最終巻かとビックリ。「かぐや様は告らせたい」第6巻の感想

 皆さん、こんにち殺法!

 紙の本はもっと前に発売されていましたが、電子書籍になったのはつい昨日のことなので、ここで感想を述べたいと思います。
 一部作品は、紙の本の発売から1ヶ月後くらいに電子書籍が発売されるので流行に少し遅れ気味になってイヤですね。……まあ、それを言ったら雑誌ではなく単行本だけを買っている時点で最新のお話にはついて行けていないわけですけど。

 
 ところでまあ、まず6巻を最後の方まで読んでいくと終盤辺りで「あれ!? もうこの巻が最終巻!?」みたいに思わされる展開があってビックリしましたね。もちろん夏休みが終わって、時間の経過的に考えればそろそろ生徒会の任期は終わるわけですが、もうちょっと先の話かと思っていました。
 ただしこれからも、7巻の白銀会長の頑張りによってはちゃんと続いてくれそうなので嬉しいです。……藤原さんは、でますよね!?
 
 各お話ごとのサブタイトルに「そして、石上優は目を閉じた1」というものがあったので、もちろん打ち切りでもなければ次巻以降で2とか3とかも語られるわけで、ちゃんと考えれば最終巻でないことはわかるわけですが、まあそこは、ほら、ね。
 今回は石上の過去に何かがあったことも触れられていたので、7巻以降でも彼は登場し、秘密が語られていくことになるんでしょうね。

 あれ? ……藤原さんは出るんですか!?(大事)

 
 ここからは気になったお話とか。
続きを読む “最終巻かとビックリ。「かぐや様は告らせたい」第6巻の感想”

近況報告

 お久しぶりです。
 お盆は大阪に行ってきたので、その間のブログ更新が滞っていました。……が、帰ってきてからもどーにもブログ更新というか家でパソコンを開くことすら億劫になっていたので、前回の更新から約10日ぶりの更新となりますね。

 今回は生存報告がてらに最近遊んだゲームや本についての紹介をします。

ゲームについて

 ゲームの方はお盆に買ったソフトが2つあります。
 まあ1つは上の画像にもあるとおり、クロバラノワルキューレというソフトです。そしてもう一つは評判のよいFPSであるタイタンフォール2
 

タイタンフォール2

 まずはタイタンフォール2ですが、評判の良さも分かる、動かしていて楽しいゲームだと思いました。
 シングルプレイも面白いと言われていますが、私はBF1、CODIWでシングルプレイを投げてしまったのと同じように中途半端に遊んだままマルチプレイに移行してしまいました。
 
 タイタンフォールでは、プレイヤーがいろんな場所を自由に飛び回ること前提にマップが作られていて、まず自由に空を駆けるだけで楽しかったです。
 その上ゼルダの伝説におけるフックショットのようなアイテムも自由に使えるため、いろんな建物を登ったり慣性を利用して大空にジャンプしたりと、やはりこれまた移動が気持ちいいゲームでした。

 ジャンプするFPSというとCODが有名ですが、あちらよりも広いマップで戦うため、BF1で培った感覚が生かせて個人的にはCODよりも戦いやすく感じました。また、CODの最新作は評判が悪くマルチプレイヤーに残っているのは猛者ばかりのため私はキルレ0.3とかそれくらいの結果しか出せないのですが、初心者っぽい動きの人も多いタイタンフォール2は始めたばかりの私でもキルレ1前後を出せたのでだいぶ気楽ですね。
 マルチプレイヤーにもミニオンと呼ばれる弱いAI兵士がいるため、対人で勝てなくても活躍している感じになれるのも楽しいところ。
 
 これからも気軽に遊んでいきたいですね。

  続きを読む “近況報告”

大逆転裁判2をプレイ中

 大逆転裁判2が発売されてから早1週間近く経ちました。
 
 その間、スプラトゥーン2やBF1を遊びつつも、まとまった時間を見つけては(主に睡眠時間を削ったが……)大逆転裁判2をプレイしていました。
 というか、発売されてから2日くらいは、前作大逆転裁判成歩堂竜ノ介の冒険を遊んでいたため全然2に手を付けてなかったんですけどね。いや、ほら、前作って短所として「単体で完結していない」点が頻繁に指摘されるくらい伏線やら謎が残ったまま終わってしまいましたから、その詳細を確認しておきたくてですね……。
 あ、私は前作も非常に楽しませてもらいましたよ。巧舟さんのシナリオはやっぱり読んでて楽しいですし。1話から飛ばしまくってるのも良かったです。
 
 
 そして大逆転裁判2ですが、こちらも非常に楽しい作品に仕上がっていますね。

続きを読む “大逆転裁判2をプレイ中”

ついに登場! ボールドマーカーの性能についてご紹介。「スプラトゥーン2攻略」

 前作、スプラトゥーンにて唯一の超短射程シューターであり、しかし何だかんだキルタイムはガロン52とかの方が速いといういろいろ微妙な性能から使用率はかなりガチマッチでの低かったものの、そのパブロ先輩にも似た愛嬌から一部から根強い人気があったボールドマーカー。
 その代名詞とでも言えるのが「雷神ステップ」でしたね。これは自分の足下を塗ったあとに一瞬でイカ移動をして相手インクに突っ込み、足を取られる前にまた足下を一瞬だけ塗ってまた相手インクに突っ込んで……というのを繰り返して相手インク中でも恐ろしいほどの機敏な動きを可能にするテクニックでした。まさにボールド(大胆な)。
 
 なお、一説によるとビーコンとゾンビ戦法、そして雷神ステップを生かしたゾンビボールドは普通に強かったとかなんとか……。(ゾンビ戦法自体が前作では脅威でしたが)

 
 8月5日のアップデートにより、そんなボールドマーカーがスプラトゥーン2に登場します。
 今回のボールドは接近しやすいサブとしてカーリングボム、そして接近した時に強いスペシャルであるスーパーチャクチを持っての参戦です。
 正直サブはともかく、スペシャルは接近戦に強いボールドにはいらないものなのでは……? と思いましたが、まあ使いどころでちゃんと使っていけば普通に強いですよね。ただ、スペシャルくらいは遠くの敵に対処しやすいジェットパックとかが良かったかなぁとも感じました。

続きを読む “ついに登場! ボールドマーカーの性能についてご紹介。「スプラトゥーン2攻略」”

エイム練習の方法。初心者からS+まで「スプラトゥーン2攻略」

 スプラトゥーン2、皆さんはまだやっているでしょうか?
 私はバリバリやっています。
 前作スプラトゥーンを遊びまくったから2はもうあんまり遊ばないだろうなぁ。なんて事前に言っときながら、このまま100時間は軽くプレイしてしまいそうなくらいです。

 
 今回はスプラトゥーンの特徴的かつ、勝負で最も大事になるエイムについてのお話です。

はじめに

 
 初心者のうちは敵にしっかり弾を当てることが難しく、当てられたもん勝ちというところはあります。だからローラーとかの方が、初心者のうちは扱いやすかったりしますよね。
 中級者になると立ち回りの重要度に気が付いたりすることでしょう。そしてエイムよりも立ち回り……と考えるようになるかもしれませんが、何だかんだ言ってエイムがしっかりしていないと立ち回りも生かせません。
 上級者になるとある程度の立ち回りはみんな分かっているので、押し込まれた時に逆転を目指すとなると、結局はエイム力で強引に相手を突破するしかなかったりします。スペシャルだけで打開できるなら、相手のスペシャルで封殺されちゃうことにもなりますし。

 
 だから私は、個人の戦闘能力を引き上げるためにまずはエイムが大事だと思っています(今は)。索敵能力とエイム力の2巨頭ですね。
 そんなわけで、今回はエイムの練習方法を紹介します。

続きを読む “エイム練習の方法。初心者からS+まで「スプラトゥーン2攻略」”