければいけません。
 この情報を知っていると、実況者で何人ものボイスロイドを使っている人を見る目が変わっちゃいますね。「あ、この人すごい上流階級な人だ……」ってな感じに。


スポンサードリンク

 
 今回私が購入したのは、価格約5千円のCeVIOという合成音声ソフトです。CeVIOシリーズの、「さとうささら」というキャラクターのトークボイスのみ買いました。他にもキャラクターがいるのですが、ひとまずはこれだけ。
 個人的な感覚で言えばこちらはボイスロイドほど自然ではないように感じますが、それでもゆっくり音声よりは調声の幅が広がります。そして「さとうささら」のCVはなんとあの水瀬いのりさん! これだけで購買欲が高まるパワーワードですね。
 
 ボイスロイドに勝っている点は先ほど言った水瀬いのりさんが声の元ということと、ボイスロイドに比べて安い価格帯、そして動画での収益化を許可されていることでしょう。
 実はゆっくり音声も、動画に広告を付けたりニコニコ動画の奨励プログラムに参加しようとした場合は別途ライセンスを買わなければいけません。
 それを考えたらCeVIOってすごく便利なソフトですよね。一概に値段が安いから、っていうだけじゃなく購入する理由になります。

 ……まあ、値段が安いからついつい買ってしまったというのが、私に一番当てはまる状況なんですけどね。

 現在はvectorのセールでCeVIOシリーズが最大20%オフで購入することができます。ちょうどWebMoneyも持っていたことで、これは運命かと思ってポチッと購入を決心してしまいました。

 ただ、この記事の一番上で紹介したパッケージ版では1万円ちょっとで3人のトークボイス+ソングボイスが手に入るため、購入して1日経たずに「あああ、せっかくだからパッケージ版買えばよかった……。CeVIOの魅力である安価な価格が最も生かせるのがパッケージ版なのに。歌も作れてキャラも3人いて、値段が2倍でも内容は6倍なんだからあっちにしておけば……」とか後悔しかけましたが、体験版で曲作りの方にちょっと触れただけで音楽センスのない私には「あ、これ無理だ……」と察せたので後悔は吹き飛びました。
 まあ、とりあえずこれからは「さとうささら」さんと一緒にいろんな活動をしていきたいですね。楽しみです。

 今回の記事の内容を音声にしてみました。
 いやぁ、音声にしたら意外と容量が大きくてびっくりしちゃいましたね。元が34MBくらいあったんですが、圧縮に圧縮して、ブログにアップロードできるぎりぎりの8MB以下まで抑えました。そのせいでちょっとノイズがありますが、こんな感じです。
 
 今回は調声なしでやっていますが、動画とかを作るときは声をきちんと確認して、不自然なところは直していきたいですね。
 それでは、今回はこんな感じで。

追記

 ささらさんにこれを喋らせるだけで30分くらい夢中になってました。
 これは楽しい(笑)。けど、先が長そうです……。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA