やっぱりハイキュー!!は面白い。22巻感想

 
 始めに一つ。
 先日Kindleストアのカドカワ祭りについて紹介しましたが、book walkerの方でも同じセールをやっているみたいですね。
 そこで初めて知ったんですけど、Kindleのポイントにあたるbook walkerのコインがものすごくお得なんですよね。Kindleではよく20%還元してますけど、184コインって40%以上還元してますもの。
 思わずKindleからbook walkerに乗り換えてしまいました。

 そんなわけで、23巻発売間近の今頃ハイキュー!!の22巻を買って読んでみました。新刊が出る時期から一巻分遅らせて読むと、こういうコイン増量セールに立ち会えることが多いから嬉しいものです。
 まあ、22巻を読むとすぐに23巻が欲しくなっちゃうんですけど……。


スポンサードリンク

 この巻は完全に音駒高校が主役でした。
 その中でも、烏野と対戦したときにはあまり目立たなかったLiの夜久くんがものすごい活躍をしていてびっくりしました。表紙はサラッとながしていたのですが、その夜久くんが表紙だったんですね……。改めて見てみると本当にかっこいい。

 音駒と梟谷の対決ということで、やっぱり見所はスーパーエース木兎と研磨の戦略でした。木兎は相変わらず春高出場がかかった試合でもテンション高めだったり、とんでもないすっとぼけをするのが可笑しかったですね。
 そんな彼の性格をすくっていくような音駒の戦い振りもすごかったですが、結局木兎の強さは圧倒的でした。
 雰囲気としてはウシワカの方があり得ないくらいの強敵感にあふれていて、実際怖いくらいの実力を持っていたのですが、それと遜色のない実力を持っているのが木兎なんですよね。
 あの軽ーい性格のせいでだいぶ今日キャラ感が薄れてますが……。

 戸美高校との対決は、これはこれでフィクションとしては面白かったです。
 周りが相手の言動に戸惑うのに対して、相変わらず研磨と黒尾の二人は冷静に、確実な戦いをしていくのが地味ながらかっこいい。同様に、夜久くんの頼りがいも相変わらずすごかったですが、最後の方の展開で一気にどうなっちゃうのかわからなくなりましたね。

 でも、研磨の最後の一言にこもった安心感は異常。
 もうこれ、絶対音駒が勝つじゃないですか。
 冷静な研磨の確信的な一言に、それまでの不安とか一気に吹っ飛んじゃいましたよ。
 ……うわぁ、23巻買いたい! けど、4ヶ月くらい待てば値引きされるし……。

 そんな感じの22巻。
 やっぱりハイキュー!!は登場人物たちがかっこよくて、単純明快に楽しめますね。
 次巻も楽しみです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です