「戦姫絶唱シンフォギア」一挙放送の感想

 戦姫絶唱シンフォギアAXZの放送直前と言うことで、3日連続でシンフォギアの一挙放送がニコニコで行われていました。
 普段は生放送の情報とかまったく確認しないんですが、たまたま初日の序盤で放送に気づくことができたので、そこから3夜連続でシンフォギア三昧の送りました。
 第四期AXZの放送前と言うことで、これまでのシリーズの感想を書いていこうと思います。

続きを読む “「戦姫絶唱シンフォギア」一挙放送の感想”

「劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール」を見てきました。

 ここ数年、人気のドラマとかを追っていないせいか、見に行く映画がアニメ映画ばかりになっている(゜…゜)と申します。なぜか自己紹介。
 
 人気ライトノベルの映画化と言えば「禁書」を思い出しますが、あちらの方はこれまで見に行ったことがありません。また、ソードアートオンラインについてもアニメを見るのは初めてで、原作も6巻くらいまでしか読んでいません。
 それでも大々的な宣伝に興味を引かれ、映画館の近くに寄った時にふと見に行くことを決めてしまいました。
 
 感想を一言で言うなら、すごいクオリティでした
 ソードアートオンラインという作品の1つのお話が、2時間の中できちんと完成されているなぁ。と、言った感じ。

 ……ただ、原作6巻で読むのを止めちゃった身としては「まあ、ソードアートオンラインだなぁ」という良くも悪くも的な感想になっちゃいますね。
 逆に言えば、アニメを見たことがなくても原作が好きだ(特に1巻)という人にはオススメできる作品になっていたと思います。 
 私は、ほら、そういえばゲーム系小説って好きじゃないですし。……ならなんで見に行った、って感じですけど。

 ストーリーに関してはこんな微妙なことしか言えませんでしたが、しかしアニメとしての完成度は高かったです。
 だから全体的に見ればとても楽しめたと言えるでしょう。
 作画きれいだなぁ、とか、音楽いいなぁ、とか、終始感心してしまいました。
 まあ単純にアニメーションのぬるぬるっぷりとか、夜空のダイナミックな描き方だったら君の名はの方が良かったんですけど、オーディナルスケールというゲームを表現する作画に関してはあちらの作品とはまったく趣の異なるものであるため、ワクワクして眺めていられました。
 
 それぞれの点について、もうちょっとだけ書いていきます。
続きを読む “「劇場版ソードアートオンライン オーディナルスケール」を見てきました。”

「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に期待大。初代、金銀のリメイクか?

映画公式サイト

 ポケモンサンムーンが発売され、アニメもサンムーンの世界に入っていったという噂がちらほら聞こえてきています。
 作画がどうのこうの言われていたようですが、まあ一部で騒がれていただけでポケモンらしさは失われていないんでしょうね。最近はそんな話は聞かなくなったことですし。

 残念ながら私はアニメを見なくなって長いこと経ち、夏の映画を見に行くことはそれ以上にご無沙汰しています。見るとしてもテレビでやっているのを、ながら見程度しかしていませんでした。
 ゲノセクト……は、見たかな? といったくらい。

 しかし来年の映画は20周年記念の作品ということで、いつもとはひと味違うようです。

続きを読む “「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」に期待大。初代、金銀のリメイクか?”

「ユーリ!!! on ice」第4話の感想。ついに準備は整った……

 遅ればせながら、ニコニコのタイムシフトでユーリ!!! の第4話を視聴しました。
 男子フィギュアスケートという題材や、ヴィクトルの性格面から多少男同士の絡みが強調される部分もありますが、それも含めて楽しく見させてもらっています。

続きを読む “「ユーリ!!! on ice」第4話の感想。ついに準備は整った……”

「ユーリ!!! on ICE」第三話の感想

 ユーリ!!! の第三話を見ました。
 第三話のタイトルは「僕がエロスでエロスが僕で!? 対決!温泉 on ICE」と、毎回のようにちょっとふざけた感じのネーミングセンスが光ります。まあ、「なんのピロシキ」よりはちゃんと物語に沿ってると思いますよ。

 いやぁ、しかし残念ながら第二話は見逃してしまいました。ユーリ!!!はニコニコ動画では普通は有料で、最初の生放送の一回だけは無料なんですね。それを分かってなかったため、WiiUから見ようとして有料だったためにかなり消沈してしまいました。
 うん、でもこれからはきちんとタイムシフト予約をして視聴することができそうです。
 アベマTVで見逃し放送がやっているのにも気がついたんですが、時間を忘れてて結局見られませんでしたし。

続きを読む “「ユーリ!!! on ICE」第三話の感想”