「謎好き乙女と明かされる真実」の感想。私は決して好きじゃない

 そろそろ発売されるということは作者の瀬川コウさんのトゥイッター情報からも知っていたのですが、新潮文庫nexの新刊情報が全然更新されなくて、9月30日に書店で見かけるまでこの本の情報を全く知りませんでした。
 だから思わず衝動買いしてしまったわけですが、最初から出たら買うつもりだったので衝動買いという訳でもないのか。
 まあ、買って、読んだわけです。

 まずはこのシリーズについてのお話を少し。
 このシリーズは高校二年生の主人公、矢戸春一が謎好きの少女、早伊原樹里と出会い、お互い騙し騙されながら日常に起こる謎に向き合っていく物語です。
 確か作者は昔、「日常の謎」というキーワードを使っていた気がします。最終的には日常の謎に収まりきらないミステリとなりましたが。

 一般的な評価は、高いです。
 例えば2015年の新潮文庫nexの人気投票では第10位に入りましたし(作品数が少なかったのはあるが)、ミステリ好きなら普通に楽しめる内容だと思っています。
 瀬川コウさんのトゥイッターではべた褒めのリツイートがたくさん見られますけど、まあトゥイッターまで探りに来るのはよっぽどのファンなのでそこまで気にしないことにします。でも、それだけ好きになる人もいる作品です。

 ……例えば私はムシウタって作品が好きです。
 でもそれに対して「あんな中二っぽい作品、どこがいいんだよ」なんて言われたらとても嫌です。いらつきます。
 もちろん個人のブログに書き込むだけですから、特定の誰かに対して、その誰かの意見を潰すように発言をするわけではありません。でも、ネット上に情報を晒すということは、それを読んだ誰かが嫌な思いをすることもあるわけです。
 だからこのシリーズが好きな人がたまたま読んだら嫌な思いをするかもしれません。
 しかし言います。

 私はこのシリーズが好きではありません。
 合わない、ではなく、むしろ嫌いに近いのです。
続きを読む “「謎好き乙女と明かされる真実」の感想。私は決して好きじゃない”

RAD、悠木碧、シャフト、盛りだくさんの「君の名は」


新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

 注目の映画「君の名は」を観てきました。
 個人的には新海誠監督の新作という感覚ではありますが、世間的に観るとまさに「今流行りの映画」というのが正しい感覚なんでしょうね。
 このまま行けば興行収入100億を超えるという見込みもありますし、なかなかにすごいことになっているようです。(君の名はの興業収入 現在の推移は?最終的には100億は行くか! 最高の情報blog より)
 胸もみもみするアニメが日本ではこんなにヒットするのか……。

続きを読む “RAD、悠木碧、シャフト、盛りだくさんの「君の名は」”

サクラダリセットのアニメ化、実写映画化が決定

 なんとこの簡潔から何年か越しのアニメ化、映画化です。
 ちなみにこのサクラダリセットという作品は、現在多くのランキングで高い評価を得ているいなくなれ、群青 (新潮文庫nex)の作者である河野裕さんのデビュー作です。
 サクラダという能力が普遍的に存在する街における、少年と少女の物語。でも私にとってはそんな説明以上に、私の人生で三本の指に入る傑作という言葉ですべてを表すことができる気がします。
 
 なお、現在その第一巻が改稿され、角川文庫より発売されています。

続きを読む “サクラダリセットのアニメ化、実写映画化が決定”

アニメ天鏡のアルデラミンについて思うこと

 天鏡のアルデラミンはライトノベル原作のアニメ作品です。
 アニメの勢いを見る指標の一つにニコニコ動画での再生回数というものがありますが、こちらでは今季ではかなり人気のない方に入っています。まあ、ニコニコ動画の再生回数がそのままアニメの人気になるかと言えばまるでそうでもないのですが……。
 他に人気を推し量る方法を探したかったのですが、Amazonのアニメランキングなんかを見るとNEW GAME以外は過去の作品に埋もれてたので探すの面倒くさそうだなーと。
 まあ、要するにそこまで人気のないアニメだということです。
続きを読む “アニメ天鏡のアルデラミンについて思うこと”

「だからお兄ちゃんと呼ぶなって! 桐山なると」の感想

 最近流行り(?)の妹をテーマにした作品ですが、主人公がいきなり記憶喪失という設定に引かれて購入を決めました。
 妹は重度のブラコンで、記憶を失った主人公は一般常識しか持ち合わせていないためそれにかなりの抵抗感を持ちます。しかしどうやら記憶を失う前の自分は、妹以上のシスコンだったようで……? というあらすじです。

 では実際に読んでみようとすると、あらすじからは伝わってこない、どこかしら不気味な雰囲気が感じられるのが本作の魅力でした。

  続きを読む “「だからお兄ちゃんと呼ぶなって! 桐山なると」の感想”