ゼノブレイド2の動画から、情報を分析、妄想してみる

 先日のスイッチ発表会にて、ゼノブレイド2の発売が決定しました。

 Wiiで発売されたゼノブレイドが名作であるという事実が知れ渡り、長いこと経ちました。
 そこからゼノブレイドクロスという続編(?)が開発され、2015年に、ゼノブレイドがnew3DSに移植されるとともにWiiUでゼノブレイドクロスが発売されました。

 ゼノブレイドの魅力は広大で美しいフィールド、熱い物語、心に残る音楽、モナドを用いたシームレスなバトル、絶望感あふれるユニークモンスターなど様々でした。

 ゼノブレイドクロスでは、その中からフィールドの出来の良さを取り出して大幅強化したような作品になっていました。
 残念ながらストーリー自体はそこまで評判は良くありませんが、ユニークモンスターに代わる強大なオーバードとの戦いなど、ゲームプレイの部分では非常に魅力的な作品でした。まあ、ハマる人はハマるけど、必ずしもそれはゼノブレイドを遊んだ層と合致しないって感じでしたね。
 あ、ちなみに音楽も私は好きでしたよ。でも比べてしまうと、ゼノブレイドの方が音楽とともにストーリーが思い返され、聞くだけで熱い気持ちになる点で、無印の音楽の方が好きだったかも。

 
 そして発表されたゼノブレイド2。なぜここで2!? って言われそうですが、見た感じストーリーを重視しているゲームっぽく、加えて動画最後の風景がゼノブレイドのオープニングと似たような風景であるため、クロスよりも直接的に関係している物語だからなのかもしれません。
 ゼノブレイドもゼノブレイドクロスも非常に熱中できた私なので、きっと2も間違いなく楽しめるんだろうなぁ、と、どんなゲームか見えていない今からすでにワクワクし始めています。
 一つ言えるのは、2の最後の部分に現れた超巨大なモンスターともいつかは戦えるはずだということ。それだけで、もう十分興奮できる材料となり得ます。早く戦いたい!

 ……さて、ここからは少ない情報から確実に言えることを分析し、その他をちょっと妄想していきたいと思います。

続きを読む “ゼノブレイド2の動画から、情報を分析、妄想してみる”

スプラトゥーン2にて登場のスプラマニューバーのテクニックについて妄想

 あああああ、頭が沸騰しそうなほどに興奮するぅうううう!
 
 はい、ニンテンドースイッチのソフトが色々と明らかになって2日経ちますが、未だに興奮が冷めません。というか、スプラトゥーン2については、今日が一番興奮して語りたい気分になりました。
 昨日、一昨日はマリオとゼルダが楽しみすぎて奇声を上げてましたけどね、小声でね。

 しかしそう、スプラトゥーン2でもっとも気になるのは新ブキ種スプラマニューバーなんじゃないでしょうか。
 二丁拳銃で、かつダッシュ機能が付いているというのが既存の武器とまったく異なる点です。
 まあ、二丁拳銃なのは見た目だけの問題かもしれませんが(操作は今まで通り)、ダッシュはすごいですよね。スプラトゥーンの遊びを強引に変えてくれる新ブキの予感がします。

続きを読む “スプラトゥーン2にて登場のスプラマニューバーのテクニックについて妄想”

ニンテンドースイッチダイレクトっぽい映像の感想。めちゃ興奮です

 ニンテンドースイッチの全貌が明かされましたね。
 1時間の映像でしたが、気持ち的にはあっという間に終わってしまいました。

 以下、実況的な感じで感想を書きました。
 誤字、脱字は明日以降修正していくつもりですが、まずはそれも含めて読んでいただければ。
 ひとまず大事なところは赤字にしておきましたから。

続きを読む “ニンテンドースイッチダイレクトっぽい映像の感想。めちゃ興奮です”

レート1500まで落としたお話「サンムーンレート日記」

 久しぶりにレートの話をします。
 近頃はポケモンの育成にそこまでやる気がおきず、たまーにぽつぽつポケリゾートを起動しては電源消して……という日々を過ごしていたのですが、シーズン1も終盤ということで、久方ぶりにたっぷりレートに潜りました。

 前回は確か、晴れパでレート1800を達成したという話だったと記憶しています。
 では今回はどこまで行ったのか、ふふふ、ついにレート1900まで行っちゃったんじゃないのかなんて思っている方、残念。
 レート1500まで落としました。いやもう、自分でもビックリ。夢なんじゃないの? むしろ夢であってほしい、そんなことを思ってしまいます。
 しかし夢はいつか叶うもの。
 はい、レート1500まで落ちました。現実を見つめました。さて、ふて寝しよう。

  続きを読む “レート1500まで落としたお話「サンムーンレート日記」”

「悲衛伝」の感想

 西尾維新さんの<伝説>シリーズ第八巻となる悲衛伝を読みました。
 相変わらずページ数が多いですが、語りが軽妙なのもあって結構すんなり読み終えてしまいました。

 前作までの感想は書いていなかったので、最初にちょっとだけ触れてから今作の内容に入っていきたいと思います。
続きを読む “「悲衛伝」の感想”