青田めいさんの作品を集めました


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


 青田めいさんの作品はこれに加えてふわっとまどか2巻があるのですが、それについては雑誌の方で内容を確認させてもらっているのでコミックスを買うのは多少ためらう部分があります。けれど青田めいさんの作品は手元に置いておきたい気持ちがありますね。


スポンサードリンク

 ここで急にお金の計算をしてみます。
 まんがタイム系列の本って紙も高級仕様で値段も819円とお高く感じますよね。333円の雑誌を読む方がたくさんの作品が読めてお得な気分がします。でも一巻の中に12話程度収録されていることを考えると、どちらが良いともなかなか言えないのが現実です。
333✕12=3996円
3996÷819=4.9冊
 と、だいたい一つの雑誌に読みたい作品が4,5作品程度なら、書き下ろしも付いたコミックスを買う方がどちらかというとお得な感じです。とはいえ雑誌を買えば色々な作品を楽しめますし、そのときに新たに面白い作品を見つけることもあるでしょう。そういう出会いは雑誌でしかないのではないでしょうか。まあ、店頭でコミックスが並んでいるのを見て面白そうなものを買うこともあるでしょうが、中身を見ないとはるみねーしょんなどの作品は手に取りにくいでしょうし。
 無印もキャラットも10作品以上のお気に入り作品がある私はこのまま雑誌を買い続けますが、もし雑誌を買わなかったとしてAチャンネルなどをコミックスで購入するかはわかりません。そういう位置づけの作品とも、雑誌を買うことで上手く付き合っていけると思います。
 それにコミックスは一年に一回くらいしか発売されませんしね。
 逆にコミックスは紙もきれいですし、書き下ろしもありますし、ついでに作者の応援にもつながります。多少値は張っても買う価値はあると思います。
 もちろん雑誌もコミックスも買うのもいいと思いますよ。

 こんな話をし出した理由は、青田めいさんの新たな連載がきららMaxで始まったことですね。Maxの今月の表紙はイチゴの入ったソーダ水ですが、三者三葉アニメ化の影響でしょうか。
 で、そんなMaxでゴスロリJK無人島漂流記という作品が連載開始なわけですが、それ以外に読みたいと思う作品はいちごの入ったソーダ水くらいでしょうか。その一段階下にステラの魔法、金色モザイク、ご注文はうさぎですかがあるのですが……あれ、もう5作品以上になりましたね。
 でもコミックスを買おうと思うのは今のところ青田めいさんの作品といちごの入ったソーダ水だけです。
 それで雑誌を買って連載を追うか、コミックス発売まで待つかを悩んでいます。一応今月分は雑誌を買うつもりですが……。
 ただしゲストからの連載ということで、第一話というわけではないのですけどね。 

 とりあえず、青田めいさんまずは新連載おめでとうございます。これからも応援していますよ、ってことで。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA