「りぶねす」第一巻の感想

りぶねす(1) (講談社コミックス)

堂本 裕貴 講談社 2014-11-17
売り上げランキング : 10934

by ヨメレバ

 つい最近最新刊である6巻が配信された「りぶねす」なのですが、実はずっと前に行われていた無料期間中に1巻を購入していたんですよね。……忘れていたんですけど。
 そのことを思い出して読んでみたのですが、予想以上の面白さに「もっと早く読んでおけば」と思ってしまいましたね。

  続きを読む “「りぶねす」第一巻の感想”

「校舎の天では悪魔が嗤っている」第一巻の感想。前の作品とは、ちょっと毛色が違うかな

校舎の天では悪魔が嗤っている(1) (ヤンマガKCスペシャル)

蜂屋あいet小山鹿梨子 講談社 2016-12-20
売り上げランキング : 9373

by ヨメレバ

 
 去年の末に発売された「校舎の天では悪魔が嗤っている」を読んでみました。
 表紙買い……というか、タイトル買いでしたね。

 一応「校舎の裏には天使が埋められている」のストアでは続編って紹介されてたんですけど、直接的なつながりはよく分かりませんでした。というのも、校舎裏に関しては面白かったけど買う機会を逃して2巻までしか読んでいないからです。
 あっちが少女マンガなのに対してこっちが男性向けなのも、色々とごっちゃごちゃ。どちらも過激な表現がありますが、男性向け作品は大抵エログロ方面に過激になっていく……という例に、根本から沿ってしまっている感じ。
 面白かった点もありますが、個人的には続編は買わないかな? といったくらいの視点からの感想です。

 ところで、楽天koboの全品20%還元が今月で終わりみたいですね。
 電子書籍ストア比較の記事を書き直さなきゃなぁ……とか、考えてしまいます。楽天koboは全品ポイント20%だったから他よりも普段から安く買えたわけで、それが終わってしまったらbookwalkerで全部買った方が安くなる人もいるでしょうし……。
 しかしタイミングギリギリでよかった。実はkoboの電子書籍リーダーをカートに入れるくらいまで、購入欲が高まっていたんですよね。本代が安く済むなら、読みごこちはリーダーの方で良くしよう……などと考えていたけど、これはKindle端末とかでbookwalkerアプリを使った方が……いや、もう電子書籍リーダーはしばらくいいか。

 雑談が長くなりましたが、本題に戻ります。
続きを読む “「校舎の天では悪魔が嗤っている」第一巻の感想。前の作品とは、ちょっと毛色が違うかな”

「小森さんは断れない!」1~4巻を読んでの感想

小森さんは断れない! (4) (まんがタイムコミックス)

クール教信者 芳文社 2015-10-07
売り上げランキング : 38246

by ヨメレバ

 小森さんは断れない!は、最近5巻が発売されたばかりのマンガ作品です。
 5巻がbookwalkerの日刊ランキングで上位に上がっていたのを見て初めてタイトルを知った作品で(アニメ化されてたんですね)、そこからひとまず中学編とでも言うべき4巻までを購入してしまいました。

 作者のクール教信者さんは、現在アニメ公開中の「小林さん家のメイドラゴン」の作者でもありますね。……まあ、最初まったく気づかず、読み終わってbookwalkerアプリがオススメの本を表示させたところでようやく気がついたのですけど。

続きを読む “「小森さんは断れない!」1~4巻を読んでの感想”

「ガヴリールドロップアウト」1,2巻の感想。個人的評価としてはキャラクター面が微妙かな……

ガヴリールドロップアウト (1) (電撃コミックスNEXT)

うかみ KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-12-19
売り上げランキング : 7734

by ヨメレバ

 来年1月からアニメ化という、ガヴリールドロップアウトを読んでみました。
 koboのクーポンを使うため、1,2巻を同時購入。しかし暇つぶし程度にこそなれど、個人的にはそこまで熱中して楽しめる作品ではありませんでした。

 まあ好みは人によりけりですが、私としては悪魔のヴィーネは可愛いという長所と、キャラクターの掘り下げの甘さなどの短所では、短所の方がもやもやーっと心に残ってしまいました。
  続きを読む “「ガヴリールドロップアウト」1,2巻の感想。個人的評価としてはキャラクター面が微妙かな……”

「ふらいんぐうぃっち」1~4巻までの感想。まあ、ほとんどアニメ通りかな

ふらいんぐうぃっち(1) (講談社コミックス)

石塚 千尋 講談社 2013-12-09
売り上げランキング : 4386

by ヨメレバ

 以前アニメも視聴していたのですが、11月に5巻も発売されたということで4巻までをいったん読んでみることにしました。

 ふらいんぐうぃっちは青森に魔女の修行に来た真琴と、その従兄弟である圭、圭の妹の千夏の3人を中心に、田舎の日常と魔女の魔法にまつわるゆるーいエピソードが描かれるお話です。
 真琴の天然さや、圭、千夏のマイペースさ(というかほとんどの登場人物がマイペースすぎる)など、読んでいて心が和み、そして時にはクスリと笑わされてしまいます。

 まあ、とりあえずの感想としてはだいたいアニメと一緒のないようかな、という感じ。4巻の前半辺りまでアニメ化されているエピソードなので、初めて見たネタに驚く……ということはなかったです。

 けど、その1~3巻も十分楽しんで読むことができました。
 アニメもそうでしたが、ふらいんぐうぃっちは1つ1つのネタを単体で取り上げて楽しむものではなく、全体としてのゆるーい雰囲気が面白い作品だと思います。原作マンガではアニメともまたひと味違った表現が見られましたし、読んで後悔は全くありませんでした。

 けどやっぱり4巻のアニメ未収録のエピソードは特に楽しめましたね。
 新しさ、大事。

 アニメを見てからという視点での感想ですが、ちょっと語っていきたいと思います。

続きを読む “「ふらいんぐうぃっち」1~4巻までの感想。まあ、ほとんどアニメ通りかな”