Kindle unlimited の気になる本。小学館のラインナップは個人的にとても魅力的です


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 先日サービス開始したKindle unlimited
 これは電子書籍マーケット、Kindleの商品の内、対象の作品が月額980円で読み放題というものです。
 対象作品数は、日本のもので14万冊程度。今後も増えていく予定となっています。
 まあ、14万冊と言っても好みに合う作品はなかなか見つからないと思いますがね……。なぜならアダルト作品が結構な量を占めていて、こう、サブカル作品はきちんと探さないと見つからない感じですから。

 でも、出版社別に探してみると狙った作品もそこそこ探すことができました。


スポンサードリンク

 まずコミックとライトノベルを探そうとしたのですが、集英社、KADOKAWAなどは参加していませんでした。マンガの方はまだしも、KADOKAWAがいないとライトノベルの方は寂しくなりますね。
 ガガガ文庫、HJ文庫、一迅社文庫、GCノベルズが主となってきます。

 作品で言うと一迅社は「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件」

 
 HJ文庫(ホビージャパン)やガガガ文庫(小学館)はそれぞれの作品の第一巻が対象となっていたりします。
 特にガガガ文庫は最近の新人賞作品や、最新作の「どうでもいい 世界なんて―クオリディア・コード―」なんかも対象です。

 
 GCノベルズはよく分かっていませんので割愛。

 マンガは結構第一巻が無料になることが多かったですが、小説は1巻無料はありませんからね。kindle unlimitedで1巻だけでも読めるのは、ライトノベル好きにとっては嬉しいことだと思います。

 
 マンガの方は芳文社から「ゆゆ式」の最新刊以外が読めたり、竹書房から「ぼのぼの」という作品を読むことができます。どちらも暇なときに読むのに最適だと思います。
 特にゆゆ式はまんがタイムきららの顔ですから、これは嬉しい。

 
 他にも気になる作品は結構ありますが、あとは自分で探してみてください。何だかんだ好みに合う作品も見つかると思います。
 とまあ、こんな風に始まったkindle unlimitedですが、気になるのは今後の作品の増え方ですよね。今は一気に14万点ほどの作品が対象になりましたが、今後の増え方はそこまで激しい増え方はしないと思います。
 増えるとしたら、KADOKAWAや集英社がunlimitedに参加することになった時くらいでしょうね。特にKADOKAWAはたくさんの古書を抱えていますから。

 しかし小学館こそ最新の作品を対象にしてくれますが、他の会社でそういう対応をするところは少ないでしょう。
 となると読みたいと思った作品はなかなか追加されてくれないでしょうね。
 読みたいだけの作品を読んでしまった後は、月額980円の元を取れるほど利用しなくなることが考えられます。そのときはサービスから素直に退会してしまって、また読みたい作品がたまったときにもう一度加入するのが良さそうです。

 ……とか言いながら、私はkindle unlimitedに参加してないんですけど。いや、だって、クレジットカード持ってませんもの。
 でもそのうち利用してみたいなーとは思っています。 


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA