スニーカー文庫公式、あれ……目の錯覚かな


スポンサードリンク


 
 私が好きな作品に「涼宮ハルヒの憂鬱」と「ムシウタ」という2つがあります。世代がばれそうですが。
 その2つはスニーカー文庫から刊行されていています。そのことがあって、私はスニーカー文庫の情報だけは毎月確認しています。
 そのスニーカー文庫公式サイトの様子がなにやらおかしい……ような?

スニーカー文庫公式


スポンサードリンク

 重大発表だとかアニメ化とかはないのですが、なんだか6月発売の作品が異様に多いです。

「ムシウタ」の作者である岩井恭平さんの作品である東京侵域は、実は5月発売予定だったんですよね。それがいつの間にか発売予定から消えていて、6月発売決定ということで私はほっとしております。
 2巻で終わりかと思いきや、3巻目が出るという喜び。
 もしや人気が出たのでしょうか。
「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」のようにセールがあったとか、口コミで人気が出たとかは聞きませんが、まあ続編が出るのなら喜んで買いますよ。

 前回が9月1日発売ですから、9ヶ月ぶりですか。最近の岩井恭平さんにしては速い刊行ペースですね。
 とか、にやにやしながら待っています。

 
 それ以外にも「問題児たちが異世界から来るそうですよ」の続編である「ラストエンブリオ」や、アニメ化の決まった「魔装学園H×H」、「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」の作者である春日部タケルさんの「オーバーカマー」など、計10作品以上が刊行されます。最近アニメ化された「この素晴らしい世界に祝福を!」もですね。

 いつもは多くて7,8冊くらいですから、これは多い。
 ここ数年で一番多いです。

 ただそれを発売直前になって騒ぎ出したのには理由があり、そこが不安な点だったりするんですよね……。

 というのも

  • 天空監獄の魔術画廊V
  • ヒマワリ:unUtopial World 2
  • 魔装学園H×H8

 の3作品はつい最近発売リストに加わったんですよね。
 確認できてませんが、「この世界に~」も最近加わったものかもしれません。
 ……なんだかいつものように何か間違いが起こって7月発売の作品を加えてしまったとか、そんなことも考えてしまいます。さすがにわざわざ更新したということは、そうではないと思いますがね。
 
 
 ただ、多く発売されるからといって多く買うわけでもないんですけど。……というか、私はスニーカー文庫ファンとすでに言えないくらい全然スニーカー文庫の作品を買っていません。

 来月は「ヒマワリ」と「東京侵域」だけを買うつもりです。
 次に新人賞が発売されたら、今回は一応買いましょうかね。作家というよりは、文庫自体への応援の気持ちを込めて。

 まあ、そんな感じで。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA