SIMPLE主義、やまなしのひびとアクセス数を比較して見えた驚くべき秘密


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

 突然ですが、私は自分のブログのアクセス数を調べるのが好きです。
 それはRPGで自分のキャラのステータスを調べるのと似ています。例えばこのキャラクターの攻撃力は高めだとか、こいつは鈍足だから使いにくいとか。
 そしてパラメーターに合わせた装備なんかを考えたりして、レベルを上げて、ボスに挑むわけです。

 ブログも記事ごとに見られた回数(PV数)というものがあって、こいつは高いとか、こっちは低くて使い物にならないとか、いろいろあります。
 この世界に魔王はいないけれど、代わりに仮想敵を考えて勝てるようにレベルや能力を伸ばしていきます。

 
 仮想敵とはなにか。それは他のサイトです。
 いわばSIMPLE主義はゲーム雑記系ブログ界の魔王的存在だし、私がいつも読ませてもらってるやまなしのひびは(失礼かもしれませんがSIMPLE主義を魔王とすると)章ごとのボスでしょうか。
 なお私のテンプレートなサブカル好きを魔王軍に属させた場合は、中ボスかそれ以下といった感じ。

 
 もっとも他の人が運営するサイトの正確なアクセス数なんて確かめようがないのですが、similarwebというサイトにて大枠を計ることが可能だと知りましたので、早速調べてみます。
 私のサイトの正確なアクセス数は分かっていて、それと比べるとかなり違いがあるんですが、まああくまで目安+比較ですから。



スポンサードリンク

アクセス数の比較

サイト名 アクセス数
絶対SIMPLE主義 46万
やまなしのひび 12万
テンプレートなサブカル好き 3万

 このようになっています。
 とりあえず私のサイトは3万アクセスもないので、他のサイトも実際のアクセス数よりも多く表示されているんではないでしょうかね? SIMPLE主義では「毎月20万アクセスを安定して越えているんだが……」と言っているから実際は半分くらいになるのかもしれません。
 まあ今回するのは比較ですから、表の数字を参考にして考察していきます。

 
 まず3つを比較してみると、まあSIMPLE主義は私に比べて10倍以上、やまなしのひびの4倍近くのアクセスがあってまさに超人気サイトであることがうかがえますね。私の感覚では、個人ブログは月10万アクセスあればかなりの規模になると思っているので、もう大御所って感じがします。
 やまなしのひびは頻繁に面白い考察記事を書いてくれるのですが、このサイトも私のサイトに比べれば十分多くのアクセスを集めていますね。
 
 まあアクセス数という1つのデータだけ見ていてもやまなしのひびは人気だなぁ、SIMPLE主義はもっと人気だなぁという感想しか出ませんね。
 ちなみにデータを見る限りは、3つともこの半年のアクセス数の変化はあまりありません。個人的には自サイトのアクセスはもっと増やしたいし、たぶん他のサイトも同じことを考えているんでしょうけどねぇ。
 

アクセス元の面白い違い

 さて、私が見ていてとても興味深かったのが「トラフィックソース」というものです。
 トラフィックソースとは、そのアクセスがどこからやってきたものか、というデータですね。

  1. ダイレクト:お気に入りやブックマークからの直接アクセス
  2. リファラー:他サイトに張られたリンクからのアクセス
  3. 検索:GoogleやYahoo!検索からのアクセス
  4. ソーシャル:TwitterやFacebookで広まったリンクからのアクセス

 この4つがあり、これからサイトごとに見ていきますね。
 

テンプレートなサブカル好き

 青がダイレクト、黒が検索流入ですね。
 
 このサイトでは検索流入がほぼ100%となっています。そして2%ほどが直接見に来てくれている人ですね。ええ、皆さんいつもありがとうございます。2%って200人くらいかな-? 
 このグラフを見るとちょっと極端な割合に見えるかもしれませんが、始めてからそんなに時間が経っていない個人サイトはたぶんだいたいがこんな形になると思います。
 特にFC2ブログなどのサービスを利用していないと、同じFC2ブログからのアクセスなんかも存在しないため、リファラーだかソーシャルだかのアクセスは少なめになるかと。

 
 検索からのアクセスで多いのは10時間以上プレイした3DSのオススメDL専用ソフト15選ですね。あとは去年のポケモン記事。
 特にポケモン記事はすごかったねぇ。去年の年末はこのサイトもポケモン人気で10万アクセスありましたし。育成論とか、皆がよく検索するキーワードとかがタイトルに入っていると、検索だけでも10万以上いけることは分かったので良い経験になったかと。

やまなしのひび


 
 はい、オレンジのリファラーと黄色のソーシャルも色が見えてますね。
 検索流入は66%まで抑えられ、他からの流入も増えているのがわかります。ただし66%の検索流入でもサイト規模が違うため、私のよりも多いわけですよ。さっすがやまなしのひび。
 
 お気に入り、リファラーがともに15%ほどあります。
 つまりはやまなしさんという個人の書く記事を気に入ってサイトを見に来てくれる人が多いということですね。私も大抵はブックマークからのアクセスですし、やっぱり彼の記事は客観的なデータからも面白いというのが分かります。
 
 リファラーはつまり、やまなしさんが書く記事を興味深いと思って自サイトで紹介する人が多くいるということですね。完成度の高い記事を投稿しているからの結果だと思います。
 んー、私の記事はまだまだ完成度が足りてないということかもしれません。精進が必要ですね。

 
 そしてソーシャルも記事を広めたいという人がいる……というのが大きな要因でしょうかね。
 やまなしさんのTwitterはフォロワーが1000人以上いるのもあって、Twitterで自分の記事を紹介してそこから流入してくる人も少なくないかと思います。

 自ブログのデータと全く違う形になっていたので、とても興味深く思いました。

絶対SIMPLE主義

 これが本当にすごい。
 これを見て本当にびっくりして、この記事を書きたくなったと言って過言ではないです。

 まず目を見張ったのがダイレクトが42%を占めているという点。
 これがどういうことかというと、上記のサイトで計測したデータで考えればファンから23万回も記事を読まれているということなんです。本人が言っていた数値から言っても10万以上のPVはダイレクトに見られているということですね。

 これは正直、本当にすごいことだと感じます。
 私も確かにほぼ毎日アクセスしているのですが、それにしても個人が万単位のファンを獲得しているというのは驚きですよね。
 メディアとのコラボもありますし、本当にすごい人だと改めて実感します。

 ……まあ、タイトルにもなっているSIMPLEシリーズから興味を持ってファンになった人がどれだけいるのかというと、それは……どうなんでしょうねぇ。そこはそんなに多くない気がしてならない。
 
 そして22%と低めの検索流入でも、サイト規模が大きいだけにやまなしのひび並のアクセスを稼いでいるのがわかります。SIMPLEシリーズを遊んで感想とかを調べようとした時に引っかかるのはここ……ですかね。
 私も7年前くらいにSIMPLEシリーズを遊んでそれからSIMPLE主義にたどり着いたような記憶があります。いやもう、なにしろ7年前なんで正直そんな詳しくは覚えてないんですけど。それからずっと読み続けているのはラー油さんの書く記事が魅力的だったからでしょうし、やはりファンを獲得するために必要なのは本人の魅力だよなぁとつくづく感じます。

終わりに

 
 個人サイト3つを比較してみました。
 
 ちょっとその理由というか、経緯を書きますね。
 というのもこの前BF1で試合メンバーを募集したのですが、その時集まったメンバーというのは本当に少数だったわけです。
 wikiの交流板でもメンバーを募集したのですが、集まったのは10人ちょっとでした。
 それでまあ、久々に意気消沈しまして……。

 集まらなかった理由はやはり、宣伝力不足なのだと考えます。
 自サイトのアクセス数自体もそうだし、人を集める魅力に乏しいのも理解しています。
 ……まあ募集した時点では「集まるんじゃないかなぁ」なんて思って、全然気づいていなかったわけですが。

 だから、そう、サイトを成長させたいですね。
 その時に集まってくれた人たちだって、もうちょっと人がいれば、きっともっと楽しめたはずなんです。
 私の呼びかけで集まってくれた人だからこそ、無理して付き合わせるんじゃなくて、ちゃんと楽しい場を用意したい。

 ……まだまだ時間はかかると思いますけどね(笑)。

 ま、そんなこともあって人気サイトの人たちの場合はどれくらいのアクセスがあるのかなーとか、そういうのが気になったわけであります。
 調べた結果が面白かったわけなんで、記事にしてみたんですけどね。

 
 
 さて、今回は個人のゲーム雑記ブログを比較してみたわけですが、もっと大規模なサイトだとどうなるのか、一例をお目にかけたいと思います。

 はい、どん!

4gamer.net 合計訪問者数 2000万

 桁が違ぇ!!
 いやもう、個人のゲームブログでこれは無理でしょうってレベルです。
 やっぱ企業は違うなぁと実感しますね。

 
 それでは、このへんで。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA