機体を打ち壊せ! パンツァー、フォー!!


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 遅ればせながら見に行ってきました。ガールズ&パンツァー劇場版。
 いやー、面白かったです。4DX映画というのは初めての体験だったのですが、慣れると結構いいものに思えましたね。

 


スポンサードリンク

 ガールズ&パンツァーの劇場版は去年の秋頃に公開されたモノなのですが、興行収入は深夜アニメ業界では第2位にランクインするほどの作品です。
 これはまどか☆マギカ叛逆の物語を抜いて第2位となったわけですが、まどか☆マギカファンとしてはちょっと複雑な気分。まあ、ガールズ&パンツァーの方がそこまで詳しくない人も楽しめる作品だからだとは思うんですがね……。
 自分もガールズ&パンツァーについてはそこまで深く知っているわけではないのですが(この時期に映画を見に行くぐらいですから)、矢継ぎ早に繰り出されるアクションの数々には素直に魅了されましたね。

 この記事のタイトルは「機体を打ち壊せ」ですが、実は私的には「期待を打ち壊せ」って感じだったんです。

 何というか、まどか☆マギカの劇場版を見てから、映画に対して過度の期待を持ちすぎるようになってしまったんですね、私は。
 でもやっぱりまどか☆マギカほど心に刺さるモノがなくて、映画を見ても少しの消化不良が残ってしまうことが多かったんです。
 それでという訳でもないですが、しばらく映画を見に行ってなかったんですが……。

 今回ガールズ&パンツァーの映画は、本当にふと行きたくなったものだったんです。ですから過度の期待を持つことなく見に行くことができたんですね。
 そしてそれが予想以上に面白くて、とっても満足しています。

 まどか☆マギカのようにストーリーに痺れるようなものがあったわけではありませんが、ガールズ&パンツァーはその戦い、掛け合いが私を非常に楽しませてくれました。
 現実的にはあり得ないような挙動も、アニメ世界独特の雰囲気でもって違和感なく楽しめました。
 
 
 残り少ない公開期間ですが、ぜひ劇場に見に行くことをおすすめしたいですね。
 この記事を誰かが読んでいるときにはもう公開が終了していることもあるでしょうが、DVDを借りて見ても十分楽しめると思います。

 しかし本当に、私は映画は映画館で見たいタイプなんですが(迫力とか大事)、公開が終了したアニメはもう映画館で見ることができなくなるというのは非常に残念です。
「もし宝くじが当たったら……」という妄想がありますが、私の場合は「自分の勝手にできるシアターが欲しい」というのは選択肢の一つですね。そこでまどか☆マギカとか、場合によっては普通のアニメ作品だって見られるような。
 ただ、普通のアニメ作品などはサラウンドじゃないので微妙かもしれませんが。
 
 でも維持費とか考えると嫌になるんで、一戸建ての家を買って、その一室を小さなシアターに改造するくらいがいいかもしれません。
 まあ、そんなこと言ってあんまり見る作品もないんですがね。

 とりあえず、アクションに興味のある人はガールズ&パンツァーおすすめです。




スポンサードリンク


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA