魔法医師の診療記録2感想。1巻よりも、いっそう馬鹿馬鹿しくも見所のある作品


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 魔法医師の診療記録、第二巻の感想です。
 全体の感想としては、馬鹿馬鹿しいけど面白いといったところです。


スポンサードリンク

 内容についてはネタバレしないようにしておきますが、ものすごく奇っ怪な作品となっていました。
 前作のように異界の病気をテーマにしたものとなっていますが、それと関連したある現象に驚かされました。
 内容的にはもはやSFのような設定でしたね。「そんなまさか」と思わせる衝撃の事実は微妙にギャグみたいで、いまいちシリアスにはなりきれない部分もありましたが、その代わりに尋常ならぬ興味をそそられました。

 そして、今作は前作よりも語りが生き生きとしていました。
 この作品は三人称で語られています。そのため語り手はほぼイコール筆者ということになるのですが、普通の場合は淡々と事実を述べていくだけです。ですがこの作品ではちょいちょいストーリーに割り込んできたり、あまりに馬鹿馬鹿しい解説を行ったりします。
 
 それもあって「いい話」として本を読みたい人にはお勧めできませんが「面白い話」が読みたい人にはお勧めできると思いました。
 野崎まどの「野崎まど劇場」の、とある一話が好きな人はハマる作品だと思いました。お前は〇〇〇〇〇〇〇かっ!

 他にも、星新一作品が好きな人にもお勧めできるかもしれません。

 そんなわけで面白い作品でした。
 この調子で今後も3巻を読んでみようかなと思います。


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA