本はね、やっぱり本屋で買いたいね


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 最近本をネットで注文する機会が増えました。
 それで、今はある店の期間限定クーポンの期限が近づいてきていて、何か最新の本を買いたい気分になっているのです。
 しかし、しかしですねぇ。


スポンサードリンク

 
 
 よく「ネットだと気軽に注文しちゃう、ポチっちゃう」なんて言いますが、私にとっては実際に本屋に行ったときの方がよほど気軽にレジに持って行ってしまうんですよね。
 目の前に本が並んでいる。
 最新刊が積まれている。それを手で触って、表紙、裏表紙、背表紙を眺める。
 あらすじが読めるものは読んで、内容に想像を膨らませる。

 そして紙の厚さ、ページ数なんかがしっくりくるものはもう、手から放せません。そのままレジに直行、もしくはもうしばらく本棚を物色してまた他の本に目を奪われ、悩んで悩んで、最初の本だけは諦めたり、もしくは財布のひもが緩んでどちらも買い物袋に入れてもらったりします。
 私は本が、ライトノベルが好きです。
 新品、中古問わず本屋では驚くほど長い時間を過ごせます。立ち読みをしているわけではなく、単に背表紙をつらつら眺めたり、表紙のイラスト、デザインなんかで引かれるものを探したり、積まれている本のあらすじを読んで面白そうだなと思ったり、もしくはそこまで興味を持たなかったり。……そんなこんなでいつの間にか時間が経っているのです。歩き回ったせいか、意外と気持ち悪くなっていることもあったり。

 
 でも、ネットの本屋はそういう、物色がそこまで面白くないじゃないですか。
 こう、紙の本などからは「この本面白いですよ。絶対気に入りますよ」って声がするじゃないですか。……いや、しませんけど、嘘ですけど。
 それでも「読みたい!」と思って買って帰った本は何かしなくちゃいけないことがあっても絶対我慢できずに読んじゃうじゃないですか。けどネットで本を頼もうとすると、「この本面白いのかな-? 新人賞、新作……。ちょっと不安だなぁ。
 頼んで結局読まなかったらお金の無駄ですし、やめときましょうかねぇ」なんていう迷いが生まれて結局安定したシリーズものしか読まなくなっちゃいそうで、ホントもう、冒険ができずに困っています。ええ、自分の心持ちの問題ですけど。
 
いつかの空、君との魔法 ザ・スニーカーWEB

 スニーカー文庫の新人賞。買おうかどうか迷っている作品の一つです。
 あらすじをまず読みます。
「あぁー。スニーカー文庫っぽい、スニーカー文庫っぽいあらすじ、設定ですね。はいはい、わかります。でもなぁ、あんまり面白そうには、思えないんですよね。でもスニーカー文庫を応援したい気持ちはあるし、新人の作品を読まずに評価するのもあれだし。さあ、どうしましょ」ってな感じに悩みます。

 そして疲弊して今に至ります。

 現在進行形かよっ。
 はい、そうなんです。現在もこの記事を書くタブ以外は注文サイトとスニーカー文庫公式が開かれたままです。

 
 こういうとき本屋に行けば買うかどうかは自分で決められるんですが、近くに本屋もないし、あってもこんな新人賞作品を置いてないくらい小さなところだしで、なかなか決められません。
 はぁ……。たぶん苦手なんでしょうね、通販。Amazonを使い始めたのもここ2,3年ですし、まだまだ上手く使い切れていないのかもしれません。という、自分語りでした。

 さあ、どうしよう。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA