CODWW2のマルチプレイ感想


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 発売日から少し経ちましたが、毎日飽きることなく遊び続けています。
 BF1については長いこと遊んできましたが、CODシリーズはIWをちょっと触った程度で、まだまだ全然強くなれません。
 一応BF1でFPSの基本は培ってきたので、時にFPS初心者相手に高いキルレを出したりしてキルレ1は越しているのですが……中級者以上ばかりが集まった部屋に入ると一気にキルレ0.5とかもまだポンポン出してしまうくらいです。
 
 CODは難しいなぁ……とは思いつつも、新しい武器のアンロックなどをモチベーションに遊び続けています。
 実はもう、全武器アンロックしてレベル1からやり直しているのですが……、これからは強くなることを目標にまだまだ遊び続けていきたいですね。何だかんだ楽しいので。
 


スポンサードリンク

撃ち合いの楽しさ

 
 これはFPS全般に言えるのかもしれませんが、ネット対戦でどういう行動をしてくるか読めない相手と撃ち合うのは楽しいです。
 トリガーハッピーなんていう言葉もありますが、ゲームだと本当にトリガーを押しているだけでハッピーな所がありますからね。自分の行動が「敵を倒した!」「やられた!」という結果できちんと返ってくるのは面白い。
 
 CODWW2は敵も味方も空を飛んだりしないので、慣れていないうちからもきちんと撃ち合えるのは大きいです。たまにどこから撃たれたのか分からないこともありますが、大抵は「あそこにいる! 撃つぞ! やられた!」って感じですから。
 そんなわけで慣れないうちからも上級者と「撃ち合える」のは一つの楽しめる要素だと思います。まあ、撃ち勝てるとは言いませんがね。

アンロックの楽しさ

 
 CODでは戦い続けることで武器や、基礎トレーニングという特殊能力をアンロックすることができます。
 レベルが上がっていくことで新たな武器が手に入るというのは単純に嬉しく、遊び続けるモチベーションが上がりますね。
 
 武器は上のレベルほど強い……なんてことはありませんが、どんな武器なのだろうと楽しみにしながら次のレベルを目指すのはとてもワクワクします。(ローカルプレイを遊べばどんな武器か確認できるとか言わない)
 まあ、せっかく解放しても全く使わないまま……っていうパターンも多いですけどね。
 
 基礎トレーニングの中には近接武器のシャベルしか装備できなくなるというものや、ハンドガンを二丁持ちするというネタみたいなものもあって面白いです。
 これが新世代のブキ、スプラマニューバ!!
  
 全武器アンロックを目指すだけでも20時間以上遊べるので十分なボリュームはありますね。

しかし難しい

 
 そんなこんなで楽しい要素はありますが、やはりFPSには上級者プレイヤーがウジャウジャいて、最初から活躍するというのは難しいです。チームデスマッチの参加人数は最大12人なので初心者ばかりの部屋に入る可能性もなくはないのですが、大抵上級者と初心者がごっちゃになって対戦することになります。
 正直、全然勝てないことも多い……。
 BF1では強くなったのに、CODはとても難しいなぁと感じます。
 BF1と違って私がそこまで得意でない接近戦が多いのも理由の一つでしょうが、プレイヤーの反射速度とかがBF1の比じゃないんですよね。相手がいるのをわかっていて飛び出しても、負けてしまう場面が多いです。悲しい。
 
 まあまた、初心に戻ってCODで戦えるようにプレイし続けていきたいですね。
 それが今のモチベーション。

終わりに

 
 ついに発売されたCOD最新作ですが、シンプルな撃ち合いが楽しめるという点で個人的にはかなり面白いと思っています。
 しばらくはBF1を止めて、このゲームを遊び続けていきたいですね。
 
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA