まんがタイムきららキャラット2017年11月号の感想


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 長らくきらら系列の雑誌の感想を挙げていませんでしたが、相変わらず毎月楽しみに読んでいます。
 感想を挙げなくなった理由は、雑誌の感想を扱う以上、多くの作品について触れるべきだと思ってあまり楽しめなかったお話についてもあれこれ書こうと気張ってしまったから。というものでした。
 
 ただしやっぱり好きなまちカドまぞく辺りについての感想などはシェアしていきたいため、前よりも適当になりますがまた筆を取らさせてもらいます。

 
 さて、今月の表紙はブレンド・S。
 2月号にアニメ化の発表があってから約9ヶ月が経って、いよいよ放送ですね。
 例によって新人作家による取材マンガもありました。


スポンサードリンク

注目したお話の感想

ブレンド・S

 ひでりはいるけど、一応男回……?
 前回、嫉妬の波動に目覚めた苺香にアニメを教える店長でしたが、丁度その回からエロテコ入れが入ってしまって……というお話。

 ひでり曰く「オタクが好みそうなエロネタ」に大興奮していた店長でしたが、ものっすごく間が悪かったですね。苺香のことを思い出して一気に興奮が冷める様子が面白い。
 それから苺香兄と異文化交流(?)を深め合い、苺香からの電話にも気づかず、挙げ句の果ての野球延長オチまでのポンコツな流れが非常におかしかったですね。
 正直ひどすぎる。
 ひどすぎてツボりました。

 しかし最近の録画機器は延長に対応してくれるものも多いから、最近はなかなかこのネタ見ませんよね-。

すわっぷすわっぷ

 春子への誕生日プレゼントとして、夏子が春子の体を内緒で全身コーディネートするお話。
 久々に入れ替わり全快の、ツボなシチュエーションでした。

 夏子ちゃん、全身コーディネートに加えてお菓子代まで支払うだなんて、春子の誕生日のためにかなりの出費をしていますよね。
 彼女の本気がうかがえます……。

 しかしそれは置いておいて、自分は着られないカワイイ服を試着したけど、はしゃいだ姿が春子の普段のイメージと違いすぎるから静かにしてと怒られ、入れ替わりつつも春子っぽい仕草をする夏子が素晴らしく良かったですね。
 入れ替わりという不思議なシチュエーションだからこその展開を久々に味わえた気がします。
 満足。

 それにしても、五月は完全に5月生まれだと思ってましたが、まさかの春生まれでしたね-。
 謎のビックリ。

エクソシストと魔法の悪魔

 
 実はこの作品、先月までは読んでいなかったのですが、今月のお話は何となく目に留まって読んでみました。
 第1話あたりの内容はある程度把握しているのですが、先月分なんかは全く記憶にない状態での読書です。

 今月は、前回登場した新キャラ天使のお話。
 これと言ってどこが面白かった……という点はないのですが、なんとなく絵とキャラクターの雰囲気が合っていて良いな、と思いました。
 
 んー、もしやこれがドキドキ☆ヴィジュアル4コマというものの奥深さなのでしょうか。(萌えという概念に初めて触れたロボットのように)
 

ひだまりスケッチ

 来月もセンターカラーの、ひだまりスケッチです。
 大事なのはセンターカラーという点よりも、来月も掲載されるという点ですね。3ヶ月連続で掲載されるのは珍しいんじゃないでしょうか。

 今回は扉絵からお話の内容まで茉里ちゃん中心の回。
 夏休みの宿題をお片付けです。

 何の因果か、同じく作中では独自の時間が流れ、ゆっくりと季節が巡っていく作品である「まちカドまぞく」とネタがかぶっているという……。
 季節ネタにしちゃあ遅いですからねぇ、まぐれでしょう。
 
 
 最初の1ページは茉里ちゃんの服可愛いっていう感想しか出てきませんでした。
 ネタとしちゃあね、茉里ちゃんが宿題残すのは予想の範疇ですよ。
 ……と思っていたのですが、なんと茉里ちゃんが宿題をため込むのはこれが初めてとのこと。ちょっとくらい、たがが外れちゃうのはしょうがないかもしれませんね。でもだからと言って全部やってないのはダメダメすぎる……。(なんとここでもまちカドまぞくとの共通点が!)
 
 それにしても1日で美術以外の宿題を終わらせちゃうのはさすがの茉里ちゃんですね。
 でも可愛さではなずなも負けていない……。

 さて、次回はおそらく水着回? 楽しみに待ちましょう。

まちカドまぞく

 こんにちはー! 3巻発売おめでとうございます!

 ひだまりスケッチの感想で言ったように、ネタがかぶった今回は夏休みの宿題を片付けるお話です。
 やればできる茉里と同じく、こちらでもハイスペックな桃が宿題を全くやっていないという……。まあ宿題をやる能力と成績の良さは比例しないからしょうがない。

 笑いどころハイライトは意外とポンコツ成分多めの桜さんでした。
 こうやって桜さんに関する何気ない過去を桃が話してくれたりというのも、夏休みの大冒険のたまものですね。しかしそれにしても桜さんの一言はずるい……、こんなの笑うしかないじゃないですか。
 まあ、それと同時に桃のちょっと暗めの過去にも触れることになって、考えさせられるシャミ子だったのですけどね。

 も一つ好きなのが「記念日とか気にするタイプのまぞく」。
 記念日とか忘れるタイプの魔法少女に対し、めちゃくちゃに憤慨するシャミ子が面白可愛かったです。
 そして怒られる……。相当騒ぎまくったようですね。

 その他、桃の装飾だけプチ変身とか、ひだまりスケッチのなずな以上にポンコツ感が出てしまったシャミ子やら、今月号も内容が濃くて大満足でした。

おわりに

 
 今月号は10ページもあったアニマエールとか、その他主力連載陣も楽しく読ませてもらいました。
 最近はアニマエールも結構好きです。こはねと宇希の組み合わせが好き。

 来月からはブレンド・Sのアニメ化に伴いキャラットの値段が高くなる3ヶ月の始まりですね。
 まあ値段の話は冗談にしても、「恒例の」って感じです。
 
 現時点だと、私はまちカドまぞくのオマケでもない限りは付録にはあまり興味がないので、どうしても値段が先行してしまう節がありましてですね……。
 ブレンド・Sの付録を楽しみにしている方に対してこの内容を見せるのはどうかと思いますが、さすがに毎年色んな作品の付録が付いてくると、全部が全部欲しいオマケって訳でもないですからね。

 久々に2期が放送されるまでの人気になったNEW GAMEに続いて、ブレンド・Sのアニメ化はどうなるのでしょうね? 動向に注意しながらも、どちらかというとマンガの方を楽しみに来月を待ちたいと思います。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA