「リンドウにさよならを」の感想

「リンドウにさよならを」はえんため大賞にて優秀賞を取った作品です。
 内容は語り部の幽霊と、いじめの対象となっていた少女とが出会い、影響を及ぼし合っていくというもの。作品内に組み込まれたギミックが1巻で見事にまとめられていて、まさに優秀な作品でした。

  続きを読む “「リンドウにさよならを」の感想”

「悲衛伝」の感想

 西尾維新さんの<伝説>シリーズ第八巻となる悲衛伝を読みました。
 相変わらずページ数が多いですが、語りが軽妙なのもあって結構すんなり読み終えてしまいました。

 前作までの感想は書いていなかったので、最初にちょっとだけ触れてから今作の内容に入っていきたいと思います。
続きを読む “「悲衛伝」の感想”

「おにぎりスタッバー」の感想。個人的評価は☆2

おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)

大澤 めぐみ KADOKAWA 2016-12-28
売り上げランキング : 1287

by ヨメレバ

 今回は角川スニーカー文庫より発売のおにぎりスタッバーを読んでみました。
 どうやら、カクヨム(今年オープンの小説投稿サイト)ウェブ小説コンテストの拾い上げみたいなものらしいですね。〇〇賞を受賞した……とかは書いてないですし。

 購入理由は表紙とタイトルに釣られたから、でしょうか。久々にシリーズ続編でも、作者買いでもなく、発売日初日から買ってみました。

 なんかこの表紙の感じ、ガーリッシュナンバーっぽくないですかね。まあ、あんまり関係ないことですけど。

 
 読んで一発目の印象としては、全体的にふわふわしてるな……って感じでした。
続きを読む “「おにぎりスタッバー」の感想。個人的評価は☆2”

マンガ・ラノベ好きによる電子書籍ストア比較

追記

 楽天koboのポイント20%還元が終了しました。
 そのため下に挙げている3つの中で、koboの1番の利点であった常時お得に買えるという要素はなくなってしまいました。

 現在私は主にbookwalkerを利用しています。
 bookwalkerにはランク制度というものがあり、毎月1万円以上の購入でジャックランクになることができます。ジャックランクより上のランクでは1ヶ月前までの作品に対するコイン還元セールでの還元率が大きく上がることが多いですし、コインに還元された分も購入金額に加算されるシステムなので実際には1万円以下の購入でジャックランクになることができます。
 マンガやライトノベルを多く購入する方はbookwalkerが一つの大きな選択肢となるのではないでしょうか。
 実際、いろんな電子書籍ストアを利用するよりも一つに絞った方が管理が楽ですからね。最近はもっぱらbookwalkerばかりです。

以上、追記終わり。

 電子書籍。
 それは本を紙ではなく手持ちの電子機器で読むサービスです。スマホやパソコンを持っていれば、アプリをダウンロードすることでほとんどの機器で電子書籍を利用することができます

 また、Kindleや楽天koboでは上にある写真のような、専用の端末まで発売されています。
 価格はまあ、そこそこしますが、Kindleの場合はアマゾンのプライム会員になることで端末を安く手に入れることができたりもしますし、読みごこちを重要視する人には薦められる商品なんじゃないでしょうか。私はまだ試したことがないのでなんとも言えませんが。
 また、koboからは更にお高いですが上等な端末も発売されていて、なんだか防水だったりきれいな色合いだったり、まさに贅沢なお金の使い道と言った感じがします。

 私のようなコンテンツが読めればいい、ってタイプはスマホとパソコンで十分だと思いますけどね。
 あとは私は持ってないけど、タブレットとか読みやすそう。

 そんな電子書籍ですが、ひとまず紙の本との比較をした上で(読み飛ばしてもらっても可)、大手の中でオススメできるサイトとそれぞれの比較をしていきたいと思います。

  続きを読む “マンガ・ラノベ好きによる電子書籍ストア比較”

キノの旅20巻の感想

 ついに20巻の節目まで到着したキノの旅を読みました。
 17年かかって20巻ということですが、最近は1年に一度発売されているような気がします。
 私がこのシリーズを読み始めたのは4年前くらいだった気がしますが、たぶん、だいたい4冊くらいしか新刊は買ってないような気がしますし……。

  続きを読む “キノの旅20巻の感想”