惑星ミラを再冒険


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 画像を貼る際、アマゾンの価格が安いなぁと思いました。

 零を遊び終え、次に何を遊ぼうかとなり、現在はゼノブレイドクロスをプレイしています。プレイ再開の直後こそバトルも操作もおぼつかないものでしたが、徐々に感覚を取り戻し現在は過去の自分よりも大幅に強くなっています。
 これも飽きる前の自分が新型ドール(ロボット)の素材の大半を集めていたからではありますが、大型ロボットで空を飛び、自分より大きな敵を倒すのはとても快感を覚えます。そりゃあ自分より強い敵を倒そうと試行錯誤するのも面白いですが、それ以外の敵の場合はいちいち苦戦してしまうというのも考え物。ですから一気に倒せる相手が増えて「バランスが悪い」とか「ヌルゲー」とか言う気持ちもわかりますが、それよりも「強くなったなぁ」という実感の方が私にとっては強いです。
 まだ手に入れていない最強機体や、倒していない最強オーバード(敵)もいるので、今後はそれらを攻略してゼノブレイドクロスに幕を下ろしたいですね。

 


スポンサードリンク

 しかしこのゼノブレイドクロスの舞台である惑星ミラですが、かつての自分は100時間以上遊んで探索も十分行ったはずなのですが、まだちらほらと行ったことのない場所や見たことのない敵がいました。
 これだけの世界を作るのにどれだけの時間がかかったのか、想像するだけで恐ろしいです。

 前作であるゼノブレイドはストーリーの完成度もさることながら、クリア後のお楽しみが多くのゲーマーを引きつけたゲームでした。
 俗に言う隠しボスとか真のボスですね。しかもその敵は一体だけではなく何体か存在しています。
 それらの敵は通常のレベル上げだけでは倒すことができません。だってこっちの最高レベルが99なのに、最強の相手はレベル120なんですもの。そしてゼノブレイドにはレベル差補正というものがあり、レベルが低ければ低いほど、実際の能力値以上に不利になってしまうという要素もあったのでさあ大変です。
 しかしそんな敵と戦うための方法も存在していました。
 それはバトルの戦略を最適化し、強い装備を集め、ジェムと呼ばれる能力を上げる装飾具を作ることでした。
 強い敵を倒すと、そのご褒美としてレアなドロップアイテムがもらえます。というか、その敵からしか手に入らないアイテムがほとんどです。それを使って「攻撃反射無効」などのジェムを作ったりして、倒したい相手に対抗するための装備を練り上げていくのです。レベルが高く、攻撃が当たらない相手に対抗するために素早さを限界まで上げる必要もありました。
 そしてバトルもいかに敵からの攻撃を食らわないようにできるかに全てがかかっていると言ってもよいくらい、かなり反則的な戦い方をすることになります。それは相手をずっと転倒状態にするというもの。
 ゼノブレイドでは相手を崩し状態にしてから転倒攻撃を加えることで相手を転倒させることができ、更にその状態で転倒攻撃を加えることで転倒時間を延ばすことができました。それに加えて時間を止めての連続攻撃というものを組み合わせることで、相手の転倒時間を減らさないまま攻撃し、更に転倒時間を延ばすという戦法が流行っていました。正直、これを使わないで倒せるのかどうか、私にはわかりません。まあ、ゲーム内でもこれは重要要素として挙げられていましたし、ゼノブレイドの戦闘は転倒に始まり転倒に終わるのでしょう、たぶん。

 そんな感じでだんだんと倒せないと思っていたほどの強敵に敵うようになってくるのが面白いところです。
 モンスターハンターなんかで強い敵を倒すために素材を集めるのと同じですね。ですがモンハンでは強いプレイヤーはそこまで強くない武器でも相手モンスターを倒せてしまいますが、ゼノブレイドは違います。ですからタイムを早めるとかそういった付随する要素なしに、純粋に敵を倒せたときの喜びは代えがたいものがあります。
 まあ、ゼノブレイドの面白さはその他にも世界観だったり、生き生きとした住民やクエストの数々だったりと全体的なものなんですけどね。

 ゼノブレイドクロスは、ゼノブレイドと同じものを求めてプレイするとがっかりすると言われたりします。
 その理由はストーリーの曖昧さだったりいろいろありますが、個人的にはエンディングまでの色々が残念な部分なのだと思われます。もちろんエンディングまでにも広いフィールドを最初から自由に探索できること、ドールに乗れるようになることなどのゼノブレイド以上の面白みもあるのですが、基本的にゲームはエンディングまでをしっかり遊ばせてくれる方が好ましいと思います。
 ですがエンディングを迎えて後、あとはクエストをこなしたり、フィールドを探索して面白いことがないか探そうという段階になると、改めて惑星ミラの広大さに驚くことになるでしょう。
 
 ゼノブレイドでは結構の数の敵とはストーリー上でお目見えするんですよね。というか、ストーリーでそこそこ色々なところに顔を出すことになるので、自然と多くの敵と出会うことになるんです。
 でもゼノブレイドクロスをストーリー中心に進めていった場合、もちろん多くの敵とは出会うことになるのですが、それでも出会えていない敵が本当に多いんですよね。更に行ったことのない場所も本当に多い。
 
 ゼノブレイドクロスは未知の土地を冒険する楽しさに満ちあふれています。
 ストーリー上で大陸の主な部分を冒険する時はあまりに広い世界に驚き、ストーリーを終えて大陸の隅々まで探索していくと、その世界の密度に驚かされます。
 魔王の城みたいに最初から存在が見えていて、しかしたどり着けない空に浮かぶ土地なんかがあり、ドールを手にして空を飛べるようになるとやっぱり魔王みたいな強敵が待ち構えていたり、逆になにもなくてがっかりしたり。そういうドキドキ感がたまらないんですよね。

 そしてそこにいた強敵とはどうやって戦うのか。ここはゼノブレイドと似たようなものかもしれません。
 ……まあ、ここで素材集めとかが面倒くさくなると一気に飽きが来るんですけどね。でも一歩一歩強くなって相手を倒してもまだ倒せない敵がいるっていうのはある意味夢のようなことだと思います。いや、実際に勝てない相手なんていないってくらいに攻略しきった人たちは本当にすごいですよ。私は二度目の飽きに入りそうなものですから……。

 
 うん、とりとめもなくなってきたのでこのくらいで。
 続編はなさそうな感じかもしれませんが、モノリスソフトさんの次回作も期待しています。ニンテンドーNXで何か出してくれたら一番嬉しいんですけど、どうなるんでしょうかね。
 そしてその頃にはゼノブレイドクロスの世界を探索し切れていますように、と願いを込めて。


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA