APEX LEGENDSのキルタイムと考察

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

名称 RPM 200確定数 200キルタイム ±
マスティフ 96 2 0.625 0.625
ディヴォーション 900 12 0.733 0.067
R-99 1080 17 0.889 0.056
ピースキーパー 58 2 1.034 1.034
プラウラー 800 15 1.050 0.075
スピットファイア 512 10 1.055 0.117
R-301 720 15 1.167 0.083
ハボック 556 12 1.187 0.108
フラットライン 600 13 1.200 0.100
G7スカウト 273 7 1.319 0.220
モザンビーク 180 5 1.333 0.333
ヘムロック 490 12 1.347 0.122
トリプルテイク 88 3 1.364 0.682
オルタネーター 640 16 1.406 0.094
EVA-8オート 128 4 1.406 0.469
RE-45 750 19 1.440 0.080
ウィングマン 156 5 1.538 0.385
クレーバー 36 2 1.667 1.667
ロングボウ 86 4 2.093 0.698
P2020 430 17 2.233 0.140
  • キルタイム計算に用いたRPM値はApex Legends Wikiより引用しています。
  • ディヴォ―ションのキルタイムはRPM最大値の状態となっています。
  • EVA8のレートを30%アップの166とするとキルタイムは1.084、ピースキーパーを16%アップのレート67とするとキルタイムは0.896となります(無検証)。
  • 一番右の±は、1発確定数が変わる(ヘッドショット、外し)ごとのキルタイムの変動幅です。
  •  

 基本的にどのサイトでもDPSこそ表示しているものの、キルタイムについては表示していなかったために、wikiの方のレートから紫アーマー相手のキルタイムを計算してみました。
 各サイトさん達がキルタイムについて触れていないのは「アーマーの値によってキルタイムが変わるから」、「1対1の戦いはあまり多くないから」などの理由があると思いますが(特に前者)、一応「各武器のキルタイムランキングはDPSランキングとは変わってくるんだよー」ということの参考となるように私の方ではキルタイムの方をを載せようと思います。
 
 というかDPSって、体力100のゲームがあったとして、レートが同じで50ダメージの武器と99ダメージの武器で全く違うDPSが出るのに同じキルタイムになってしまうので、実践ではスプラトゥーンのガチホコのバリアを破るときくらいにしか役に立たない数値な気がしちゃうのは私だけなのでしょうか……?
 いやもちろん、そんな極端な調整をするゲームはまず存在しないのである程度の指標になるとは思っているのですけどね。


スポンサードリンク

キルタイム考察

単発系武器について

 このゲームでは敵の体力が多いので、キルに必要な確定数が増えがちです。
 そういうゲームではスナイパーで一撃(キルタイム0秒)や2発キル武器が少ないため、基本的には単発系よりレートの速いフルオート武器が強いのかな? と思っていました。(通常のゲームでの単発系は、キルタイムが速い代わりに1発の外しで大きくキルタイムが落ちる

 実際のところAPEXでは、キルタイムにおいてはG7スカウトやウィングマンは下位に属していたようです。
 そして体力100の相手だったらどうかというと、G7やウィングマンはダメージが丁度3発、2発で倒せないダメージ故に結局キルタイム上位には組み込めなかったようです。
 その代わり、2発キルが可能になるEVA8は素の状態でもキルタイム上位になるので序盤はより活躍できそうです。
 EVA8は紫ショットガンボルトで体力200におけるキルタイム実質6位なので、序盤から終盤まで一定以上の価値を示せると思います。

 そしてピースキーパーは体力200でも2発キルできるので、キルタイム的にも終盤まで使える強力なショットガンでした。流石というほかありません。
 このピースキーパーだけは従来のゲームにおける単発武器と同じ立ち位置にあると言えるでしょう。(キルタイムは良いけどリスキー)
 
 他に単発武器の特徴としては「壁から一瞬だけ顔を出し、撃って引っ込む」、「1発目に不意打ちの大ダメージを与えて、フルオート武器でとどめを刺す」などの行動が可能になる点です。
 この点においてピースキーパー、ウィングマンを始めとした大ダメージ武器の需要は大きいでしょう。
 クレーバーはもちろん、ロングボウなどのキルタイム下位のスナイパーもキルタイム以上の使い道があることを忘れてはいけません。

 
 ここでウィングマンについても触れておこうと思います。
 ウィングマンは配信当初、強武器としてみんなが持っていたため弱体化を食らいました。
 しかし弱体化前から、キルタイムにおいては決して上位の武器ではありませんでした。ウィングマンの強みは上に書いた単発武器の強みや、そのほかにもピストル系武器の強みとして「ADSしても移動速度が落ちない」「デジタルスレッドサイトが付けられる」という特徴があったから強かったのです。
 ですから弱体化で特に近距離戦はやりにくくなったと思いますが、これからも一定以上の強さを持った武器として存在感を放つと思います。(というか、そういう調整の仕方を目指したはず)
 
 逆に「単発の銃をしっかり当てられるエイム力がない」、「撃ち合っている間にエイムのパフォーマンスを落とさずに横移動の入力をきちんと行えない」「壁や高所などの地形を使えない」「バンガロールとの連携が取れない」ような場合はわざわざウィングマンを選ぶ理由もないのかな、と思います。玄人向けってやつですからね。
 

 要は「単発武器にはキルタイム以上の強みがあったりするので、キルタイムだけ見て強さを判断はできないよ」という話でした。

キルタイム上位武器について

 ここからが本題のキルタイム上位武器についてです。単発武器について長々語り過ぎましたね。

 ディヴォ―ションを除けば、キルタイム上位は

  1. マスティフ
  2. R99
  3. ピースキーパー
  4. プラウラー
  5. スピットファイア

 ここからEVA8の紫ボルト、R301とつながっていく感じです。ディヴォ―ションについては明確なキルタイムを出さないことで無限の可能性を持たせることが可能という寸法です。なお最大のレートでもマスティフには勝てないので無限の可能性までは持てないという……。
 
 キルタイム上位勢にはショットガンシリーズが食い込んできますが、これは相手の全身が見えないとダメージが通りにくかったりという理由から数字通りのキルタイムが出ることは少ないかもしれません。特にピースキーパーは星形にペレットが飛ぶため、レイスなどの小さいキャラにはまず2発キルは難しいと思います。
 ですから最速キルタイムが上位だからと言って、むやみに固定砲台になって勝てるわけではないことを頭に置いておくといいでしょう。
 ……まあ、マスティフはADSするとかなり狙い通りに飛んでくれるとは思うんですけどね。

 その他連射武器は、もちろんエイムを外した分はキルタイムが落ちますが、比較的安定した性能を発揮すると思います。
 スピットファイアあたりは弾数なども安定するため、安定性、キルタイムの理論値ともに優秀な武器だと言えるでしょう。
 

 プラウラーもフルオートアタッチメントさえあれば安定性も高く、装弾数も比較的多めなので安定して強い武器と言えるでしょう。
 アタッチメントを拾えていない場合はどうかというと、バースト状態でもDPSがあまり変わらないという情報もありますから、予想では理論上のキルタイムもそこまで下がらない、もしくはちょっと速くなる可能性もあると思います。
 バーストでも扱えるというなら、とりあえず見かけたら拾っておいてもいいくらいの立ち位置にはあると思います。まあ人によって評価は変わってくると思いますが。

 そしてR99はレートの高さからDPSが高いことは知っていましたが、キルタイムもこのレベルで速いとはちょっと予想外でした。
 マスティフのキルタイムが圧倒的なのは金武器の上、ショットガンのためペレット拡散などからキルタイムの理論値が出にくいので納得できるのですが、R99は普通のサブマシンガンであるにも関わらずキルタイムがピースキーパーより0.1秒以上の差をつけて速いので驚きです。
 BFやCODなどのゲームにおいて、キルタイム上位の武器数種類で0.1秒以上キルタイムに差があるのは珍しいはずです。
 実際のゲーム中においても、驚くように溶ける武器の筆頭と言ったらこのR99が一番に思い浮かぶんじゃないでしょうか。「なんだこれ!?」と思うと大抵R99という……。

 反動の大きさ、装弾数の少なさという欠点こそあるものの、レートの速さから来るキルタイムの安定性、キルタイム理論値の爆発力なんかは非常に魅力的だと思います。
 まあ、バレルスタビライザー次第って面もあるでしょうけどね。

 
 そうなってくると、逆にスピットファイアから0.1秒以上の差をつけてキルタイムが落ちてしまうR301以降は、安定性、使いやすさ以上の魅力を見出しにくくなってくることに注意したいです。
 もちろん使いやすさは何においても、というレベルで大事ですし、キルタイムの数字があくまで理論値であることも確かです。
 ですが、自分がどれだけベストな行動を取っても相手の調子によっては負けてしまうのがキルタイムの遅い武器の欠点であることを念頭に置かなければいけません。
 特にこのゲームはキルタイムの差が激しいですからね。

 

終わりに

 
 DPSが高い武器としてR301などがある、というのは有名だと思いますが、R301はキルタイムでは高めではあるもののその他の上位陣にそこそこ大きな差をつけられているという点にも注目しておきたいところです。
 その他、ピースキーパーとR99のキルタイム差なども実際、DPSからは比べにくかったと思います。

 というわけで、APEX LEDENDSのキルタイムのまとめでした。
 なお体力200で比べているのは最終局面を意識しているからです。気が向いたら150、175のデータも追加します。

 このデータだけを参考にしているわけではありませんが、私が積極的に持っていこうと思う武器は近~中距離向きに「R99」「マスティフ」「プラウラー」、中距離以遠向きに「スピットファイア」「R301」「G7スカウト」「ヘムロック」「ウィングマン」あたりを持っていくことが多いです。
 まあウィングマンはそこまで得意ではないので頻繁に持っていくことはなく、G7スカウトも「遠距離戦いたいな~」という気分にならない限りはあんまり持ちませんけどね。あとは使いやすさのヘムロックとか。
 何にせよ、武器の片方にはキルタイムお化けである「R99」もしくは「マスティフ」のどちらかがないと、相手の持ち武器とエイム力によっては小さなチャンスすら与えられずにねじ伏せられてしまうことがあるため、どちらかは見つけ次第確実に手元に収めておきたいものですね。

 それでは。

 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA