任天堂のファンだけど、だんだんスイッチが不安に思えてきた


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 私がこれまでニンテンドーNXとして期待を募らせてきたニンテンドースイッチですが、初めての公式発表から数日、なんだか微妙に不安に思えてきました。
 


スポンサードリンク

据え置きゲーム機ということ

 ニンテンドースイッチは公式サイトでは「家庭用据え置きテレビゲーム機」として紹介されています。
 明らかに携帯して使えるのにもかかわらず、あくまで携帯機との合成ではなく、据え置き機だと言っているのです。

 これのどこが不安かというと、3DSの後継機が登場する可能性が残っているという点が不安です。

 ファミ通のインタビューにて3DS、WiiUとの互換はないというのが発表されましたから、スイッチを買ったからといって3DSなどを売る理由はないのですが、なんだか色々とハードの事情が分かりづらくなりそうで嫌ですね。
 私一人ならきちんと情報を集められるから良いですが、任天堂の基本的な顧客である家族層に対してきちんと情報を伝えられるのかが心配ではあります。
 WiiUの時も、Wiiとは違うものだっていう事実がきちんと伝わらなかった例が多く見られますしね。

 あと、統合ハードになって、スイッチさえ持っていれば任天堂から出るソフトは全部買えるという状況になるのがこれまで多くの人が想像してきた形だと思うのですが、もし違うハードが出るならその形はおそらく崩れてしまうことでしょう。
 
 任天堂がスイッチのことを据え置きゲーム機と言っているのが、海外の据え置きゲーム機需要を逃さないためだと言うのなら不安の種はなくなるのですが、スイッチの情報をなかなか出さなかったことといい、任天堂のこれから取る方針が霧の中に包まれている現状には多少の不安を覚えてしまいます。

価格

 任天堂がスイッチを据え置きゲーム機と呼んでいることからだんだん不安に思えてきたのですが、任天堂の据え置きゲーム機は基本はいつも2万5千円で販売されています。
 WiiUだけはゲームパッドのコストが高すぎたのもあってプレミアムセットが3万円ほどなのですが、任天堂がスイッチにてこのラインでの販売を許容してしまうかが不安です。

 3万円というのはやはり高いです。
 PS4がだいたいそれくらいですが、子供が親にねだるには5千円の違いは大きいと思います。

 それにこのゲーム機は見た目、携帯ゲーム機なんですから、イメージのままに捉えられて「あのちっちゃなピコピコに2万5千円は高いなぁ」と3DSと同様に親御さんから嫌煙されてしまう可能性もあると思います。
 ここら辺、広報の人に頑張ってもらいたいのもですが……。

 私も2万円という予想こそしていましたが、任天堂が明らかに「据え置きゲーム機」であることを主張していることに気がついた今、その予想は間違っていそうな気がしてなりません。
 2万5千円、なのかなぁ?

 でもニンテンドースイッチが据え置きゲーム機としての機能を果たすためにはまずドックが必要なわけで、これをどう扱うのかによっても値段は変わってきそうな気がします。

 というか、スイッチが完全に据え置き仕様で、ドックがなければ充電もできない! みたいなパターンも想像できてしまって怖いです……。
 そんなことが起こったら珍しくがっかりしますよ、さすがの私も。
 ドックなしで2万円だったら良いなぁとは思うんですが、まあ、単なる希望に過ぎませんし、ゼルダ最新作が遊べてさらに携帯できて2万円とか現実的じゃないような気もしてきたので、予想は取り下げましょうかね……。

 まあ、ドックが必ず必要でもそうでなくても、私はドックを買うし、スイッチ自体発売日にちゃんと買うんですけど。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの発売日

 最後に不安な一点。
 ニンテンドースイッチが2017年3月に発売されるというのは前から発表されていますが、ゼルダに関しては一向に2017年発売という表記から変わっていないということ。

 ずっとローンチ(本体発売日に同時販売)で出るものだと思っていたのですが、これがスイッチ発売後しばらくしてからの発売だったら残念で仕方ありませんね。
 昔、私は3DS発売時に「新光神話パルテナの鏡」がローンチで発売されると思っていた時期がありましたから、それが繰り返されるのが少しだけ恐ろしいです。

 人食いの大鷲トリコみたいに、何度も発売延期されることもゲーム業界ではあり得ますし、ゼルダの伝説に関してはすでに何度か延期されているので、色々と不安要素ではあります。

でもやっぱり期待できること

 本体の面で不安はありますがそれでも、任天堂がスイッチに向けてソフトをため込んでいそうなことは予想できます。
 ゼルダもですが、開発が後回しにされた本家ピクミンだったり、スイッチの映像にも登場したマリオやスプラトゥーンの新作だったり、スイッチには多くのタイトルが集まってきそうです。

 また、なかなか家に誰かを招くことのない私でも持ち運びができるスイッチであれば誰かと一緒にプレイすることもできるかもしれないというのは嬉しいところです。……いや、無理かもしれませんが。

 何はともあれ、ひとまずはゼルダがプレイできるだけで十分といったところでしょうか。そしてスプラトゥーンは、ほぼ生業のように当たり前にプレイすることになるでしょう。
 以上の作品はWiiUでも出ている(出る)以上、スイッチにてクオリティのアップした(画質とかそういう意味での)ものが楽しめるわけではないでしょうから、ニンテンドースイッチという本体自体にどうしようもなく期待しているという意味にはならないでしょうが、それでもそういったソフトが出るスイッチを楽しみにする理由にはなると思います。

 ローンチソフトは前々から言っているように色々プレイする予定ですし、ソフト面に関しては非常に楽しみにできると思います。


記事一覧へ


スポンサードリンク
人気エントリ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA