BFV突撃兵の強武器考察と、オススメ武器紹介


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

突撃兵 レート 装弾数 ダメージ 確定数(最低) 確定数(最高) 最速TTK(近) 1外しTTK(近) 最速TTK(遠) 1外しTTK(遠)
Sturmgewehr1-5 670 31 24~17 5 6 0.36 0.45 0.45 0.54
M1907SF 770 21(16) 25~18 4 6 0.23 0.31 0.39 0.47
StG44 600 31 24~17 5 6 0.40 0.50 0.50 0.60
Gewer43 300 10 40~? 3 3 0.40 0.60 0.40 0.60
M1A1Carbine 450 31(16) ?~22 4 5 0.40 0.53 0.53 0.67
TunerSMLE 360 20(10) 40~? 3 5 0.33 0.50 0.67 0.83
Selbstlader1916 257 26 40~? 3 3 0.47 0.70 0.47 0.70
Gewher1-5 360 31 40~23 3 5 0.33 0.50 0.67 0.83

(データは今後検証してチェックしていきます。間違いもあるかも。リロードとかは射撃場来てから)

 突撃兵ランク20まで遊んでからしばらく色々な武器を使ってみたので、現状の突撃兵武器の考察をしてみます。

 初めに結論を言いますが、個人的には近~中距離戦が多いマップではStrumgewehr1-5Gewehr1-5が、遠距離戦が多いマップではSelbstlader1906が安定して使いやすいと思います。
 理由としてはどれも反動が制御しやすくキルタイムが安定しやすい上に、得意なレンジにおいてはそこそこ速いキルタイムを持っているからというのが1つ。
 もう1つは装弾数が多めで1度の戦闘で2人以上の敵に会っても弾切れを起こしにくいという点が評価できます。

 その他の武器も速いキルタイムや扱いやすさといった長所がありますが、バランスよく戦っていけるのは上記3武器かな? という印象です。
 ここからは個別に武器の考察を簡単に行っていきます。


スポンサードリンク

AR考察

 どの武器もレートが600を超えたうえでバースト撃ちなどを意識すれば遠距離も良い精度のまま戦える万能武器が多いです。
 ただしSF以外は最高ダメージが恐らく24までしか出ていないと思われるため、近距離においてはレートほどのキルタイムを出すことはできないでしょう。近距離も強いけど、基本は中距離……といったところでしょうか。

Strumgewehr1-5

 670という速めのレートに加え、かなり安定した反動を誇っている武器です。
 初期の反動は純粋に上方向に向かってくれやすいため、バースト撃ちとリコイルコントロールを合わせれば遠距離も精度良く戦いやすいでしょう。
 
 2倍サイトを用いるとStG44に比べて反動が大きく狙いにくく感じました。
 逆に初めて等倍を使った時は見た目の反動の小ささに驚いたほどです。
 腰だめ撃ちも無強化状態では精度に不安があるので、基本は近~中距離戦闘を念頭に置いて等倍サイトを用いるのが良さそうです。

 全距離を万能に戦えるのが魅力ですが、近距離ダメージが丁度25ないので、相手に肉薄しすぎると相手SMGやLMGの4発キル範囲に入ってしまい撃ち負けやすくなってしまうことには注意が必要になるでしょう。
 StG44に比べれば近距離が強いですが、あくまで中距離運用が一番輝く武器だと思われます。
 とは言ってもレート、反動、構え速度などの扱いやすさや装弾数の面から全武器中でもトップクラスの万能武器であるという評価は間違いないでしょう。

Sturmgewehr1-5考察記事

M1907SF

 近距離向けの武器です。
 レート770に加えダメージも他のARと比べて高く、近距離で25ダメージを出すことが可能です。アップグレードのスリングスイベル(ダッシュ後素早く撃てる)などを付ければこの武器に正面衝突で勝てる武器はSMGのsuomiなど一握りとなるでしょう。

 反面、反動が大きくアップグレードしても装弾数は20発と少なめです。(とはいえ装弾数アップはほぼ必須でしょうが)
 反動の面から他ARが戦えるであろう遠距離の敵とは撃ち合いにくいですし、近距離における連戦も高レートSMGのようにはこなすことができません。
 しかしレートの割には扱いやすい反動なので、多少命中率が低くなっても高いダメージと高レートで弾をバラまける点から中距離戦闘まではまだまだ強みを出していけるはずです。そこが高レートSMGとの差別点になりますから、強気に中距離戦闘を行うのがこの武器を使う上で大事な心持ちかもしれませんね。

 印象としては、中距離向き武器が多い兵科における近距離向き武器といった印象で、やはり装弾数などの面で使いにくい部分はありますが、近距離マップの選択肢としては十分だなぁって感じですね。
 特にこの武器に関しては1on1なら本当に強力ですし。
 Fjellなど近距離戦も多くなりがちなマップにおいて輝く武器だと思います。

StG44

 ベータ版では強かったのですが、正直製品版では火力不足感が否めない武器となっています。ベータの時より最大ダメージが低いのが一番の影響でしょうけど。

 一番比べるべきはStrumgewehr1-5との差でしょうけど、レートが低い代わりにあちらに比べてStG44は反動が扱いやすくなっています。
 しかし初期反動が必ず右上に出てしまうため、バースト撃ちにはあまり向いていないような印象です。
 それが反動の小ささの割にはStrumgewehr1-5と比べてそこまで扱いやすくないように感じる原因だと思うんですよね……。いや、人によってはStG44の方が格段に扱いやすいと感じるでしょうけど。
 
 その特徴的な反動からタップ撃ち(もしくは2発くらいの短いバースト撃ち)で右方向の反動を出さないようにするか、フルオートで撃ち続けるか、どちらかの使い方が良いんじゃないかと思います。
 中距離や遠距離でバースト撃ちするならStrumgewehr1-5の方がレート的にも(弾バラまいた方が結局当たる)分があるので、フルオートで遠距離まで狙っていく使い方の方がStG44の強みを生かしやすいと個人的には感じました。
 あとは倍率サイトを用いる場合、やはりStrumgewehr1-5よりもStG44の方が扱いやすさを感じますね。

 ただ最終的に反動もそこそこありますし、装弾数も31ですし、Strumgewehr1-5に比べてレートが70低いデメリットに見合うだけのメリットはなかなか見出しにくい印象があります。
 逆にあなたがコントロールのしやすさに光るものを見つけたなら、それがStG44を使う理由になることでしょう。

セミオートライフル考察

Gewer43

 全距離3発キルの、遠距離向き武器です。
 しかし近距離においても全弾当てればStG44と同程度のキルタイムを誇るので、キル性能においては突撃兵武器の中でも高水準と言えるでしょう。ただし1発外したときのキルタイムの悪化は、丁度StG44の2倍です。動きが大きく外しが多くなる近距離においては、やはり連射できる武器に分があります。
 中~遠距離くらいまではヘッドショットで2発キル(遠距離でもヘッド2発当てれば2発)なので、より強力です。大きく動いていない相手なら狙っていきたいです。

 キル性能だけならレートを除いて高水準な武器ですが、装弾数の面でやや扱いにくいところはあります。
 装弾数は10発で、リロードも通常のままだと5発ずつリロードか1発ずつリロードです。正直かなり遅いです。
 アップグレードはできる限りマガジンリロードできるルートを選んだ方が戦いやすいでしょう。

 ……しかしそれでもBFVでは1度に2人以上の敵と出会ってしまうことが多くなりがちなので、2人を1マガジンでさばけない可能性のある装弾数10という数字には不安があります。
 遠距離の1on1で確実に勝つことを考えたらGewehr43ですが、見えた敵をきちんと捌いてからリロードしたい場合は、多少レートが落ちてもSelbstlader1926の方が使いやすいと思います。 

M1A1Carbine

 高レートのセミオートです。
 4発キル範囲が大きいのでそこそこ戦いやすい武器なんですが、「レート360ですら頑張って連射しなきゃいけないのにレート450って正直コンスタントに最高レート出していけなくない? 指疲れない?」という物理的な問題が起こってきます(特にPS4)。
 某イカゲーのパブロマスターなら扱えそうですけど、正直現実的な面でオススメしにくい武器に感じますね……。

 ただ扱えるならその中~遠距離性能はかなり高いです。
 AR系に比べて精度が高く、反動も小さいので、エイムさえ合っていればかなり速いキルタイムを出しやすいはずです。遠距離も反動の小ささから連射しやすいですからね。
 扱いやすさが性能につながるタイプの武器の一つです。
 ただ近距離でも遠距離でも最速キルタイムはパッとしないので、相手がきっちり当ててきた場合撃ち負けてしまう場合が多くなることには注意が必要でしょう。立ち回りがしっかりした人向けだと思います。
 
 
 wikiのコメントなんかを見る限りだと、この武器を使うと調子が良くなる人も多いみたいです。
・近距離戦はレートで安定させられる
・遠距離の確定数は近距離3発キルセミオートと変わらないためレートが高い長所だけ残る
 以上のような理由が多い……のかな? と思います。個人的評価は変わりませんが、一度自分で使ってみて試すのをオススメします。

TunerSMLE

 レート360という点でGewehr1-5と比較されがちな武器です。
 近距離3発キルということで、全弾当てられるならAR系よりも速いキルタイムをたたき出せることが特徴となります。

 Gewehr1-5と比較すると、どうアップグレードしても「装弾数やリロード関連が扱いにくい」代わりに、ダメージが高く「3発キル範囲が広い」という特徴があります。
 Gewehr43とSelbstlader1916の関係に似ていますが、こちらがキル性能が高い代わりに継戦能力が低く、Gewehr1-5が1on1で劣る代わりに1対多に強い武器だと考えてくれればいいと思います。
 問題はレートが同じなため、確定数が変わる微妙な範囲でしかこの武器の強みが生かしづらいという点でしょう。
 自分自身の立ち回りでは、Gewehr1-5では敵の体力が1~10くらい残ってしまう……という状況が起こるようだったらSMLEを使っていくのが良いんじゃないかと思います。1-5の3発距離範囲は結構短いですからね。

Selbstlader1916

 セミオートの中でもレートこそ遅いですが、BF1の時とほぼ同様の性能をしていて強いと思います。
 特にどの距離でも3発キルという性質上、突撃兵武器の中でも実質装弾数がトップクラスで多く、「リロードの隙に倒される」ということは少なくなりがちです。

 あくまでHAMADAなどを代表する遠距離向きマップで強さを発揮する武器ですが、兵士が入り乱れ忙しいマップにおいても、立ち回りさえ気を付ければその装弾数から多人数相手に立ち回りやすく戦いやすいです。
 BF1の時から性能据え置きのため近~中距離の正面衝突はよりきつくなりましたが、1度戦闘に入ると忙しくなりがちなBFVにおいてはその装弾数の価値も増していると感じます。
 個人的にはGewehr43よりも扱いやすくて好きですね。

Gewher1-5

 SMLEと同じレートですが、こちらは装弾数31発、また1度に31発同時にリロード可能です。
 SMLEは20発装填にするとリロード時間がかなりかかってしまうので、リロード関連についてはGewehr1-5に分があります。リロード時間だけでなく、元からの装弾数も31と多いですからね。

 どちらも近距離向けのセミオートであるため、個人的には精度や威力よりも装弾数の多さを高く評価します。
 近距離でのキルタイムや継戦能力の高さから、突撃兵武器の中でもかなり強力な武器といえるでしょう。
 
 反面、遠距離では確定数が5となり、キルタイムが低めになることには注意が必要です。
 もっとも、フルオート武器では基本的に外しが多くなり、M1A1カービンなども最高レートで遠距離を戦うのは難しいため、実際には反動の小さいGewher1-5もそこそこ遠距離戦える性能は持っていると言えるでしょう。

おわりに

 BFにおいて強武器と呼ばれる武器には、以下のような傾向があります。
・装弾数が多く、キルタイムがそこそこ速い
・装弾数は確定数×3+αだが、キルタイムが速く、リロードも速い

 あとはレートが高い方が基本的には外しのリスクが減り、平均的に高い性能を発揮しやすくなります。

 私の基準で各武器のランク付けをしてみました。
 各々「この武器はもっと強いでしょ」という評価基準の差はあるでしょうが、あって当然でしょうが、継戦能力やバランスを重視したプレイヤーが下した評価の1例とでも考えておいてください。

突撃兵
Gewher1-5、Selbstlader1916、Sturmgewehr1-5
やや強 StG44、M1907SF、Gewer43
普通 M1A1Carbine、TunerSMLE
なし

 
 突撃兵武器に関してはどれも中距離におけるキルタイムが高めで、正直兵科としては武器に恵まれていると思います。
 その中で、最初に言ったように装弾数が多いGewehr1-5やSelbstlader1916が使いやすい武器だと言えるでしょう。
 さらにレートが速く安定して使える武器としてARのStrumgewehr1-5も非常に強力です。

 装弾数こそ少ないですがレートが高く突撃兵武器の中では近距離性能がずば抜けているSFも、万能さこそ少ないですがやはり強武器の1つと言えるでしょう。
 M1A1カービンはwikiのコメントではそこそこ人気な雰囲気ですが、ゲームに慣れれば慣れるほど出せるキルタイムの限界値に不満を覚えることも増えていくんじゃないかな、と思います。つまり「相手が強いとどうあがいても負けてしまう」という状況が生まれやすい。あとやっぱりPS4だからかもしれませんが指がついていきません、はい。

 そんなところでしょうか。
 

 今後もタイドオブウォーでどんどん違う国の武器が追加されていくでしょう。
 この時代に使われていたARが他にあるのかどうか私にはわかりませんが、ダメージが高く連射力が低いARなんかも出てくると面白そうですね。
 追加されるたびにこれまでの武器とも比較して評価していきたいです。
 
 特に新武器が追加されるなら、装弾数やレート、反動などの面でこれまでとは違う独特な武器が出てきてくれたら嬉しいですね。
 とはいえセミオートはすでにいろんな性能の銃を出し尽くした感ありますけど。

 それでは。

 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA