スペルビアでのトラ・ハナ離脱時の対処法「ゼノブレイド2攻略」


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 皆さんゼノブレイド2は楽しんでいるでしょうか。
 私は寝ても覚めてもゼノブレイド2、ゼノブレイド2のことばかり考える日々を送っています。結局届いたのは2日の夜だったので、最前線で攻略している組からは遅れちゃってるんですけどね。

 さて、そんな私ですが1つストーリー上で苦戦した場所を発見しました。まあ苦戦したのは1箇所だけじゃないんですが、タイトルにも書いてあるところです。
 他と違ってポイントさえ押さえれば数回の試行で突破できるけど、そうでなければいつまでも止まったままになりそうな場面だったので記事にしました。


スポンサードリンク

難所(ターキン・バニット)

 
 レックス・ニアだけで戦うことになって、扉を閉めたターキンを倒さなければいけない場面。
 ここで躓く人は少なくない気がします。

 正確にメモを取っていないのですが、Lv33のターキンと、一回り小さいターキン、バニットの3人組ですね。
 
 厄介なのはバニットの転倒からの33ターキンのトドメノヤリ(名前間違ってるかも)。
 転倒効果だけでも厄介なのに、1撃で瀕死まで持っていかれる技を使うターキンと組んでいる敵と、タンクがいない状態で戦うことになる……。
 これは苦戦します。

 地味にやられた後の復活ポイントが遠いのも厄介なところ。
 結局私は5,6回は往復(帰り道の記憶はない)することになりました。

攻略

 
 まず3人組との戦いですが、やられ方としては2通り考えられます。
・バニットの転倒を受け、33ターキンのトドメノヤリを食らう
・33ターキンの攻撃で押されて負ける

 おそらくですが、この2通りが主かと。
 私のそのときのレベルはあまり宿屋を使わず、寄り道はほどほど(たぶん34±1くらい)だったので、人によってはもっと苦戦したり、楽勝だったりするのでしょうが……。

 1つ目のポイントに対処するには、バニットを速攻で片づけるか、33ターキンを速攻で片づける、もしくは転倒耐性を付ける必要があります。
 転倒耐性はブレイドやアイテム、コアなんかでつける必要がありますが、これは人によっては全くドロップしないので万人に共通の突破法ではありません。

 2つ目のポイントはトラがいないことにより、レックスかニアがダメージを抑えきれないことにより生じる可能性があります。
 これはブレイドを使ってどちらかをタンク役に特化させるか、33ターキンを先に倒してしまうことが必要です。

 両方に共通するのは33ターキンを先に倒せということ。
 もう1匹の弱いターキンは無視してかまいません。
 33ターキンは攻撃力は強いけど、体力の方は他のモンスターと同程度のため、倒すならもう一つの負け筋を潰すためにも33ターキンからやっつけてしまった方がいいでしょう。

 そのやっつけ方ですが、出会って5秒で即転倒させてくることもあるようなバニットがいる状況で悠長に戦ってもいられません。
 開幕10秒程度でパーティを崩壊させられた恨みは忘れない。……まあ、これから言う方法も5秒で転ばされたらさすがに実行できないのである程度バニットがゆっくり転倒させるのを待つしかありません。
 
 倒し方は基本的にチェインアタックを開幕33ターキンに当てる、ただそれだけです。
 
 チェインアタックはパーティゲージ3つを消費してダメージ倍率マシマシで必殺技をつなげる大技。
 2人だけ、それに属性球もない状態で発動するとだいぶ弱っちく感じられるかもしれませんが、最初からある程度必殺技ダメージ倍率が高くなっているので2人で発動しても33ターキン相手にだったら2/3程度のダメージは与えることができるでしょう。
 
 発動方法は事前に部屋の外でターキン3人組くらいと戦いパーティゲージをMAXにしておき、戦闘終了後に急いで33ターキンたちの元へ向かう、というもの。
 パーティゲージは前の戦闘のものをある程度引き継ぐので、戦闘終了から時間が経過していなければ33ターキンに1回必殺技を使ったくらいでチェインアタックを開始できます。

 これが決まったら、あとは無事にターキンを倒せることを祈るだけ……。
 33ターキンさえ倒せれば、あとは大ダメージを食らう要素もないので、回復が得意な2人なら問題なく倒せるでしょう。

 以上、倒し方でした。

感想

 
 以上の方法を2回ほど試したら倒せましたけど、これゼノブレイドシリーズに慣れていない子供が触ったら絶対詰まるだろ……って思わされる場面でしたね。
 宿屋使ってればよかったかも、ってこの時初めて思いました。その後に参入するキャラのレベルとかもこちらより一回りレベルが高かったですし……。
 
 しかしまあ、今回やられる原因にあった2点なんですけど、これってトラがいたらあまり苦戦することもなかったのかなぁ……ということを考えさせられますよね。
 まずトラは初期からあるスキルRAMだったかで相手のリアクションを1度無効化できますし、ヘイト集めからのガードで転倒コンボさえなければまずダメージレースに負けることはないでしょう。
 
 やっぱりゼノブレイドの高火力主人公はヘイトを集めてくれる味方がいてやっと本来の火力を発揮することが可能なので、タンクのありがたさったら半端じゃないですね。
 

 まあこのあたりはストーリー上ではきちんと戦えば大抵の敵にはスムーズに勝てるようになっていた状態だったので、ちょっと苦戦するくらいの方が楽しかったんですけどね。後半移動が面倒になったのはありますけど……。
 今の私はゼノブレ2にドはまり中なので、大抵の障害は楽しいの一言で片づけられる自身があります。
 
 ではでは、まだまだ続きを楽しみましょうかね。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA