キルレ3を超えてBF1の強武器を5つ選考:第二弾DLC後


スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

 最近はキルレ3を越す日が増えてきました(日記参照)。
 主観的な評価ではありますが、これまで何度も助けられてきた武器について5つ紹介します。

 私は基本遠距離のエイムが良くないので、基本的に距離を詰める形のプレイング(立ち回り重視)に適した武器が多くなることを頭に置いておいてください。エイムの上手い人はまた違った武器を選ぶかもしれません。


スポンサードリンク

強武器ランキング

5位:ヘルリーゲル

長所 短所
弾数が多い
反動が突撃兵の中では小さい
レート第3位

 特に弱点らしい弱点はない、安定した性能を持つ武器です。
 60秒÷レート✕(確定数ー1発)で計算した結果はキルタイム0.36秒とでかなり速い部類に入り、レートの割には反動も小さく使いやすい。
 レートが高いのは弾を1発外した時のリスクが減るため、それだけで利点です。
 そして弾数も60発と多く、リロードを挟まずに連戦をこなせます。

 一番の強みは、その扱いの楽さにあると言えるでしょう。

 遠距離はそもそも突撃兵で戦おうというつもりはないので、遠距離性能がないのは弱点というほどでもないです。
 尖った魅力はないですが、その安定性には助けられます。

4位:オートローディング拡張

長所 短所
反動が小さい 1発の外しが大きい
看護兵武器 R2射撃は難しい

 看護兵の近距離安定武器。
 
 弾数は確定数の割には多めで、反動も小さいです。
 ヘルリーゲルと同じく、細かいことを気にせずに楽に戦える武器と言えるでしょう。
 キルタイムも全発当てた場合はパラベルムMG14よりも速いです。ただしレートが連射武器に比べて遅い以上、1発外すリスクは大きめ。

 そして一番の魅力は看護兵武器であること。
 看護兵は自己回復が可能なため、連戦が多くなりがちな近距離武器に回復能力があるのは嬉しいものです。遠距離の場合は物陰に隠れればある程度やり過ごせますが、近距離だと相手がすぐに迫ってきますから。

 
 あとは短所というのか何なのか、R2ボタンを射撃ボタンに設定している場合(PS4デフォルト)指がレートに付いていけないと思います。
 R1で射撃、L1でADSにした方が、CODなどのキーコンフィグできないFPSをやるときなどにも役立つかもしれません。
 1秒間に6発とか、R2ボタンだと絶対もたつきますもの。

3位:オートマチコ突撃歩兵

長所 短所
レート第1位 反動が大きい
  ADS時に画面が見にくい
  弾数が少ない

 
 レートお化け。
 ヘルリやオートロに比べると弱点も多いが、それを覆してあまりあるだけの長所を持つ武器。

 突撃歩兵モデルでは反動も他の種よりは押さえられ、たぶんレート700のパラベルムより扱いやすい気がする……ので、タップうち込みで少し離れた敵も対処しやすいです。
 近距離でのキルタイムが速いのは言わずもがな。他の武器に約0.1秒もの差を付けてダントツで速いです。
 弾を撃ちきるのは速いけれど、リロードも速め。

 遠距離対応能力とADS時に画面が見にくくなる欠点から第3位に落ち着きましたが、使う人が上手ければ上手い人ほど強さを発揮する武器だと思います。
 

2位:BAR突撃歩兵

長所 短所
反動が小さい キルタイムは上の下
精度が良い 弾数が少ない
対空サイト  

 文句なく強い武器。
 反動が小さめ精度も良い、全距離の敵に対応可能な恐ろしい子です。

 望遠モデルでパイポッドを立てる必要もなく、リココンができれば突撃歩兵モデルで十分に遠距離の偵察兵や看護兵も倒せます。
 さすがに10倍スコープを持った偵察兵(シナイの山にいるような)は倒せませんが、そこまで行くと向こうから倒されることもほとんどないので……。

 弱点と言えば弾数が少ないことと、近距離が強い武器の中ではキルタイムが遅めなこと。
 ですが20発あれば十分に1人倒すことができますし、キルタイムも全武器で考えれば十分に速い部類に入ります。
 看護兵の弾数が少なく高性能な武器のような立ち位置なのでしょうが、1人倒すのに十分な弾数を備えている以上、長所が目立ちやすくなっていて良い武器ですね。

 どんな状況からでも、どんな場所にいる敵でも倒せるのは本当に楽です。

1位:パラベルムMG14軽量

長所 短所
レート第2位 反動が大きい
パイポッド リロードが長い
弾数が多い  
精度は悪くない  
対空サイト  

 新武器です。

 正直この武器を1位に選ぶのは抵抗があったんですが、やはり強いには変わりないので第1位として今回は選びました。
 1~5位はどれも僅差+主観が入り込んでいるため、MG14以外も十分強いです。
 
 MG14の魅力は700という高いレートと、パイポッドです。
 最速キルタイム自体はオートローディング拡張以下なのですが、レートのおかげで1発の外しにリスクが小さく安定性があります。
 
 また、魅力的なのはパイポッド。
 パイポッド持ちの中で1番のレートを持ち、装弾数も100発と多い。
 そのため通路の閉鎖に向いていて、敵の出てくる方向が予想できれば無敵に近いポテンシャルを持ちます。
 このパイポッドがあるおかげで有利位置から遠距離の敵を倒すのも簡単ですし、MG14の魅力の半分近くを占めていると言っても過言ではないかもしれません。

 
 一方で弱点も多く、これがMG14を1位に選ぶのをためらう理由なのですが……まず反動が大きいです。
 これは本当に大きな問題で、オートマチコよりも大きくブレるため中距離以降の戦闘は撃ちっぱなしだと難しくなります。制圧効果を食らったは制御なんて絶対できないので、先撃ちが重要ですね。

 そのため中距離以降はタップ撃ちもしくはパイポッドの展開を余儀なくされます。ある程度まで距離が空いたらタップ撃ちじゃどうにもなりませんので、パイポッドが唯一の選択肢に。
 タップ撃ちにおいては軽量モデルの特性が生かされるのでグッド。精度も悪くないため、オートマチコでは対処できないくらいの距離でもタップ撃ちでどうにかなります。
 
 
 反動が大きいという短所こそ痛いですが、パイポッドを展開した時の制圧能力や近距離での戦いやすさから、立ち回りや読みがしっかりしていればキルを取りやすい武器になっています。
 オススメ。

 

おわりに

 
 さあ、皆もプレミアムパスを買おう!

 って、そういう感じの結果になっちゃいましたね。
 ま、別にMG14が1強というわけではなく「あれもこれも強い中で自分に合ってるのはMG14かなぁ」的なランキングなのでプレミアムパスがなくてもBF1は楽しい。

 それでは、また。


記事一覧へ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA