「BF1」ついに追加コンテンツ第二弾の配信日が決定!「In the Name of the Tsar」が来るぞ!


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 9月5日です! 9月5日からプレミアムパス購入者は追加コンテンツ第二弾である「In the Name of the Tsar」を2週間先行で遊ぶことができます。やったぁ!
 
 まあ具体的に何時から遊べるとかは知らないんですけど。
 うん。

 
 しかし第二弾は夏配信という予告が成されてから、しばらくすると9月に配信と決定され「いや、それ夏じゃなくない?」なんて思わされましたが、まさか9月の初めに配信されるとは……。まあ、ギリギリ夏! そういうことにしましょう。
 どうせ月末だと思ってたので、これは本当に嬉しい誤算です。
 特に私は新たなビークルである重装甲車に最近興味がわいてきて扱いたい気分になったところで配信日決定の予告を受けましたから、これがもうすごく嬉しいわけです。
 いや、もうすぐじゃないですか! もう4日後じゃないですか! というか私テンション高すぎじゃないですか!?

 ……まあ、「テンション」って入力しようとして二度も「天昇」って誤入力しちゃったのはさすがに慌てすぎだな、って自覚してちょっと今、冷静になってるんですけど。


スポンサードリンク

注目コンテンツ

重装甲車

 
 名前とか、簡単な情報が公開された当初はまったく興味が持てないビークルだったんですが、つい最近装甲車を運転する楽しさに気が付いてしまってからは早く重装甲車にも乗ってみたいという気でいっぱいになってしまいました。
 細い道も通れるのが良いんですよね-。で、味方の沸きポイントにもなれますし。

 
 追加コンテンツ第一弾のビークルである突撃戦車は、備え付けのガジェットやカノン砲が特徴的な面白くて強いビークルでしたが、重装甲車はどうでしょうね。
 もちろん装甲車だけあって耐久値は低めで扱いにくいと思いますが、突撃戦車みたいに乗っていて面白いビークルになってたら嬉しいですね。
 噂ではスポットライトを兼ね備えた機種もあるみたいで、それにぜひ乗ってみたいです。

 
 あと気になるのは、装甲車が動ける場所は、全部重装甲車も通れるのかどうかってとこですかね。
 サイズ感がそもそも分からないもので……。

 
 追加コンテンツビークルにふさわしい、面白い乗り物になっていることを期待しています!

新援護兵武器

「しんえんごへいぶき」って入力したらまず「深淵語弊武器」って出てきた。
 なんかこっちの方が禍々しくて強そうだぞ!?

 でも実際に強そうなのは「Parabellum MG14/17」という武器です。パラベルムって読んでね!(誰視点)
 その強みは何と言っても援護兵武器最高の連射速度であるレート700という点でしょう。ヘルリーゲルさんを越えちゃってるじゃないですか! 本当にオートマチコがなかったら突撃兵って近距離向きなんて口が裂けても言えなくなりますよ……。
 
 反動が強めだそうですが、装弾数も100発と多く、かなり長所が目立つ武器になっています。
 ただ反動は数値以上に実際のゲームプレイで効いてくる所があるので、どれだけ使えるかは現状計りかねるんですけどね。でも反動がものすごいけどキルタイムが速いオートマチコが強武器なんだから、パラベルムも強武器になり得るだけの要素は持っていると言って良いでしょう! 
 早く使ってみたいです。これだけのために追加コンテンツ第二弾を買っても良いんじゃないかってくらいの可能性を感じます。

 ただ、私は制圧モデルのサイトが見にくいので軽量モデルを使いたいのですが、その解除条件が鬼畜でして……

・LMGで航空機を2機撃墜
・迫撃砲(空中炸裂)で20キル

 と、このようになっております。
 まあ迫撃砲は良いでしょう。

 しかしはて?
 航空機を落とせと?
 それも2機?
 
 冗談がお上手ですこと。
 
 
 
 ……え、冗談じゃない?
 
 ってな訳でLMGで航空機を2機落とさなければいけないわけです。
 今のところ、新たに登場する重爆撃機の4番席は歩兵の武器を使えるらしいので、そこで空を飛んでいる他の航空機を狙ったりすると良いのでは……? と巷でささやかれていますが、それでもまだ難しそうな気がします。

 私が今考えているのは航空機の多いモンテグラッパでMG15とリペアツールを担いで対空砲付近に芋り、対空砲で相手飛行機の体力を大きく削った後MG15でとどめを刺す……というやり方ですが、これでもどれだけの時間がかかるかは分かりませんね。
 それに皆が解除を狙おうとして、とどめを刺す前に横取りされる未来も見えます……。

 いやはや、本当に難しそうです。

終わりに

 
 他にも看護兵のフルオートで可能な武器だったり、ドドンと追加される新マップだったり、試してみたい要素はたくさんあります。
 第一弾と第二弾は6ヶ月もの期間が空きましたが、第三弾は12月配信予定と三ヶ月の空きとなっているのでそちらも楽しみにしつつ、まずは第二弾を心ゆくまで堪能したいものですね。

 それでは。

 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA