ゼノブレイド2ダイレクトを見ての感想


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 今週の火曜日にゼノブレイド2ダイレクトがありました。
 リアルタイムで見た上でTwitter上の交流なんかを放送後1時間程度たしなんだりと、結構盛り上がりましたね。近頃では個人的に最も熱くなったダイレクトでした。

 ちょいと時間は空きましたが、感想記事を書いていきます。
 面白かったのはナレーションのあるダイレクトながら、ストーリー面はしっかり没入感のある紹介をしてくれた点と、バトルやカスタマイズに関する情報が色々明かされた点ですね。
 元から今年発売されるソフトとしてはゼルダと並んで1番期待していたのですが、いよいよ発売が近づいてきて楽しみになってきました。


スポンサードリンク

ストーリーについて

 ナレーションによる進行が基本になるニンテンドーダイレクトですが、ゼノブレイド2ダイレクトでは一番最初にPVが流れました。
 まさか冒頭から主人公のレックスが死んで……とか、ヒカリとホムラが同一人物だった……とか、かなり衝撃的な展開が明らかになって驚きましたね。
「ヒカリの部分とか、ダイレクトで明かしていいのっ!?」ってくらいに初PVの時からヒカリの存在が気になっていた私としては衝撃的な事実だったんですが、まあ大丈夫なんでしょうね。これくらいならネタバレしても本編のストーリーでもっと皆を楽しませる自信があるのでしょう。
 
 まあゼノブレ1でフィオルン関連をさらっとネタバレしてくる公式だから、ネタバレにそこまで注意していないだけかもしれませんけど。

 
 しかしこれでレックスとホムラの関係が普通じゃない理由が分かりましたね。
 本来なら「ドライバーが死ぬとブレイドも死ぬけど、その逆はない」ところが、レックスとホムラの場合はどちらが死んでもアウトというのは、レックスの命がホムラから分けてもらったものだからなんでしょう。
 
 しかしホムラにはもう一つヒカリという姿があったりと、謎が多そうですね。
 早く本編ストーリーを遊んでみたいです。

システム

 
 ブレイドのカスタマイズ方法や、バトルシステム、ハラナイズなどの要素が明らかになりました。
 
 
 ブレイドのカスタマイズは、通常のRPGにおける武器枠の強化に当たるものですね。
 ゼノブレイドシリーズの特徴であるアーツもここで選択できます。
 色々とバトル前に準備できることが多いので、色々いじくるのが捗りそうですが、ブレイドごとに設定しなきゃいけないので全部いじろうとしたら大変かもしれませんね。
 特攻系のカスタマイズなんかは、ゼノブレイドクロスの時のように格上狩りなどで暴れそうな予感がプンプンします。
 
 
 バトルシステムでは3つのコンボと、チェインアタックについて説明されました。
 ドライバーアタックについては崩し、転倒に加えて打ち上げと叩きつけが追加されました。
「コンボ中は敵の攻撃が止まる」と説明されていましたが、今作では崩し状態でも敵の攻撃が止むのでしょうか? それともいつも通り転倒以降? 
 なお、今作ではチェインアタックでアーツが使えないため転倒継続コンボが使えなくなっています。正々堂々、別のハメ手を考えたいですね。
 
 2つめはブレイドコンボ。
 必殺技を決められた属性順で繋げることで大ダメージと相手のデパフを狙えるというもの。必殺技を使えるブレイドを3体用意しておいて次々切り替えて必殺技を連続で使う、味方の必殺技を挟んで操作キャラで2回必殺技を行う、などが基本の出し方でしょうね。
 また、このコンボで属性玉というものが獲得でき、これがチェインコンボの威力を上げるために重要です。
 ゼノブレイド2では、1の転倒チェイン、クロスのオーバークロックギアのように、属性玉からのチェインアタックというのが大ダメージを与えるための一つの手法になってきそうですね。レベル上限超えのユニークモンスターには別の戦い方があるにしても、ストーリー上はこれで十分戦えそう。
 
 3つめはフュージョンコンボ。
 ドライバーコンボで転倒などさせた状態でブレイドコンボを決めると発動できる。これはブレイドコンボよりも強力なんでしょうが、これでも属性玉は出るんでしょうかね? 出なかったらチェインアタックの強さによってはフュージョンコンボを発動しない方が良いということにもなりそう。
 
 基本は転倒などを狙いながら、必殺技が貯まったらコンボをつないで大ダメージを与える……というのが良さそうですね。
 となると、バトル中はブレイドを切り替えて全ブレイドが必殺技を使えるように戦うべきでしょう。自分なりに強い戦い方を探していきたいです。

 
 ハナライズは、わざわざこれだけのために専用UIとか作っちゃって面白いです。
 JSモード、JKモードがあるということは、ハナにはまだJCモードやJDモードの可能性もあり、なんだか夢が広がりますね。JSとJKはバトル中に切り替え可能なのが映っていましたし、あと2モードはあってもおかしくないですし。
 個人的には、レベル上限超えのユニークモンスターと戦うときにハナが大活躍しそうな予感がするのですが……ハナライズでハナを超強化できたら良いですね。

追加コンテンツ

 
 ゼノブレ2ではエキスパションパスが発売され、追加のクエストやストーリーが追加されるようです。
 正直ゼノブレ2レベルだと8000円でも開発者に還元できていないでしょうし、まあ特に文句はないです。期待したい追加コンテンツが2018年の後半に固まっちゃってるのは、ちょっと残念ですけどね。
 
 その期待したいコンテンツというのは、レアブレイドとチャレンジバトルモード、新たなストーリーです。
 レアブレイドはまさに追加コンテンツという感じですが、過去作関連のブレイドが出てきたら面白そうですね。
 チャレンジバトルモードは、いつものようなプレイヤーのレベル上限を超えるようなモンスターの他に、更にバトルを楽しむためのモードでしょうね。もしかしたら、プレイヤーの装備やレベルなどが制限されたりとかもあるかもしれませんけど、まあゼノブレとクロスの戦闘システムは好きなんでこれも楽しみです。
 そして新たなストーリー……って何やるんでしょうね。本編に期待しているので、追加されるストーリーに過度な期待は寄せるつもりはありませんが、さすがに気になります。
 
 特に楽しそうなチャレンジバトルモードが夏まで待たされるというのは、ちょっともどかしいですね。
 

終わりに

 もうゼノブレ2発売まで1ヶ月切ってるんですよねぇ。
 今回のダイレクトでいよいよ発売が近づいてきたと感じさせられました。ゼノブレ2は主人公が喋ることからも久々に濃厚なストーリーなどが期待できるRPGなので、期待度は高いです。多分発売されたら、夢中になって遊びほうけちゃうでしょうね。それくらい軽く予想できるくらいには楽しみです。
 
 12月1日を今からカウントダウンしたくなるような気分で、筆を置かせてもらいます。
 それでは。
 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA