スプラトゥーンを遊んできて

Splatoon (スプラトゥーン)

Splatoon (スプラトゥーン)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game

 WiiUと言ったらこれ、とでも言うべきゲームタイトルの一つであるスプラトゥーン。実は私は発売日にダウンロード版を購入し、その日の深夜からプレイしていたりしました。もう11ヶ月も前なんですよね、なんだかその頃が懐かしくてたまりません。
 

続きを読む “スプラトゥーンを遊んできて”

うにうにうにうにを読みまして

うにうにうにうに 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

うにうにうにうに 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2014/07/26
  • メディア: Kindle版

 うにうにうにうに(青田めい)を読みました。読む前から予想していましたが、青田めいさんの作品だけあって面白かったです。
 青田めいさんはきららマギカの方でふわっとまどかという作品を描いている人です。ふわっとまどかの方は、名は体を表すといった感じで、だいぶふわっとした絵柄で描かれています。とはいえそんなふわふわした見た目に騙されていると、中身のふわっとピリッとした甘辛味に驚くことになるでしょう。ふわふわした雰囲気の中に時折刺激を差し込んでくる、そんなネタ作りが上手な漫画家さんです。ピリッとしたネタと言っても、下ネタやシュールすぎるネタはほとんどなく、あくまで常識的な範囲で攻めてきます。誰にでも読みやすい、言うならば笑点のような作品となっています。

続きを読む “うにうにうにうにを読みまして”

まんがタイムきらら5月号感想

まんがタイムきらら 2016年 05 月号 [雑誌]

まんがタイムきらら 2016年 05 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2016/04/09
  • メディア: 雑誌

引き続きまんがタイム系の感想を。
きららマギカと発売日が同じなんですよね。だから更新日もほとんど同じ感じになるという。
表紙は三者三葉で、付録にはその12巻の掛け替えカバーがついています。というわけで値段は少し高くなり410円です。
葉子様の描き方に微妙に違和感があるような……? 表紙の絵だけ見ると少しだけ幼げに見えてしまいます。本編自体に違和感はありませんけどね。
あと、今回から記事はネタバレを多少していきたいと思います。もちろん画像を載せることはないためこの記事を読んで漫画が面白くなくなることは少ないでしょうが、気をつけておいてください。ネタバレせずに書くとなると、書きたくもない文章を書く羽目になってしまうことが多いのです……。完全に自分の実力不足ですが、ご了承ください。

続きを読む “まんがタイムきらら5月号感想”

まどか☆マギカ魔獣編だよ、全員集合!

きらら☆マギカ(25) 2016年 05 月号 [雑誌]: まんがタイムきららキャラット 増刊

きらら☆マギカ(25) 2016年 05 月号 [雑誌]: まんがタイムきららキャラット 増刊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2016/04/09
  • メディア: 雑誌

きた、来ました。きららマギカの25号です。
蒼樹うめ先生の表紙が、新作映像を意識したものになっています。わくわくが止まりませんが、今月はそれだけではありません。
ハノカゲ先生のまどか☆マギカ魔獣編が約70ページにわたって掲載されています。最初にそれを確認したときの圧倒的ボリューム感には驚かされました。

続きを読む “まどか☆マギカ魔獣編だよ、全員集合!”

カルドセプトのざっくりとした感想

本当はもっとしっかり記事を作っていきたかったけれど、現在すでにカルドセプトをプレイしなくなっているためざっくりといきたいと思います。
プレイ時間がかかるのと、生来の飽き性のため、プレイ時間の長いカルドセプトは多少だれてしまう部分がありましたね。けれどお値段分はしっかり遊ばせていただきました。インターネットプレイも休日には人が集まるのですが、現在は皆さんプロ級の腕前を持った方々ばかりで、カードの選択等もとても速く、戦いながら学ぶこともままならない状態の模様。
一人プレイでカード集めをするのにだれてしまったというのが、飽きてしまった一番の理由な気がします。新作はプレイ時間の短縮と発売日からの波に乗ることで、ごりごりプレイしていきたいと思っています……が、生活の方が忙しくならなければいいのですけど。

続きを読む “カルドセプトのざっくりとした感想”