任天堂よりメトロイドプライムブラストボールが配信! ネット対戦も可能


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


 
 8月末に発売予定のメトロイドプライムフェデレーションフォースの体験版っぽいものが突如配信されました。

 まったく、今日はスプラトゥーンの最後のフェスだというのに、どういうタイミングに配信しているのやら……。
 というか、ポケモンGOとも配信日がかぶっていて全然注目されてないじゃないですか! まったく、何を考えているのやら……。

 というわけで配信開始したブラストボールですが、無料とあらば遊ぶ他ありません。
 スプラトゥーンでTPSデビューした人にはちょうど良い作品なんじゃないでしょうか。まあ、こっちはFPS(一人称視点)ですが。

 


スポンサードリンク

 ちょっと遊んでみた感想を少し。

 ブラストボールというのはメトロイドプライムフェデレーションフォースのうちの一つのミニゲームみたいなものなのですが、大きな玉にエネルギー弾をぶつけたりして弾き、相手のゴールへ入れることを目的としたゲームです。
 ようするに足も手も使っちゃいけない、銃だけで行うサッカー(フットサル)みたいなものなのですが、やってみた感覚で言えばお祭り騒ぎの大玉転がしっていう感じでした。
 サッカーほど玉をコントロールできませんので、なんだかてんやわんやになってみんなでボールを追いかけたり、でもボールに当たるとダメージを食らうのでみんなバッタバッタと倒れていく世にも奇妙な光景が……。(CPU戦です)

 まあこれも上級者になれば気持ち悪いくらい巧みにボールを扱える人が出てきそうではありますけどね。ちょっとあこがれます。

 他にも相手選手を撃つことでダメージを食らわせたりすることができるのですが、ダメージを食らいすぎてライフが0になると主人公の乗るロボットは壊れてしまいます。
 壊れたらちょっとだけ回復に時間がかかってまた戦線復帰……という、少しスプラトゥーンのような仕様になっています。
 まあ、3対3の分やられたら人数差は大きいですが、先ほども言ったようにすぐにボールを相手ゴール付近まで運べるわけでもないので、ごたごたしてる内に結局相手が戻ってきてしまうことも多く、倒すことにそこまで重きを置く必要はないのかな……とは思いました。

 また、試合を有利に進める要素として、アイテムがあります。
 アドレナリンやバリアーを使うことで動きが速くなったりダメージを受けずに行動することができます。

 また、相手を強制的にロボットから降りさせるビームがあって、それを初めて食らったときは「何その反則技!」と思ってしまいました。しかもこっちチーム全員に効くという。
 対抗策はビーム発動からロボット強制退場までに時間差があるので、そのうちに自分のゴール前まで移動して壁を作っておく……くらいしか今は思いつきませんね。
 まあ、まだ軽く触った程度なので、もっといい対処法があるのかもしれませんが。

 テクニックとしては普段はボールをロックオンしておいて、押し込まれたときはジャイロ照準でボールの下部分をチャージショットで撃ち、遠く、高くはじき飛ばすという技とかですかね。いわゆるサッカーのクリア。
 激しい動きの中だと照準合わせが難しいですが、どのみち素早くボールが移動しているときはロックオンしていても当たらなくなる程なので、自分でボールの動きを先読みして照準合わせる腕くらいは必要かなと思いました。

 1回相手に勝ったら「入隊テスト」なるモードが現れました。

 これはあれですね。
 本当の体験版。

 たぶん軽くモンスターと戦えるのだと思います。気が向いたらやりましょうかね。

 任天堂のゲームですが、最近はこうやって発売前にネットプレイできるものが増えたなぁ、と思います。スプラトゥーンでの成功例や、サーバーのテストを兼ねているんでしょうが、まあ個人的には嬉しく思っています。
 まあ、たまには対戦モードのないゲームも遊びたいですけどね。

 とりあえず本編発売までは無料で遊べるようなので、気になったらプレイしてみるといいでしょう。
 まあまあ面白いです。


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA