引っ越し準備完了

タイトル通りです。

今日はまともな記事を公開しようかと思いましたが、どうもさぼりぐせがついてしまっていますね。
やる気がでない、これに尽きます。
ただそんな中でテンションの上がるニュースを発見しました。
ロックマンEXEのCDが発売されるみたいですね。15周年の記念として。
今の小さい子は知っているのかな、ロックマンEXEのこと。バーチャルコンソールで発売されてはいるけど話題になっているわけではないし、完結から十年だからよほどゲーム事情に首を突っ込んでない限り、知る機会もないでしょうか。
ロックマンEXEとは、電脳世界を舞台にした面白いアクションゲームです。説明はそれだけで十分でしょう。
今でも根強いファンがいるおかげで、今回のように15周年記念のグッズが発売されるという結果に至りました。
欲しいけど、高い。
あと個人的にはCDにそこまで興味はなく、やはり新作ゲームがやりたいです。

ポケモンの言語に中国語が追加

今日も片付けが忙しく、

豆知識の紹介みたいなことだけします。
ポケモンの最新作の制作、発売が
少し前に発表されました。
その名も
ポケモン サン・ムーン
最近発売されたポケモン赤緑青ピカチュウのバーチャルコンソールからもポケモンを連れて行けることがわかっています。
作品の内容自体も20周年にふさわしいものになると思いますが、
新たな特徴の1つとして中国語への対応も発表されています。
でもここで微妙に引っ掛かる人は引っ掛かると思いますが、
中国は今や良くも悪くも、世界が注目する国です。
その中国の言語にいままで対応していなかったというのは、やや不思議なことに思えます。アジア圏では日本語の他には韓国語のみ、対応されていました。
しかしそれも当然。中国には数年前まで家庭用ゲーム機の市場がなかったのですから。
中国では2000年から家庭用ゲーム機の製造、販売が禁止されていました。そのため中国では、ゲームというのはPCやスマートフォンで動くものが主流でした。
その法律が解禁されたのは2013年頃のことになります。
それが、やっと中国語に対応し始めた理由というわけですね。そもそもこれまでは中国で販売することを見越してポケモンは制作されていなかったのです。……たぶん。
というのも、片付けの最中2014年の新聞を目にしたところ、x boxが発売されるという内容だったわけですね。そこで中国のゲームに関する法律に軽く触れられていて、その時ピカンと閃いて、
ああ、ポケモンの中国語対応はこういう理由があったのだなと気がついた次第です。
実は私も最初は
へー、中国語に対応するんだー。へー。
程度に思っておりました。いや、日本人ですし、ゲーム内容のほうが気になるわけで……。
しかしこうやって市場の事情も踏まえると、このゲームがどうしてこういう展開をしていったのかが見えてくることもあるんだなと思った瞬間です。
……例えばゼノブレイドクロスの主人公がプレイヤーのアバターになったのは、ネット対応することが売れるゲームの鉄則だったから。とかね。

引っ越しという行事の過酷さ

危うく4日坊主くらいになるところでした。
と、いうのもタイトル通り、
荷物詰めに追われる日々です。
いるもの、いらないものの選別、
想いでのある品々とお別れをしなければいけない辛さ、
そもそも荷物の梱包という肉体労働、
だんだんと部屋を圧迫する段ボールの山、
中身が片付いた後の棚の処分。
不器用なのか飽きっぽいのか、
作業が長引いています。
その割にはブログ更新してる暇はあるんですけどね。
いや、本当は暇ではないんですけど。
ブログを始めるタイミングを間違えたかなと、多少。
しかし思い立ったが吉日とも言いますし、
ブログを書くことをきっかけに文章力を磨き、
長らくほったらかしにしていた趣味の小説も
再開したいというのが個人的な願望でございます。
時間が空いたら何かのレビューとかしてみたいです。
……何かの。