ポケモンサンムーンの最新情報。今作は変身ポケモン多数か


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 ポケモンの情報がまた一つ明らかになりました。
 詳しい情報は任天堂の記事で確認できます。
 リニューアルされてからの任天堂のサイトは、こうした特集記事が組まれることが多いので面白いですね。
 E3のときもゼルダの伝説ブレスオブワイルドの動画にアクセスするのに重宝しました。

 


スポンサードリンク

 今作の重要な要素は、主人公は大人になる儀式を達成するために4つの島を巡るという目的を持ち、今のところジム戦という概念はサンムーンでは確認されていないという点でしょう。
 ジムリーダーの代わりに島の主となるポケモンだったり、島キングやクイーンが存在します。
 でも島が4つということは、これまでの感覚で言うとジムが4つしかないということですよね。
 ジムがなければ単純にチャンピオンリーグが用意されているとも思えませんし……。

 だから、島を巡るのとはまた別に、何らかの要素が隠されていることは想像できますね。
 何らかの敵や、問題が生じる場合や、金銀のように他の地方に旅立つというのも考えられます。
 まあ、そこはあまり気にしていないのですが……。

 今回の新情報で面白かったのはやっぱり旧ポケモンのリージョンフォームですね。
 特にナッシーは特集記事のビジュアルで笑い、動画の後ろ姿でまたくすりと笑ってしまいました。完全に見た目が笑わせにきてます。そしてタイプがくさ、ドラゴンと言うから驚き。ナッシーは素早さが微妙なので、隠し特性でようりょくそでも持っていないと先に弱点を突かれて苦しそうです。

 リージョンフォームによる氷ポケモンの増加も面白いのですが、しかしこの情報はできれば積極的に集めたくないと思いましたね。
 なんというか、旧ポケモンが新しい姿を見せるというのは実際にプレイしてみて初めて知る方が面白そうです。
「どうせナッシーでしょ」と思っていたらとんでもないナッシーが現れて、「えっ、なにこれ! ナッシー!? うわ、エスパーじゃなくてドラゴンだ」とか確認するのがとても楽しそうだと思いました。
 
 しかしわざわざ新ポケモンとして出さないということは、これは種族値は元のまま据え置きということでしょうか。そうだったら面白いなぁとは思います。そうじゃなかったら新ポケモンでいいのでは……? とも思ってしまいますから。

 
 NXについては早く情報が欲しいけれど、ポケモンについては情報をなるべくシャットアウトしたい。という面倒な状況になってきましたね。
 ポケモンサンムーンは11月発売なので、これからどんどん情報が解禁されていくことでしょう。
 今作では十字方向だけでなく、360度に移動できるようになったなど、いろいろな点でこれまでのポケモンとは変更があるので、実機で新しくなった点をどんどん見つけて遊びたいですね。
 そしてその後は対戦に没頭する、と。
 これはまた100時間以上プレイしてしまいそうです。
 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA