三者三葉、時の流れ

 三者三葉のアニメも後半にさしかかってきました。今回は辻兄妹の初登場ということで、双葉に焦点を合わせた一話でしたが、季節も双葉が一番活躍できそうな「食欲の秋」です。
 いつかアニメを見た感想で私はこんなことを言いました。

 三者三葉のアニメは原作より早めに登場人物が揃ってるし、ネタも当時のものから最新のものまで順番ばらばらに詰め込んでるなぁ。オリジナル展開かと思いきや途中から原作っぽくなったり、こういうのも面白いかも。

 とかなんとか。
 ただ実際のところ、アニメでは考えなしに原作ネタをばらばらに使っているわけじゃないんですよね。7話に来てようやく確信らしきものが持てました。
 問題だったのは、三者三葉の漫画がサザエさん方式であること、ですね。
続きを読む “三者三葉、時の流れ”

NEW GAME 一冊描き下ろしとかすごいですね

まんがタイムきらら新刊情報

 まんがタイムきらら系列の新刊情報を確認していて驚いたのですが、NEW GAMEの新刊である4巻とともに完全描き下ろしの「NEW GAME! -THE SPINOFF!- 第5巻」が発売されるようです。
 漫画を連載中に他の企画に関わったり、荒井チェリー先生のように2つの作品を動じ連載する人もいます。ですが今回はアニメ化に合わせた2巻同時発売でしょうし、現在絶賛準備中でしょう。

 前回のまんがタイムきららキャラットによると、作者の得能先生は「働かないと暇だから、働くしかない」ということだそうです。そういう人だから連載中に、もう一冊描き上げることもできたのでしょうね。しかも最近は雑誌一冊につき2話掲載していますし、常に漫画を描いているのだろうなぁと簡単に想像できてしまいます。
 だって通常は一年近くをかけて一冊の単行本を出版していますからね、他のきらら系列の漫画家は。こういうのは人気と、描く力の両方があってできることだと思います。そう考えると、wikiなどを見ればわかると思いますが荒井チェリー先生は恐ろしいほどの人ですけど。
 
 NEWGAMEは夏のアニメに向けた準備が着々と進んでいます。アニメ化の準備の様子がここまできちんと伝わってくる作品は珍しいですね。三者三葉はぱっと決まってちゃちゃっと放送開始という感じでしたし(まあ面白いんですけどね)、NEWGAMEのやり方も面白いなぁ、と。あとはアニメがうまくできていることを祈るだけでしょう。作者としてはきっとそこが一番楽しみで、かつ心配な部分なんだろうなぁと想像します。

カルドセプトリボルト、スタートダッシュ!


 なんとか本日(いや、昨日か)カルドセプトリボルトスタートダッシュverにてオンライン対戦を遊ぶことができました。15時から21時までと告知されていたのですが、ゲームを止めなければ21時を過ぎても遊べるという使用のおかげでなんとか1勝するまで粘ることができました。
 いやー、まだまだ弱いなぁ。
 デッキは固定なので皆同じ条件で戦っているのに、こうも差が出てしまうのはきっと運だけじゃないでしょう。戦いになれるまでは自分自身で戦い方の流れ、コツを読み取り、自分なりのセオリーを作り出していく必要がありそうです。
 始めてしばらくは風デッキを使っていたけれど、防御に適したカードを求めて火、木のデッキに手を出したら最後の一戦は勝つことができました。ナイトというカードが最高火力をたたき出せると思うのですが、ロマンばかり追っていてもそれを生かす実力が無いうちはだめですね。
 本番になったらデッキ編集でナイトを1,2枚火のデッキに差してみたいけれど、それは良いのか悪いのか。まあ、何事も試さなければわかりません。

  続きを読む “カルドセプトリボルト、スタートダッシュ!”

スタートダッシュ失敗!

 カルドセプトリボルトのスタートダッシュバージョンをオンライン開始30分前からダウンロード開始しました。忘れていたわけではないのですが、開始時間を見誤っていまして、もっと夕方からのスタートだと思っていたんですよね。今日は携帯が壊れてしまってドコモショップにもいかなければいけないけれど、そのためにカルドセプトを犠牲にするわけにはいかない! と、今からスタートダッシュのスタート位置に向けてダッシュしています。
 しかしオンライン対戦のためには物語を進める必要があるそうで、それはきっと30分じゃ終わらないだろうなぁ。
 
 21時までオンライン対戦は可能なので、皆さんもぜひ挑戦してみてください! 私は頃合いを見てドコモショップにも顔を出さなければ……。

青田めいさんの作品を集めました


 青田めいさんの作品はこれに加えてふわっとまどか2巻があるのですが、それについては雑誌の方で内容を確認させてもらっているのでコミックスを買うのは多少ためらう部分があります。けれど青田めいさんの作品は手元に置いておきたい気持ちがありますね。

続きを読む “青田めいさんの作品を集めました”