勝率9割が初心者に教えるマリオテニスACEの基本


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 深夜帯の戦いは楽しかったです。
 やっぱりレベルの高いプレイヤーもちらほら見受けられましたしね。(なぜか全部勝った。敗北のプレッシャーで震えた)

 一応初心者から上級者まで玉石混淆の中勝率9割以上を(現状)保っているということで、初心者に基本を教えられるだけの実力はあると言っても問題ないでしょう。
 というわけで、初心者向け指南記事です。エナジー要素は別記事で。エナジー要素覚える前にこの記事の内容を使えるようになった方が勝率は上がると思います。
 
 基本を知っていれば初心者同士の戦いがレベルアップすると同時に、上級者に一矢報いれる可能性も出てきますから、ぜひ覚えていってくださいね。
「良い試合」ができると本当に気持ちいいですよ。

 ちなみに、以下の内容はすべてオールラウンダーであるマリオ基準でしか話していません。
 どんなタイプ相手にも戦えるオールラウンダー至上主義なのです。


スポンサードリンク

ショットの種類を覚えよう

ショット名 コマンド 説明
トップスピン A→A ネット際で打つと結構角度が付く。スライスに強い
スライス B→B 曲がる。パワー系に対して遅い展開を仕掛ける。トップスピンに強い
フラット Y→Y キングオブマリオテニス
ロブ A→Borスティック上+X 役に立つ技。スティック+Xで一瞬で出せるようにしたい
ドロップ B→Aorスティック下+X クイーンオブマリオテニス

 
 ぶっちゃけマリオだったら最低限フラット、ドロップ、ロブさえ使えれば勝てます。
 ロゼッタや製品版で使えるテレサはスライス主体となるでしょう。

 トップスピンは力強い感じ。
 スライスはロゼッタが使うとすごい曲がる。その他、クッパやワンワンがフラットで速い展開を仕掛けてきても、ゆっくりしたこちらのペースに乗せられる。
 ロブは前に出てくる人対策に絶対必要。素早く出せるようにしたい。覚えなかったら上級者に一方的にやられるのは間違いない。

フラット

 
 速い球です。それが全て。でもそれが強い。
 このショットを左右に振るだけで決まる試合も多いと思います。

 パワーキャラなら特に素早いし威力も高いので、スマッシュポイントの出によっては一方的に勝てる試合もあるでしょう。

 フラットにフラットを打ち返していくと試合展開が速くなり、パワー系キャラの強力なショットに対応できなくなりがちなのでパワー系相手に使うのはここぞという場面のみでいいでしょう。

ドロップ

 ドロップは前に落ちてくるショットのため不意を突きやすく、チャージが暴発しやすいため単純に打ち損ねることも多いです。
 そしてネット際に落ちる性質上、相手はチャージして待つことが難しいためリターンも弱い球が返ってくることが多くいろんな面で強いです。
 
 試合中にドロップを頻繁に混ぜ、時にロブを打つだけで勝てる試合は少なくありません

 まあそもそも中級者以上でもドロップとロブの応酬は難しいんですけどね。

 ドロップは基本、しっかりとチャージして打ってやるといいと思います。ロブは手前に来た相手を引っ込ませるために打つ意味合いが強いのに対して、ドロップは得点源ですからね。
 スマッシュポイントでチャージができたら、大体ドロップを打ってしまえばよいです。
 パワー系には特に有効ですから、勝てなくて悩んでいるならドロップを習得してください

 
 逆にドロップに対処しなくてもいけません。

 基本は後ろに下がり過ぎないこと、です。
 マリオならコートの半分くらいまで上がっていっていいですし、ワルイージなどディフェンスタイプはネット際で戦わなければキャラの能力を発揮できません。

前に出る

 ドロップ対策としても重要ですし、ショットに角度をつけて打ち返すためにも前に出ることは重要です。
 さらに今作ACEでは後ろテクニカルショットが強いため、前に出て後ろテクニカルショット、前に出て後ろテクニカルショットと繰り返すだけでエナジーを溜めつつ多くのショットを打ち返すこともたやすいです。

 初心者のうちはとにかく横移動に頼り過ぎなので、一度前に出ることを覚えると良いと思います。

終わりに

 
 まだ全然話してないけど、正直基本的なことっていうのは上に挙げた

  • ドロップを使う
  • ロブを一瞬で上げられるようにする
  • 前に出る(そしてテクニカルショット後ろを使う)

 の3つで大体語り終えられてるんですよね。

 あとは相手の位置に対してドロップとロブをどう織り交ぜていくか……っていう話で。
 いやぁ、現実のテニスってシンプルなルールながら奥が深くて面白いゲームだったんですねぇ……。

 
 まあ、とりあえずエナジー以外のテニス要素として大事なのは以上3点なのですが、今作はちょっとエナジーという要素を使ってできるアクションが勝負の決め手を強く握っていると思います。
 そちらについては「勝率9割が教える狙い打ちやらエナジーの使い方」の記事を読んでいただけるといいかと。
 しかしエナジー要素はあくまでテニス要素に慣れた上で使っていけるものですので、まずは上記3点をしっかり意識して挑んでみてください。

 以上、マリオテニスACEの基本でした。
 マリオテニスは絶賛予約中ですから、まだの人はぜひ買って、製品版を一緒に楽しみましょう。

 それでは。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA