BFVトレーラーの感想と、私がBFVにワクワクした理由


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。


 
 ついにBF5のトレーラーが初公開されましたね。
 ここ数日忙しかったため、トレーラー発表後すぐにブログ更新できなかったことが悔やまれますが、遅ればせながら感想とトレーラーを見てBF5に対する期待が爆上がりした理由について書いていこうと思います。


スポンサードリンク

感想

 全体としてとても色鮮やかなのが印象的でした。
 戦争を描くFPSとしてここまで緑が映え映えとした作品はなかなかに珍しいと思います。大体雰囲気を無骨にするためか彩度は低めですからね。
 明るさだけで言えばEFT以上、フォートナイトとかスプラトゥーンに近いくらいの色合いだと思います。もちろんBF5の方がよりリアルなわけですが。

 
 そして建物がガンガン壊れていく様子も印象的でしたね。
 もちろんBF1などでも建物に戦車砲をぶち込めば崩壊していきましたが、銃弾が貫通した場所に穴が開くって言うのはシージではよく見る光景ながらBFではなかなか覚えがない光景です。
 個人的に弾の壁抜けはあんまり好きではないためそこはまあ……って感じなんですけど。

 
 そしてヘッドホンで聴くとサラウンドが忙しい飛行機墜落シーンが終わり、銃を撃つシーン。
 最初に見たときは思わず驚いてしまうほどの高レート高威力でしたね。LMGなのにBF1のオートマチコくらいのレベルで敵が瞬溶けしてました。
 
 その後ロケットが飛んでくる流れでトレーラーは終了。
 事前の短い映像にもあった「分隊員がスポーンしました」という表記とともにスコアアップするやつは、マルチプレイだからではなく、仲間の女性兵士がやってくることに対応した表現だったのでしょうね。
 ロケットは分隊長が指示を出すことで飛ばせるということで、BF5ではぜひ分隊長になって遊びたいものです。
 BFは兵士の撃ち合いだけでなく、戦車や飛行機に乗ってプレイすることもでき、仲間の蘇生や弾薬支援、スポットといった強力プレイも大事なので初心者が遊んでもある程度役割をこなせて楽しいゲームだと思うのですが、そこに(多少操作を覚えとかなければいけないとはいえ)ロケット発射の指示を出せたりする分隊長システムが加わることで、また初心者にとって楽しめる要素が増えたと言えるでしょう。
 もちろん上級者が分隊長になった方が的確にロッケトを飛ばせたり味方の支援をできるでしょうが、たまには他の人に譲ってあげるといいかもですね。

期待が爆発した理由

 
 私はもともとBF5を楽しみにしていたのですが、このトレーラーを見てからは自分の次回作に対する期待がCODBO4とBF5で比べ物にならないことを自覚しました。
 個人的にはBF5の方が何度も映像をリピートしてしまうくらいワクワクするんですよね。

 その理由は、ほぼトレーラーの1シーンで語れてしまいます。
 それがこのシーン。

(前述動画より引用)
 
 この初めて銃を撃つシーンに、完全に心を惹かれましたね。
「あっ! このゲーム絶対楽しい!!」
 そう私は確信しました。神ゲーとかそういうことを言うつもりはないですが、プレイしていて、操作していて絶対楽しいだろうな。という確信を得たのです。

スライディング

 
 BF1では、発売からしばらくはスライディング撃ちという行為が結構強かったです。相手視点からはかなり速くうごきながらも、角待ちしている敵を撃てるという点などが優秀でした。
 その他にもスライディングキャンセルという技を使うことで何度も連続してスライディングを使うことができ、遠距離から狙ってくる敵の弾をかわしやすかったりしました。
 つまりはまあ、スライディング自体が強かったわけです。
 
 ただその後のアップデートでスライディングは弱体化しました。
 スライディングキャンセルはそれ自体できなくなり、スライディング後は硬直が生まれることに。
 スライディング撃ちも使いにくくなり、そこら辺で私はBF1をあまり遊ばなくなったように思います。
 
 だってスライディングめっちゃ楽しかったんですもん!!
 確かにリアル風なFPSという点から言えば兵士がスライディングからのスライディングを行っているのはおかしいことですが、個人的にはタイタンフォール2のブーストジャンプと同等レベルに操作していて楽しい動作だと感じていました。
 なんか、こう、かっこいいじゃないですか!
 ジャンプしながら敵を倒せたときみたいに、スライディングしながら倒せるとテンション上がるじゃないですか!
 それができなくなったことに私はかなりショックを受けたわけなんです……が。

 BF5のトレーラーでは兵士が弾を撃つたびに楽しそうにスライディングしているではないですか! スライディングキャンセルはもう使えないと思うのですが、「これはスライディング撃ちの復権か!?」とすごく興奮しましたね。
 
 ただ、この記事を書きながら改めて考えると、5のスライディングは野球選手みたいな深いスライディングをしているため、角待ちを倒そうとスライディングすると相手視点から足が先に見えてしまうため逆に弱い気がします。
 BF1みたいなしゃがみ状態で滑るようなスライディングがなかった場合は、角待ち対策のスライディングは使えなさそうですね。
 ただ、このトレーラーを見ているとスライディングしながら戦うのも十分強い戦法にしてくれそうな気がするので、楽しみなのは変わりません。
 

銃声

 
 すごくエモい。
 
 ジャララララララ!! って感じで響いてくる銃声が素敵ですね。
 銃声ってそこまで重要? って思う方もいるでしょうが、個人的に銃声ってけっこう大事な要素だと思います。とくにBFでは結構弾をばらまくことが多くなるので、銃を撃っていて気持ちいいかどうかはゲーム自体の面白さにかなり関わってくると思うんです。

 私がそこに気づいたのはCODWW2を遊んだ時で、PPSHの弱い銃声は撃っていてあまり楽しくないことに気が付いたんですよね。もちろんあの音が好きな人もいるでしょうが、とりあえずBF5のトレーラーではLMGの重い銃声がきちんと聞けたので満足です。
 ハンドガンの音も結構響いてましたからね、好きです。

理由まとめ

 
 以上2つの点は、要するに「スライディング、銃を撃つという行為自体の楽しさ」が保証されているということです。
 私はゲーム、とくにFPSの好き嫌いにおいて「キャラクターを動かしていて楽しいかどうか」をかなり重要視しています。
 長く遊ぶFPSでは、特にそこを重要視しているわけです。

 そして以上の理由2点から、「もしも私がBF5のゲーム性に慣れることができず散々な戦績ばかり叩きだしたとしてもBF5というゲームを楽しめるだろう」という確信に至ったのです。
 だから神ゲーかどうかは知りませんが、絶対楽しいだろうな、と思うわけです。

その他気になる点

新武器はどうなる?

 
 動画に出ていた新武器ですが、正直火力高過ぎですよね。
 BF5はBF4みたいな撃ち合いになる……みたいなことを言っていましたが、それに伴い全武器が強くなってキルタイムが加速しているかと思いきや、ハンドガンはBF1と同じくらいのキルタイムしかないわけで。
 
 ここから考えるとBF5はハンドガンも強かったBF1と違ってメイン武器が強くてサブ武器が弱くなるゲームシステムになる、もしくはあの武器がBF1における警戒兵の武器(レート速い方)的な立ち位置なのかもしれません。
 前者は次の気になる点で語る内容からするとそれっぽい気がするのですが、後者の方が個人的には嬉しいです。

弾数が少ない

 
 メイン武器は拾った時点で装弾数10、手持ち弾薬50でした。
 その後に援護兵から弾をもらっているように見えるのですが、10/50から増えているようには見えませんでした。ハンドガンはとても見にくいのですが、8/11のように見えます。(違うかも)
  
 BF5は初期の弾薬数が少なく、敵から弾を奪ったり味方の支援が大事なゲームになると語られていました。
 トレーラーを見ると分かるように、本当に弾が少ない。あのレートで60発なんて、ホントもう一瞬ですよ。BF1は撃ってもマップに自分の居場所が映らないため撃ったもん勝ち(そこが楽しい)みたいなゲームでしたから、特にパラベラムなんかを使ってる人はすぐわかるように100発なんてあっという間になくなっちゃいます。
 援護兵がどれだけ弾薬を補充できるかというのが気になるところですね。下手にバランスを間違えると援護兵ゲーになりそうです。まあBF1に慣れてからは弾薬補充のためにもっぱら援護兵ばかり使っている私からすると、BF5でも変わらず援護兵を愛用しそうなので関係ない気もしますけど。

 ここから考えると、前述の「メイン武器が強くてサブ武器が弱い可能性」は「何も考えずに戦っていると弱いサブ武器を使わなくてはいけませんよ」というゲームシステムとして成り立っているような気もします。サブも強かったら「弾なくなった。じゃあサブ使おっと」ってなるでしょうしね。
 まあでも、あの武器は普通の武器と考えるとやっぱ強すぎる気がするんですけどねぇ。

 弾数が少ないことに関しては、また後日別記事を書きたいですね。

チャリーン音はあるのか

 
 
 私がFPSをやっている友人とどのFPSが面白いかという話をするときによく出してしまうBF1のチャリーン音。
 これは何を指しているかというと、敵を倒したときにチャリーンって鳴る音のことです。
 
「それの何が大事なんだよ」と思う方は多いでしょうが、BF1から始めてタイタンフォール2を遊び、CODWW2に移行したとき、私は敵を倒した時の物足りなさを感じてしまいました。
 チャリーン音は敵を倒したかどうかがよくわかるので撃ち漏らしが少なくなるという効果もあるのですが、「敵倒したね、やったね! おめでとう!」みたいな音に私には聞こえるのです。
 これがないと「敵倒……したな、うん次だ」みたいな感じになり、勝利が味気なく思えてしまうのでBF1みたいに敵を倒したときにチャリーンと音が鳴ってほしいと私は切に願っています。
 
 トレーラーでは鳴っていませんが、BF1でもキャンペーンモードではチャリーン音は聞こえない(弱い?)ので、マルチプレイでどうなるのかが心配ですね。少なくとも楽しみにしている点ではない。
 鳴ってくれ、チャリーン鳴ってくれ……って感じです。

終わりに

 グレネード投げ返せたり撃ち落とせたりする点には触れないまま記事を終えようとしていますが、まあ正直どうでもいいです。

 BF5の発売日は10月19日です。デラックスエディションだと最大3日前から遊ぶことができ、実質10月16日からですね。
 FPSゲームは長く遊ぶことが予想できるためDL版を買うのが良いと思います。
 PS4だと通常版がPCに比べて高いので、デラックスエディションを買うハードルがかなり低いですね。

 BF5ではシーズンパスが廃止されたため、ユニフォームとか任務、エアリフトで毎週20個のカスタマイズアイテム(バトルパックみたいなものか? エアリフトってなんだ?)といった要素にあまり興味のない私としては先行して遊べる以上のメリットはないのですが、3日も我慢できないので買っちゃうと思います。
 買ったら買ったで、なんだかんだカスタマイズアイテムずっともらえ続けるのはお得だなぁとか思ったりするかもしれませんしね。

 シーズンパスは、マップだけ開放して武器とビークルは今まで通り課金要素でも個人的には良かったのですが(会社の利益も考え)、全要素無料アップデートになりましたね。CODBO4といい、時代は変わってきているようです。(シージは取り残されたが、長く続くゲームはやはり集金要素が必要だと私は思う)
 これでシーズンパスをあまり買わない友人とも追加マップが遊べて嬉しいものです。

 発売日が思った以上に近いことは単純にBF5を楽しみにしていた私としては嬉しい限りですね。
 BO4と4日違いというのは驚きでしたが、おとなしくBF5に集中したいと思います。
 今から数えれば5ヶ月も待たなくて良いということで、大型ゲームの発表にしてはやはり発表から発売日のずれが少ないように感じますね。本当に予想していなかったので嬉しいです、11月だと思ってました。

 今から5ヶ月後が本当に楽しみです。というか夏あたりにあるだろうβからして早く遊びたくてうずうずしますね。
 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA