暴虐巨神獣クロダイル撃破レポート「ゼノブレイド2」


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。


 
 レベル130のユニークモンスター、暴虐巨神クロダイルを倒しましたのでそのレポートを書こうと思います。
 というか、100越え倒す度に書こうと思っていたのに1番最初に倒した100越えが130のクロダイルって…………。ゼノクロなどに比べると結構バトル面はゆるーい感じになってますよね、ゼノブレ2。.

 ちょっぴりずるい勝ち方をしたのですが、一応勝利は勝利。
 今回はそのレポートをしようと思います。


スポンサードリンク

倒し方

 正直、クロダイルは倒すだけなら他のユニークモンスターよりも倒しやすいです。
 というのもクロダイルはHPが減るごとに強くなっていく類のモンスターだからです。今回はこちらのレベルが87,88,88という低レベルだったのですが、最初はそれでも十分戦えるくらいの強さしかありません。
 
 よって倒し方は

  1. HP3/5くらいまで減らす
  2. 属性球×8チェインアタックでとどめ

 という流れで行くことに決めました。

 これを通せればクロダイルの姿が変わる前の状態から一気にとどめまで持っていけます。
 ただちょっぴりズルっぽいので、いつかはチェインアタック縛りで倒せるようにしてみたいですね。

パーティ紹介

 まずは全体の構築から。

 チェインアタックで属性球8つを割りたいので、まず全属性のブレイドを使うことは確定。

 ゲーム性から言って盾役はほぼ必須のため、トラかメレフから選択。
 私はハナライズを進めるのがめんどくさくて進めていないので、自然とメレフに決定。
 素早さを上げるため全員素早さ+50武器を持たせます。カグツチ、ワダツミが決定し、残りはブレイドの補正が素早さにかかり、武器が刀であるという条件を満たすコモンブレイドを採用。
 ここで3属性火・水・闇枠が決定。

 攻撃役として最強の天の聖杯も確定。
 まあ実際はヒカリだけでゴリゴリ敵の体力を削っていけるため、クロダイル戦以外でも常にヒカリはエースアタッカーです。
 というわけでレックス参戦。まあ、ごたごた言う前に光属性を入れるために確実にレックスは入るわけですがね。
 ブレイドはまだこの時点では未定。

 残りの1枠はニア、トラ、ジークから選択です。
 2盾もありかなぁって思いましたが、ハナライズをやってないのを思い出して結局トラはベンチ入り。強いけどめんどくさい、それがトラ。
 ニアは唯一純粋なる回復役になれるためストーリーでお世話になりましたが、全体攻撃に対しての1撃死が多すぎてゴメンしました。一旦お祈りメールを送ります。
 消去法でジークを採用。筋力、HPが高いためニアよりも生き残りやすいだろう……と考えていましたが、まあ結局サイカの物理防御などが低いのもあって1撃死は多発します。ただしニアよりも攻撃力が高く、サイカはオートアタック攻撃力4桁まで行く火力の持ち主のため、この採用はなんだかんだ悪くないと感じました。

 ジークのブレイドは当たったレアブレイドから氷属性のツキを選択。
 残り、まだ入ってない属性は地、風ですね。

 ジーク採用から回復役がいなくなったため、ここでレックスが回復役もこなせるように今度はニアをブレイドとして採用することに決定。
 残り二枠で地・風。
 属性球が出せないという事故を防止するためにボールメーカーのスキルを採用したかったため、レックスの残りは風のボールメーカー持ちコモンブレイドを採用。
 よってジークの最後の1枠は地属性に決定。レアブレイドがいなかったため、地属性の中からトレジャーセンサー持ちを採用して全体の構築は決定しました。

レックス


 実際はこの5レベル下で戦ったため、一回り能力値が小さくなっていると考えてください。

 アクセサリーは世界樹の雫スケルフード
 世界樹の雫はブレイドスイッチの度に与ダメージ10%アップで、最大250%アップ。長い戦いでは、攻撃力アップにはこれさえつけておけば問題ないでしょう。
 スケルフードはヘイト減少量が32%アップ。ヒカリの火力が他のメンバーに比べて明らかに高いため、これがないと結構ターゲットをメレフから奪っちゃうんですよね。今回採用したメレフは火力が本当に低いですし、攻撃力アップや他の魅力的な装備を泣く泣く断念し、ヘイト減少に当てました。

 ポーチの中身はナルシナシゼリー蜜豆おはぎ
 ヒカリ×アーツリキャスト回復は私のお気に入りで、ルクスリア辺りからずっとこの組み合わせで戦い続けています。この一人オーバークロックギア状態が快適すぎてもうね。
 合計すると、
・アーツリキャスト回復0.7/s
・物理被ダメージ6%ダウン
・エーテル被ダメージ3%ダウン
 
 ブレイドについてはこう。

ブレイド ホムラ ヒカリ ニア セキレイ(コモン)
ロール 攻撃 攻撃 回復 回復
武器 アクセルソード 叛逆の剣 オリハルコンシミター エターナルボール
オートアタック 891 634 759 482
アシストコア 高HP攻撃アップ2 会心アップ4 スイッチ短縮5  
  必殺技4強化2 スイッチ短縮5 キズナMAXバリア3  
      必殺技1強化1  

 ヒカリ以外のアシストコアが適当過ぎる……。
 ヒカリは攻撃役ですが、クリティカル率を重視して攻撃力は低めの武器を持たせています。正直ここはどうするのが正解なのかわかりませんね。ヒカリは快適さを重視してクリティカル高めでやっています。
 ホムラはオートアタック891程度まで上げ、初期の頃に付けたアシストコアのまんまです。5章以降ほぼホムラで戦っていなかったため武器だけの強化となりましたが、ブレイドコンボの威力が非常に高いためホムラも強いですね。ここに来てホムラも強いなぁと気が付きました。

 ヒカリとニアにスイッチ短縮を持たせているのは、世界樹の雫との相性の良さというよりは「急に回復が必要になった」「急にローリングスマッシュでヘイト低下させたくなった」場面での事故を減らすためですね。
 事故さえ起こらなければゼノブレ2のバトルは勝てる。

 
 基本はヒカリがダブルスピンエッジとローリングスマッシュを連打しゴリゴリダメージを稼ぎ、時にニアで回復、メレフからの繋ぎでホムラのチェインアタック……という感じでパーティの攻撃を一手に担っています。
 ボールメーカーで早めに属性球を用意しておくのも忘れないようにしましょう。光・火・水は出しやすいけど、他は基本ボールメーカーとの併用で属性球を付けていきます。

 ちなみに、聖杯の剣でソードバッシュではなくダブルスピンエッジを採用したのは後ろに立つと強烈な薙ぎ払いが飛んでくるから。前も後ろも強烈な技が飛んでくるため、クロダイル戦は横から叩くのが安定ですね。

メレフ


 2人目に配置。チェインアタックの関係上、火力のないメレフを3人目に置いてはいけない……はず(検証はしてない)。
 
 アクセサリーはエステルシューズ銀鳥の花飾り
 エステルシューズは素早さ32%アップのためメレフには必須のアクセサリー。
 銀鳥の花飾りは戦闘がヘイトを一定量持った状態で始まるというもの。正直間違ったと思っている。高レベルモンスターがウジャウジャいる戦闘のために持たせていましたが、クロダイル戦では乱入してくるのはレベル50もないモンスターだけなのでこれはいらなかったですね。
 攻撃力アップ、チェインアタック倍率アップなどの方が良かったかと。

ブレイド カグツチ ワダツミ ツルバミ(コモン)
ロール 防御 防御 防御
武器 チャリオットサーベル 神秘の太刀 神秘の太刀
オートアタック 363 352 402
補正 素早さ15% 素早さ15% 素早さ10%
アシストコア キズナMAX回避4 アーツヘイト増加5 集中回避1
  集中回避5 集中回避5 必殺技1強化1
      ヘイト上昇2

 一人だけ攻撃力がおかしい。

 ルクスリア辺りから全く攻撃力が上がってなく、一人だけ過去に生きているような武装具合です。にもかかわらず盾役として非常に安定して働いてくれるのが恐ろしいところ。トラの数倍育成が楽で、また違った強さを持っています。
 というか攻撃力が一番高いのがコモンブレイドってどゆこと?

 全員補正が素早さにかかっている上武器で素早さをアップさせている上、アシストコアで集中回避を付けているので一人でも粘り強く生き残ってくれます。
 また、ヒカリのバトルスキルである因果律予測と合わせることで、回避盾としてはこれ以上ないくらいに輝くことができるんですよね。強い。

 けど攻撃力はそこはかとなく弱い。
 本当に盾役のみなので、攻撃は他二人で頑張るしかないです。あと攻撃力が弱いからちょっとヘイト集めが不安定になったりしますが、そこはレックスのローリングスマッシュなどでカバーしたいところ。というか、メレフの攻撃力が高ければレックスのアクセサリーにヘイト減少を付ける必要はないんですよねぇ……。
 攻撃力を高めるべきなのか、盾としての役割に特化させるべきなのかは微妙に考えどころです。

ジーク・B・極・玄武

 ジーク・B・極・究極・玄武やっ!!

 
 ストーリーではあんまり使っている人がいないと噂のジーク・B・極・玄武さん。
 能力値は高いんですけど、あんまりパッとしないんですよねぇ……。

 とは言え、筋力が高くサイカの攻撃力も高いため火力はかなり出ます。
 このパーティではメレフの火力が低いので、正直高い火力は助かりますね。
 
 アクセサリーはチタニウムベストアバンギャルドメダル
 チタニウムベストはHP32%アップでジークをやられにくくし、アバンギャルドメダルはクリティカルダメージの21%回復ということで、これもやられにくくするためですね。
 アバンギャルドメダルはあんまりいらなかった気がします。攻撃アップ系を付けてもよかったかもしれません。

ブレイド サイカ アトリ(コモン) ツキ
ロール 攻撃 攻撃 回復
武器 オリハルコンエッジ エターナルアックス オリジンボール
オートアタック 1008 731 433
補正 筋力10% HP10% 器用さ10%
アシストコア アーツヘイト低下5    
  支援上手1    
  必殺技3強化1    

 ブレイドはサイカ以外アシストコアも適当で攻撃力もあまり高くありません。
 ツキは結構回復薬としてうまく働いてくれていた気がします。

まとめ

 
 改めてパーティを見直してみると、かな~り適当ですね(笑)。
 細部までこだわってカスタマイズせずともレベル40以上上の相手に勝てるということで、今作のバランスは無印、クロスに比べてだいぶ緩くなっていると感じます。そもそもクロスはレベル上限が60、ドール戦ありで、いろいろと1,2とは違うところがありますが……。

 
 そして実際に戦ってみてどうだったかというと……。
 3/5くらいまでならクロダイルの攻撃も安定してしのげるので、そこからホムリ覚醒して1発ブレイドコンボ決めた直後にチェインアタック発動。
 メレフで1つ割って、ジークで2つ目割って、メレフで3つ目、最後にサイカで4つ目を割ることでちゃんとカンスト以上のダメージをたたき出すことができました。
 
 他に特筆すべき点と言ったら、ジークの背面特攻アーツを間違えてセットしてしまい、途中ジークが死にまくる……という事態が起こったくらい。背面特攻、前方特攻は外した方が無難ですね。

 
 ちなみに天の聖杯の覚醒を縛っても、カンストダメージは入るという情報もあるので、そこの縛りはあまり意味がなさそうです。
 ボールメーカーも安定性を上げ、コンボスピードを増すことは可能ですがあってもなくても勝てる相手には勝てる、負ける相手には負けるスキルのため縛りはほぼ意味なし。
 
 やはりチェインアタック縛りで勝てるかどうか……というのがまた一つの目標になりそうですね。
 まあ、そのあたりはレベルカンストさせてからやってみましょうか。

終わりに

 
 これで現状確認されている最高レベルのユニークモンスターを倒してしまったわけですが、実はまだ桜花一刀流のダンなどは倒せていないため(倒していないのではなく)そこら辺をちょっぴりペースを緩めながら攻略していこうと思っています。
 こうなってくると追加コンテンツに予告されている来年夏のチャレンジバトルモードや、秋の新ストーリーが待ち遠しくなってきてしまいますね。

 それまでクエストを進めたり、縛りプレイをしたり、他のゲームを遊んだり、のんびり遊んでいこうと思います。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA