うご中ゲットでチュウ(深夜テンション)


 任天堂の方で配信されていた動画です。
 ウゴメモ(DSi)とは任天堂がブログサービスなどで有名なはてなとコンビを組んで運営していた動画投稿サービスです。と、まあこれだけ言ったらYouTubeなどと勘違いされてしまいそうですが、そのメモ(動画)は全てユーザーの手書きとなります。
 まあこれくらいならけっこう有名なサービスだったし知ってる人も多いと思います。
 私も毎日、毎日ウゴメモシアター(動画が集まるサーバー)にアクセスして動画を投稿したり、有名な人の作品を視聴したり、好きなジャンルの作品を視聴し回っていました。私の青春はウゴメモにあり、と言ってもいいくらいでした。
 私がカービィに深い思い入れがあるのも、このウゴメモが始まりです。
 
 かつてのウゴメモにはレベルの高い動画クリエイターが何人も集まりました。ウゴメモがなければ絵の上手い学生で終わっていたかもしれない人たちが、自身の作品を投稿し、質を高め、さらに動画の性質を理解し生かすことで素晴らしい作品を生み出していったのです。
 マリオ、カービィなどの各ジャンルごとに数人のカリスマ的人気を誇るクリエイターがいたのですが、私が中でも熱心に追い求めていたのがカービィのオリジナル漫画を描いていたタクーンという人物です。ついに完結を見ることができませんでしたが、70話近く(毎作品1分よりちょい短いくらい)に及ぶそれを私が忘れ去ってしまうことは、今後もあり得ないでしょう。
 他にもポロさんという方や、すごい人たちが本当にたくさんいたのですが、それはまたいつかの機会にまとめてみたいかもしれません。語り出したら止められない止まらない。でも、焦って適当に書きたくはないので、書ききるのは難しいかもしれません。
 現在ウゴメモ3Dでの活躍が確認できているのは日常漫画を描くレモンTさんと、マリオやカービィのバトル動画(クオリティ高し)やオリジナル漫画を描くマリルイという人しかいません。最近はウゴメモギャラリーに足を運んでいないので、もし他にもこんな有名人がいたよ、という報告があれば嬉しいです。
 そして、もうひとつのウゴメモが生んだ文化というのが、チャットです。いえ、チャット自体は任天堂が作ったものでは決してないのですが、作品のコメント欄で絵を使ったチャットをするというのはウゴメモ特有の現象でした。任天堂とはてなはただコメント機能を付けただけでしょうから、どこかの誰かがコメント欄でチャットをするというアイディアをひねり出したんでしょうけど、かなり画期的なアイディアですよね。と、私は思いました。
 現在、そういったメモに対してのコメントでチャットをするのはMiiverseの方に受け継がれています。誰かのコメントに返信して、それにまた本人がコメントを付けて、というように。やっているのはウゴメモ世代の人たちなんじゃないかなぁ、と私は密かに思っています。
 ウゴメモ3Dは月に100円が必要になり、さらにコメントをするにも月100枚もらえるコインが1枚必要になってきます。というわけでウゴメモでチャットをすることはそうとうリッチな人でないとできないでしょう。
 
 ……いや、DSiバージョンが無料で使えていたことの方が驚きなんですよ、本当なら。
 現在のウゴメモは普通にしていると人気のなかった作品は時間が経つとサーバーから消えてしまうようになっています。コメントの制限もコイン制という形でできあがりました。これはひとえに、サーバーの負荷を押さえるためだと思います。3DSで画素数が上がったことや、色も多く使えるようになったので、DSiと同じ使い方をしていてはサーバーがいくらあっても足りないのではないでしょうか。おそらくですがDSiで行われていたチャットというものも、サーバーの負荷になっていたと思います。みんなの投稿した作品は一から十まで全部そろっていました。きっと全世界で考えればすごい負荷がサーバーにかかっていたことでしょう。
 それが基本無料だって言うのですから、やっぱりすごいことです。
 話を戻しましょう。
 ウゴメモで私はカービィチャットなるものを作っていました。カービィ好きが集まって駄弁ろうというシンプルな内容です。そこにはそこそこの数の人が来ましたが、しかし結局は打ち解け合った4,5人が話すためだけの場所となりました。あまりにも仲間内で打ち解けすぎていたため、新しく人が入ってきにくかったのだと思います。また、DSiバージョン後期になると私たちも少し飽き始めていたのもあって、チャットがガラガラになる日が少なくなかったのも原因でしょう。
 しかしそれはそれで、居心地の良いものでした。大手のチャットは一分一秒、もの過ぎスピードでコメントが流れていくので、必死にならないと会話について行けないのがひどくストレスになるときがあったのです。私は集団で話をするのが苦手なので、数人グループでじっくり話し合えたのは結果的に良いことだったと言えるでしょう。
 ウゴメモDSiバージョンが終了するそのときまで、私たちはそこに集まって今まで楽しかったね、などと語り合っていました。サービス終了の時はとても悲しかったです。特に私は最後の日に向けて作品を作り上げたかったのでなかなかチャットに行くことができず、本当はもっとたくさん話したいことがあったのにそんなに話し合っている余裕はありませんでした。……いや、たぶん話していたらまた次に話したいことができて、結局言い足りないことだらけで終わってしまったんでしょうけどね。
 ウゴメモが終わったことは、ある種のトラウマのように今も心に刻まれています。楽しかったあの頃の証があまりにも少なすぎて、悲しくなります。ウゴメモの楽しかった思い出には、いつも冷たい影が射すんです。3DS版にのめり込めなかったのも、それが原因の一つなのかもしれません。
 そうして、私はウゴメモで知り合った友人たちと別れを告げました。
 
 ただ一人を除いて。
 いや、はい。一人だけチャットの最初期から付き合いが始まり、今もなぜかフレンドとして一緒にスプラトゥーンを遊んだりする仲なんですよね。本当に不思議なつながりだと思います。探せばいくらでも似たような例は出てくると思いますが、それでもネット上の付き合いがこれほど長く続くのも私の常識の中ではかなり珍しいことです。
 ネット上の付き合いは気をつけろ、とは言いますが、彼にならいくらか騙されても良いような気がしますしね。……たぶん、そうなったときは騙されたことよりも、今後の付き合いがなくなることが悲しくなると思います。
 ウゴメモを悲しみの記憶で終わらせない。
 友達でいることに理由を付ける必要はないですが、もしも彼がフレンドでなければ、私の中のウゴメモの記憶はもっと悲しいものになっていたのだと思います。
 
 あれ、なぜ私はこんなにも語っているのでしょうか。やっぱりウゴメモ関連のこととなると、自制が利かなくなるのかもしれません。
 そんなわけで(という一言でつなげられる話じゃなかったが)、ウゴメモ3Dで公式が発表した作品を眺めて感想でも書いていきたいと思います。

続きを読む “うご中ゲットでチュウ(深夜テンション)”