スパッタリー強いな! 性能についてご紹介「スプラトゥーン2」


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
 私は今作をマニューバー縛りでやってきて、つくづく「マニューバーには何かが、何かが足りないんだよなぁ。やっぱ射程かな-?」と思ってきました。
 
 スプラシューターに負け、トップメタたるヒッセンにも負けるその短射程は、どうにも扱いづらいものに思えて仕方がなかったんですよね。
 スライドで急接近できるとはいえ、斜め移動でなければ相手の弾をモロに食らってしまいますし、しかし斜め移動だとあんまり前に進めませんし……。せめてスプラシューターと同じだけの射程があればなぁ……ってずっと思ってきました。

 
 そんな中、ついにデュアルスイーパーがマニューバーとしてスプラトゥーン2にやってきたのです。
「やった! マニューバーにも長射程が来た! これは使いたい!」
 そう思って使いました。連射が遅くて倒すのに4発かかるのは結構使いづらいと感じました。負けました。
 
 
 ……そうかぁ、射程じゃないのかぁ。

 じゃあ何でしょうね。
 もうこれは私の腕が悪いってことなんでしょうかね。いや、もちろんS帯で負けまくったのは私の腕前にも確実に原因があったのでしょうが、それにしてもなんかこう……。
 
 と、いろいろ考えているうちにとうとう私もランク26になっていました。
 ランク26と言えばそう、スパッタリーが解放されるランクですね。
「ま、スライドの硬直が多少短いとかそういうブキらしいけど、正直スプラマニューバーよりも射程が短いんじゃ、たとえ連射力がスプラマニューバーよりも多少高かったとしてもどうせ弱ブキだね。そうそう、多少連射が速くても確4じゃあ…………確3、だとぉッ!?
 あらビックリ。
 スパッタリーって確定3発ブキだったみたいですね。これには驚かないわけにはいきませんでした。だって確3ですよ! スプラシューターと同じ確3ですよ!
 
 そして実際に使ってみると……いや、強い。ホントに。ホントに強くて驚きました。
 正直射程とか、今作のブキはブキ間でそこまで射程の差がないためどうとでもなるんですよね。はい、さっきまで言っていたことを全否定です。
 それくらいにキルタイムが速いことは大切なんだと、気が付きました。
 
 キルタイムが速いと撃ち合いにも勝ちやすいですし、1人倒してまた次……というのもやりやすいです。撃ち合いの時間が短ければ、撃ち合っているのとは違う敵から援護射撃が飛んでくることも少なくなりますからね。
 いや、快適。
 マニューバーに足りなかったのは射程じゃなくてキルタイムだったんですね!


スポンサードリンク

性能

ブキ 射程(本) 確定数(最小) 確定数(最大) 連射力(フレーム/1発) 連射力(スライド後)
スプラマニューバー 2.2 4 5 2.5 2
スパッタリー 1.9 3 4 2.5 2
デュアルスイーパー 3.2 4 5 3 3
スプラシューター 2.5 3 4 3

 一応比較として調べたのはこんな感じ。
 全連射ブキ、だいたい最長射程から0.2ライン分近づくと確定数が最大になるっぽい? まあ、射程については表にあるより0.2ライン分短く見積もるくらいでいいかもしれません。自分より短い射程のブキと戦うときに最大射程を利用しましょう。

 スパッタリーは確定数3で、連射力も通常時で5フレームごとに2発、スライド時には1発2フレームごとに撃ち込むことができるのでかなりキルタイムが速いです。
(まあ、驚いたのはスプラマニューバーのスライド時の方がスプラシューターよりも理論上キルタイムが速いってことですけどね)
 
 スパッタリーは距離を詰めるためにスライドを高い頻度で利用していくため、多くの場面で理論上最速の6フレームキルを狙っていけるでしょう。もちろん3発連続で当てるのは難しいと思いますけど。

 スライド時間は9フレームほどで、他のマニューバーと比べて短くなっています。これは移動距離が短いというのにつながりはするのですが、硬直が短いとも取れるため個人的には良い点かと思います。
 
 
 ただし射程は本当に短く、ジェットパックが来たらまず撃ち落とせないくらいだと思っておいてください。
 

感想

 
 
 気持ちよくキルを取らせてくれるブキだと感じました。
 サブウェポンにボムがなく(ビーコン)射程も短いブキのため、ほとんど突撃しかできませんが、その突撃がうまく決まれば何人も連続でなぎ倒していけるだけの性能があるため楽しいですね。
 射程の短さが問題ですが、スライドの存在によって相手の攻撃をかわしながら近づいていきやすいです。スプラマニューバーよりキルタイムが短いというのもあって、スライドの時間を挟んでもなお相手に撃ち勝ちやすいのも嬉しい点ですね。

 
 短射程のわかばシューターなどよりもなお短い超短射程に、高い連射力という特性から前作のボールドマーカーを思い出しますが、あちらは弾がひどく拡散してしまうためなかなか思うようにキルが取れる武器ではありませんでした。
 その点こちらはスライド後にはほぼ狙ったところに飛んでいく精度の良さも兼ね備えているため、その理論上のキルタイムを実際に生かしやすいブキとなっています。いいですね。
 しかしそうは言っても超短射程ブキということで、前作ボールドマーカーを好んで使っていた私にとっては特に扱いやすいブキですね。まあ、スライドと高精度という2つの特徴があれば、ボールドマーカーが苦手だった人にも受け入れられそうなブキだとは思いますが……。

 
 そんなわけで、このスパッタリーでS+目指して頑張るぞ-! おー!


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA