マギアレコードの配信が7月まで延期。マギアレポートがだんだん苦しく……いや、いつも通り?


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 もう2週間くらい前の話ですけど、時間を見つけて記事にしてみました。
 
 マギアレコードは魔法少女まどか☆マギカのソシャゲで、シャフトのアニメーションや新キャラクターの原画もちゃんと蒼樹うめ先生が担当していたりと、かなり力の入った企画でした。
 雑誌、きららマギカをチェックしていた人たちなら、かなり前からその開発については知っていましたよね。

 そして4月の段階で「春配信予定」だったのが「5月配信」と発表されたのですが、その5月の半ばで7月配信予定と、2ヶ月もの延期を宣告されてしまいました。
 正直2ヶ月も遅れるというのは5月に入る前から分かっていたはずでしょうが、発表は5月半ば。
 なかなかに対応が遅く、楽しみにしていたファンは予感はしていたもののおざなりな対応にがっかり……といった感じでした。まあ、多くの人は公式からの情報のなさでうすうす感づいていたと思いますが……。まあ、未完成でバグだらけのものを配信されるよりは、きちんと完成したものを発表して欲しいというのは共通の意見として見られましたけどね。

 


スポンサードリンク

現状の公式サイト

 
 現在は週間で発表されていたキャラCMも底をつき、PAPA先生によるマンガ、マギアレポートのみが更新されています。
 この更新頻度はなかなかに高く、漫画家としての実力がうかがえますね。

 しかし最初は12話で完結するみたいな雰囲気を出しておきながら、その後も更新は引き続き、公開予定の枠から「20話で今度こそ完結だろうか?」と思わせてから21話が平然と更新されたりと、なんだかズルズル終わりが先延ばしにされていっている感じですね。
 というか内容的にも完全に12話が最終話っぽかったので、そのあたりから配信延期は見えていたのではないか……というのは私の考えすぎかしらん?
 
 そして21話からはついに新たに説明する情報も出尽くしてしまい、ただのPAPA先生によるマギレコ二次創作になってしまっていて少し苦笑い。

 公式サイトなのに、発売延期をディスるようなネタに走っていいんでしょうか(笑)。
 なお、これまでもマギレコの情報をレポートするマンガとは言え、かなりPAPAさんテイストあふれる適当な(すでにまどかたちのキャラも原作準拠してない)マンガだったためなにも変わってないと言えばなにも変わってませんけどね。

 ……というかこれが7月まで続くとなるといよいよ、いろはちゃんのキャラがこのマギアレポートのキャラで私の頭の中に定着してしまいそうで困っちゃいますね。現時点でも、実は結構怪しい……。
 いろはちゃんって確か気弱な子……でしたよね?
 
 
 マギアレポートが最終的に何話まで続くのかは知りませんが、それも含めて7月を待とうと思います。
 7月までマギアレポートって、この頻度で続くんでしょうか。そうだったらすごいですよね。

 それでは。
 

 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA