サバクのネズミ団のバグに悩まされつつもプレイ時間15時間突破


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 所々放置も含めながら、プレイ時間が15時間を突破しました。

 サバクのネズミ団は時間経過で状況が変わっていくゲームなので、放置することでネズミたちに見ながらやるよりも面倒なくタスクをこなさせることができるのですが、食料がいつの間にかなくなっていた……なんてこともあるので放置はあんまりするべきじゃないかもしれませんね。
 ま、どのくらいまで放っておいても良いのかというチキンレースみたいな、別のゲームが始まっちゃいますが……。


スポンサードリンク

ちょっとした、でも不安になるバグ

 いや、まあ、仕様ではないと思うんですが、このゲームを進めていくとあるネズミに黄金郷のある場所をしめる座標データを100個渡す必要が出てきます。
 それで私は必死に100個の座標を集めたのですが、ある拠点まで行けば現れるはずのネズミが一向に現れません。

「えっ? なぜ何?」と焦って他の拠点に行っては戻ってを繰り返したのですが、どうしても現れません。
 それで少し怖かったですが、いったんセーブしてゲームを再起動することに……。
 これ、もし駄目だったら致命的な進行地点でセーブしちゃって積むところでしたね……。

 でも再起動のおかげで30分くらい出てこなかったネズミが現れるようになり、ようやく進めるようになりました。いやぁ、肝が冷えますね。
 私が買ったときにはver1.1が出ていましたが、意外とバグが多いですね。
 今回は再起動で直りましたが、これで進行不能になったらさすがにプレイはやめていたでしょう。けど、バグも直って目標の黄金郷への道も開けてきましたし、ゴールはもうすぐですかね!

 引き続き黄金郷を目指してプレイを続けたいと思います。

 ちなみに、情報を買ってファクトリーが作れるようになってからはこのゲームの世界が一気に変わって面白かったです。
 今までスクラップからネジとかを一個ずつ作らなきゃいけなかったのが、鉄鉱石を炉で溶かして鉄板にして、その鉄板を元に一気に4つのネジなどを製造できるようになったのは大きいです。
 ファクトリーの作り方の情報を買わずに先に進んでしまっていたから、それまでは結構苦労していたんですが、苦労した分近代マシンの便利さが身に染みましたね……。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA